※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


薔薇っちとげんしけんの仲間達『真紅と一緒の文化祭の巻』


薔薇「・・・・真紅・・。」
紅「何かしら、薔薇水晶?明日の授業の時間割りを知りたいの?」
薔薇「・・・・違うよ。」
紅「じゃあ何かしら?用件は手短にね。」
薔薇「・・・・・コスプレしよ♪」
紅「!!??」

紅「嫌よ。」
薔薇「・・・・・やろやろ?」
紅「いやいや。」
薔薇「・・・・何で?やったら楽しいよ?」
紅「無理矢理にすすめるのはどうかしらと思うわ薔薇水晶やりたい人をさそu・・・」
薔薇「・・・・・・豊胸パット。」
紅「なっ・・・・!!!!何でそれを!!?わ、私を脅す気薔薇水晶!?」
薔薇「・・・??脅しじゃないよ??・・・こーいうのはきっかけが
  必要だって大野さん、言ってた♪」
紅「(この子・・・・悪意がない分タチが悪いのだわ・・!)や・・・やらないと駄目なの?」
薔薇「・・・・ジュン」
紅「~!!!!(ジュンに私の事を話す気ね!?)分かったわ!!!やるわ!!やるから!!」
薔薇「・・・・ほんとっ?う・・・れしいな♪(ジュンが見にくるから真紅も誘って良かった♪)」

「だから薔薇水晶・・・ジュンには豊胸パットの事は・・」
薔薇「????ジュンは・・・・今度するコスプレ大会で私の衣装作ってくれるから
  会場に一緒に来てくれるだけだよ??」
紅「!!!!!・・・・やってしまったのだわ・・・。私の・・・・勘違い・・・(ガクリ)」


現視研

紅「ちょっと待ちなさい薔薇水晶。ここは現代視覚文化研究会の部室だけど・・・
  これは一体どういう事なの?何で私がこんな所にいるの!?」
薔薇「あれ・・・・言ったよ?私、今・・・・げんしけんの所でお世話になってる♪」
紅「なっっっっ!!!!!!・・・・ああ、そんな・・・私が・・・
  オタクの巣窟に入るなんてぇっ!!(シクシク)」
薔薇「???何で・・・・泣くの?皆優しい・・・から真紅も・・だいじょぶ♪」
紅「・・・・・そういう問題じゃないのだわ・・。」
薔薇「今度の文化祭で・・・やるんだ、コスプレ大会♪楽しみ・・・真紅と一緒・・・楽しみ♪」
紅「嘘・・・・。まさか文化祭でやるのっっ!!???」
薔薇「うん!!!♪♪♪♪」




紅「いっ・・・いやぁ~~~~~~~!!!!!!!!」

げんしけん部室

斑目「え~、今度の文化祭ですが~うちは例年のごとく昔の展示の使い回しをする訳ですが・・・。」
田中「今年は誰のお陰か分からんが校内、校外問わずのコスプレ大会が開かれるんだ♪」大野「やった~うれしいですね、咲さん♪」
春日部「やらんぞ?私は絶っっ対やらんぞ?!」
高坂「あはは(ニッコリ)」
笹原「それに薔薇水晶さんも出るみたいだけど、隣の人は・・・・」
薔薇「・・・・友達♪コスプレ大会に・・・一緒に出るの♪」
紅「・・・・・・」
斑目「ほぉ~、んじゃペア物でもやるのか?」
薔薇「それは・・・・秘密(/////)」
久我山「あ、開けてびっくり玉手箱か。」
田中「でも本当に良かったの?俺、薔薇水晶さん達の衣装作るよ?」薔薇「ふるふる・・。田中さん・・・自分のだけじゃない。大野さんのも作る・・から
・・・・だから友達に頼んだ。・・・・バッチコーイ♪」
笹原「確か・・・・桜田くんだよね?」
薔薇「・・・うん♪楽しみ・・・だなぁ、文化祭!」
紅「(どうしよう・・・・知られてしまうわ・・・ジュンに・・・私のスリーサイズ!!)」




