※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼「ねえ、ジュン君。」フッ
J「あーもう、だから学校でしちゃ駄目だって何度も言っただろ?」
蒼「遠慮しない遠慮しない」
?「・・・」 

?「だーれだ」フッ
J「(目隠ししても耳に息を吹きかけたら一発だよな。まあ、今回はアプローチを変えてみよう)」
?「誰か分からないのかな?」
J「蒼星石だろ、愛してるよ!!」ダキッ
翠「ちょ、ちょと。何しやがるですかー!」ボカッ!
J「い、いてぇ。あれ?何で翠星石が?」
翠「あんたら二人の様子が変だったから、確かめただけです。それにしても、こんな関係だったとは・・」
J「い、いや。それは・・その、、」
翠「あーもう、むかつくです!もう一発殴るです!」ボカッ!
J「えええ?なんか理不尽だよ?(こんなの蒼星石に見られてたら、ぞっとしない」




蒼「むっ、僕を残して何二人で楽しんでるかな・・」




水「そしてジョンは言ったのよぉ『そいつはエルビーじゃないか!』ってねぇ」
J「はは、そいつは傑作だな!ジョンも言うよなあ」
水「でしょぉ、その他にも『ヤクルト売りのおばさん』って言うのもあるのよぉ」
J「え、気になるな。教えてくれよw」
蒼「むぅ。今度は水銀燈と・・」

真「だから選挙事務所には果物を置かないのよ」
J「へーそうなのか、お茶も熱いのしか出さないのもそういう訳がなー」
真「どうしても水気が欲しい場合はミカンを重ねて出すの」
J「へー色々あるんだな」
蒼「あの八方美人馬鹿・・!」

ジュン部屋
ガチャ パタン
J「あーだりー、やっぱルービックキューブの偽物なんてもう売ってないわ・・・あ、」
蒼「やあ、お帰り。いろんな女の子と毎日遊んでたら、そりゃ疲れるよね」
J「久しぶりだな、蒼星石が家に来るの。2日ぶりぐらいか?」
蒼「・・・3日ぶりだよ。そんな事も忘れるぐらい、他の女の子と遊ぶのが楽しかった?」
J「何だよ、やけに突っかかるな。遊ぶって言っても、普通のクラスメイトとしてだぞ?」
蒼「僕の事3日もほっといた癖に・・どうせ、僕見たいな男女より、他の子の方が良いよね・・」
J「ちげーって、俺が一番好きなのは蒼星石って事は知ってるだろ?」
蒼「口ではそう言うけど、態度で示して欲しいよ・・」
J「よし、分かった。なら耳を1時間噛んでも良いし、明日昼休みにクラスで『蒼星石が大好きだ!』って叫んでも良いし、何でもしてやるよ」
蒼「・・・ほんと?'何でも'だね?」
J「あ、ああ。(あれ?僕又やられちゃいましたか?」



蒼「・・・なら、、」ドンッ! ドサッ
J「イテテ、何すんだよ。行き成り突き飛ばすなんて危ないd」
蒼「跪いて僕の足を舐めなよ。ほら、何でもするんでしょ?クスクス」
J「(うわー目が相当いってますよ、蒼星石さん)・・・わ、分かったよ」ペロ、ペロ、ペロ・・・
蒼「上手い上手い。ほらぁ、指の間も綺麗にしてよ」
J「あ、ああ。(何か興奮してきた・・」チュ、チュル、レロ、チュポン・・・
蒼「ふふ、そろそろ止めて良いよ。」
J「これで信じてくれたか?」
蒼「ううん、まだあるよ。痛いかもしれないけど、我慢してね・・・」ガリイッ!
J「痛っ。く、首筋に・・歯がっ・・(ど、如何したんだ?今日の蒼星石は?!)」ツーー
蒼「・・・ふぅ。この位で歯型がつけば、良いかな」
J「な、何するんだよ。この痕、相当残るぞ?」
蒼「だって、それはジュン君が'僕の'って言う印だもん。痕が残らないと意味がないよ」
J「え、あっ・・その・・(色っぽい・・凄く・・」
蒼「とりあえず、他にも痕つけとこうかな。えいっ♪」ガリイィッ!
J「イタタタタ!ギブギブ!!」
蒼「それと明日の昼休みの件もよろしくねw」

昼休み
翠「今日の蒼星石は何かツヤツヤしてるのです、どうしたですか?」
水「それに引き換え、ジュンはゲッソリしてるわねぇ・・」
蒼「何でだろう?僕はよく分からないかなー。ジュン君はどう思う?」(ニコッ
J「あ、うう。お、俺は、蒼星石が大好きだー!!!」
一同「!?」
「な、お前何言い出すだっ!?」
「このクラスは赤道なのかしらーっ?」



蒼「(ふふ、満足満足w)」



番外編~プール~
ベ「俺の肉体美を見よ、ふんっ!」
笹「って、貧弱じゃないか・・」
べ「くそー!ならジュンはどうだ?奴になら勝つ自信が・・うわ!?」
笹「ど、どうしたのその体?歯型がビッシリ・・」
べ「だ、大丈夫か?」
J「ああ、ちょと色々あってね・・。そろそろ行こうか、時間だし」
べ「あ、ああ・・(何があったんだ?)」
笹「う、うん。(深く聞いたら危険だ・・)」



番外編~昼休み~
蒼「あーなんか喉が渇いたなー」
J「あ、はい。お茶どうぞ」
蒼「今の僕は食堂にある'夏みかんゼリー'の気分なんだよなー」ニヤニヤ
蒼「皆もジュン君に頼んでたらどうかな?」
水「ヤクルトもよろしくぅ~」
雛「うにゅーも買ってくるのー!」
真「なら、私の茶菓子もお願いするわ」
J「ち、ちくしょーーー!直行って来る!」ダッシュ