※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

突如、背後から口を押さえられた蒼星石。
蒼「うっ・・・ZZZzzz」
男1「へっ、ちょろいもんだぜ」
男2「へー、なかなか可愛いじゃん」
男3「さっさと、やちっまおうぜ」
男1「まぁまて叫んでも人が来ない場所に連れて行ってから」
男2「そりゃイイ!」
男1「お楽しみは目を覚ましてから ふっ」



蒼「・・・ぅっう~ん」
男1「よう、嬢ちゃん。お目覚めかい?」
男2「へへっー」
男3(にたー)



蒼「えっ。何、ここどこ?」
一瞬で蒼星石は自分の状況がどういう常態か把握できた。
男1「おーとっ、叫び声を上げても誰もこねーぜ!」
蒼「僕、を如何する気ですか?」
男1をキッと睨む。
男2「へー、睨んだ顔も可愛いじゃねぇー」
そう言って男2は蒼星石をまるで品定めのように見始める。
男3「どんなに、男っぽくても所詮は女。俺たちがそれをおしえてやるよ。へへっ」
睨んでいた蒼星石だが次第に恐怖と絶望の顔へと変わっていく。



男2「あひゃひゃひゃー」
蒼「いやっー、やめてっやめて」
必死に男2は蒼星石の服を脱がそうとする。それに抵抗する蒼星石。男2は脱がす事すらも楽しんでいる。
男2の手が蒼星石の胸元にいったとき。
男2「いてぇー」
蒼星石が男2の手を噛んだのだ。
男2「この、アマァ!」
バシッ
蒼「ぁあー」そのまま気を失う蒼星石。
男2「手間かけさせやがって」
男1「気を失わせたら意味ねぇじゃなかぁ」
男2「すまん。」
男3「まぁ、いいじゃん。大人しいのを抱くのもたまには」
男1「あぁ! そうだな!」



男2が蒼星石のYシャツをナイフで裂き始める。
男2「胸は小さ目か。かわいらしいブラしてんじゃねぇーの」
男3がスカートのジッパーに手を掛ける。
男1はこいつらのリーダー格であろうか、その光景をただ見ているだけだ、言い換えるならやらせているといった感じである。



蒼星石はブラとパンツだけの状態に。
両腕は縛られている。
まさに、野獣共に与えるための生贄の様な状態である。
男3「いい眺めだぜ」
男2「ひひっ、それではメインへと」




その時、近づく影が。。。



近づく影という表現は語弊があるようだ。
影というよりは「黒き者」の方が正しい。



何かを感じたのか。
男1「おい、(男2に)ちょっと表を見て来い」
男2「あ゛っ、なんで俺が」
男1「いいから早くしろ」
男3「何かあったのか?」



男2はブツクサいいつつも表を見に。
男2「けっ、せっかく良い所だったのによ・・・」
?「蒼星石にいたずらしようなんて、なんて おばかさぁん」



男2「何だー テメーは」
男2は声の聞こえた方を向き、その姿に驚愕した。



暗闇立つ華奢なシルエット、眼は紅く輝く。
バサッ。華奢シルエットとは違いその背後に大きな翼が広がる。
何処となく神秘にあふれている。



次の瞬間、男2の背後から
?「おいたが、過ぎたようねぇ。おやすみなさぁい。」
男2はこと切れた。



男3「あいつ(男2)遅くねーか」
男1「あぁ」
男1(なんだこの感覚は)



?「うふふっ。うふふっ」



男3「何だ、この笑い声」
男1「・・・」



?「彼なら、さっき寝ちゃったわよ」



男3「姿を現せ」



?「あたしぃの妹に手を出すなんてねぇ。余程、永遠の眠りがほしいようねぇ」
?「メイメイッ!!」
メイメイ「イェサァッ」
メイメイ「ハーケンフォーム」



男1、3はその姿を見、恐怖した。
その姿は夜天に舞う死神!!



ハーケンが男3の喉を瞬時に切り裂く。
男1「ふっ!」
?「何がおかしいのぉ。恐怖でおかしくなったぁのかしらぁ」
男1「俺はそう簡単にはいかないぜ」
?「それが最後の一言。ありきたりねぇ」
その声は男1の背後から。
男1が振り向いた...



 :



バサッバサッ
?「ここなら」
蒼星石を現場から離れた場所へ運んだのだ。
もう一つ違う事もあるが。
蒼「うぅーん・・・」
?「・・・」
遠くから、
J「おーい。蒼星石っ!」
?「来たわねぇ」バサッバサッ



J「蒼星石っ!蒼星石っ!おいっおいっ」
蒼「うぅーん・・・ジュ・ン・君」
J「大丈夫か」
蒼「JUM君が助けてくれたんだね。うっぅっ、うわーん」
J「もう、大丈夫だから 大丈夫だから(メールで呼び出されただけなんだけど)」
蒼「JUM君っ」
キュッと抱きしめる。



?「ふふっ、JUMの株、上げすぎたかなぁ」



『黒き天使』完