桜田家

のり「は~い薔薇水晶ちゃん、ケーキとお茶♪」
薔薇「・・・・・でっ・・ディモールトグラッツェ(とってもありがとっ)♪」
のり「や~~~~ん♪偉いのねぇ薔薇水晶ちゃん、イタリア語ができるんだぁ♪
私もすこs・・・」
ジ「早く出てけっ!」
のり「や~~ん!」

バタン

ジ「・・・で?僕にコスプレの衣装作って欲しいんだったよな。ま、暇だから良いんだけど。」
薔薇「・・・・イグザクトリィ(うん)♪」
ジ「JOJOは良いって・・・・ってアレ?お前もう一人いるって言ってなかったか?」
薔薇「もうすぐしたら・・・・来るよ。」

ぴんぽーん

のり「ジュン君~、お友達よ~。」
ジ「上げてくれ~。・・・って誰だ?ベジータ・・・って事はないか。」
薔薇「見たら・・・・きっと驚き♪♪」
ジ「????」


タッタッタッ・・・・ガチャリ

ジ「へ・・?し・・・し、し、し、真紅ぅ~~~~??!!!」


桜田家

紅「・・・・こ、こんにちわジュン。」
ジ「じ、じゃあ薔薇水晶と一緒にコスプレをするのって・・・。」
薔薇「・・・うん、真紅と♪♪」
ジ「ほ、本当なのか、真紅!?」
紅「え・・・ええ。」
ジ「・・・本当に驚いた。」
薔薇「・・・・でしょ♪」
紅「わ・・・私はっ!・・その・・興味がある訳じゃなく・・あのっ!」
ジ「何だ??」
紅「しっ・・・知らないのだわ!」
ジ「・・・ま、良いけど。んで薔薇水晶、僕は何を作れば良いんだ?」
薔薇「・・・・これ、だよジュン。(カバンに入れていた雑誌の切り抜きを渡す薔薇水晶)」
ジ「・・・・・・・材料があれば、作れるな。」
薔薇「ほんとっ!?・・・・感謝感激♪」

ギュ(ジュンに抱き着く薔薇水晶)

ジ「わぁっ!!何するんだ薔薇水晶!」
紅「~~~っ!!薔薇水晶ジュンから離れなさい!」
薔薇「???・・・!そか♪真紅も・・・・ジュンとギュッ♪」
紅「きゃっ!離しなさい薔薇水晶!」
ジ「おい・・・・採寸はどうすんだよ・・?」


桜田家

ジ「これで・・・・良し。採寸終わったぞ薔薇水晶。」
薔薇「・・・・ありがとジュン!」
ジ「良いって別に。胸周りとかは真紅がやってる訳だし。」
薔薇「・・・・・それでも♪」
ジ「あ・・・っそ。おい真紅、次はお前・・・」
紅「いや。」
ジ「はあぁっ!?」
紅「嫌よ、私・・・ジュンに測ってもらいたくないのだわ。」
薔薇「真紅・・・?」ジ「おい・・・やるんだったら測らないと始まらないだろ。我がまま言うなよ。」
紅「いやっ!!」

バタンッ

ジ「あっ・・・・おい!・・・何なんだアイツ・・。」
薔薇「・・ぁ!!!・・・ジュンGO!今すぐ!」
ジ「はあっ!?何で僕が・・」
薔薇「・・・ジュンじゃないとだめ!」
ジ「あ・・・ったく!分かったよ、僕が行くよ!お前はここで待ってろよな!」
薔薇「・・・がってんしょうちのすけっ!」  


桜田家の外

ジ「・・・・ったく何やってんだよ真紅。」
紅「・・うるさいのだわジュン。」
ジ「一体なんなんだ?いきなり飛び出して姉ちゃん心配してたぞ。」
紅「・・・・・・」
ジ「あのなぁ、何で採寸したくないんだ?訳ぐらい聞かせろよ。」
紅「・・・・・・」
ジ「真紅!」
紅「・・・・から・・。」
ジ「え?」
紅「私・・その・・・・胸が・・・」
ジ「????」
紅「小さいの・・・ジュンに知られたく・・・なかった・・から。」
ジ「そんな事でか?」
紅「っ!!!そんな事!?そうね!!ジュンにはそうかもしれないわっ!!
  だ・・だけど・・・ヒグッ・・私には・・深刻な・・・ヒッグ・・問題で・・!
  ジュンが・・・すっ・・・好きだからっ!」
ポフッ(真紅の頭に乗せられるジュンの手)

紅「ジュン・・・?」
ジ「あ・・あのな真紅、僕がそんな事気にすると思ってるのか?確かにわがままだし
  僕を家来扱いするしすっごい生意気だけどさ・・・・・僕はそういう所全部まとめて
  しっ・・真紅が好きなんだぞ?」
紅「え・ジュン・・・あ・・それって・・」
ジ「・・・こっ・・・これ以上言わせんなよ!」
紅「あ・・・・ありがとう。わ・・・たしもだわ。」



薔薇「・・・・よ、良かったな嬉しいな♪・・・し、真紅とジュンが仲良しだぁ~♪」

桜田家

のり「ジュ、ジュン君~、真紅ちゃん大丈夫?」
ジ「ああ。」
紅「・・・グスッ・・大丈夫よ・・のり。」
のり「なら良いんだけど~・・。」

ガチャ

薔薇「・・・・おかえり、真紅とっジュン!」
ジ「おう。・・・それじゃ真紅、採寸するぞ?」
紅「え・・・・ええお願いするわ・・(////)」
薔薇「・・・・真紅とジュン・・・二人は良い感じ、良いセンスだ♪」
ジ「はは・・・オセロットか?どうも。」
紅「・・・・・(///)」




ジ「良し、それじゃちゃんと衣装は作っておくから。」
薔薇「・・・・ま、任せた、相棒っ♪」
紅「それじゃ・・・・ね。」
ジ「ああ・・・。」


文化祭当日

蒼「うわ~凄い人だなぁ。」
翠「今年は何好き好んだのか校長が外部開放なんてしやがったです。
  お陰で私達美化委員はてんやわんやですぅ・・!」
蒼「まあまあ、そう怒らないで翠星石。賑やかになったって思おうよ、ね?」
翠「ぶう~~~・・。」
金「あらあらあら~、真紅がいないなのかしら~どこなのかしら~?」
雛「真紅ならさっき薔薇水晶と一緒に何処かに行ったなの~。」
銀「へぇ~あの娘とぉ?あの娘確かげんしけんに出入りしてたわよねえ?」
蒼「うん。・・・・あ!もしかするとあそこかもしれないな。」
雛「何処なの蒼星石~~?」
蒼「コスプレ大会だよ雛苺。」
翠「あ~『アレ』ですか~。」
金「外部の人も一緒にやると言ってたかしら~。」
銀「ふぅん、真紅がいるかは分からないけどおもしろそうじゃなぁい♪行きましょぉ♪」
翠「う~、何か水銀燈の提案なのは気に食わんですけど行くです蒼星石!」
蒼「あっ・・待って!」
雛「待ってなの~!」
金「あ~んカナを置いて行かないでなのかしら~!」


コスプレ大会会場

ジ「あいつらの出番もうすぐだって言ってたけど・・凄ぇ人だな。」
高坂「あ、桜田くん♪」
ジ「え・・・あの・・。」
笹原「笹原と高坂だよ、同じクラスの。」
ジ「あ・・・ごめん。」
笹原「良いよ、気にしてないから。」
高坂「薔薇水晶さん達の衣装、君が作ったんだってね、凄い♪」
ジ「言う程自慢できる物じゃ・・。」
田中「いや、良くできていたよ。」
笹原「あ、梟(ふくろう/田中のコスプレHN)さん。今日はドラクエ3の武闘家っすか。」
田中「ま、な。」
斑目「いよぉ。模擬店抜け出して来てやったぞぉ。」
久我山「や、やあ。」
高坂「皆さん来たんですね。」
斑目「気になってな♪・・・・お、そいつが薔薇水晶さんの衣装を作った猛者か!」
ジ「こんちわ・・・。」
斑目「あ~挨拶は良いよ、別に。」
久我山「け、けど凄いな。き、君。」
ジ「ども・・。」
高坂「あ、もうすぐ薔薇水晶さん達と大野さんの出番ですよ。」

雛「ふあ~~~漫画の中の人がいっぱいいるなの~~。」
蒼「前の方にカメラを持ってる人達がいるけどあれって・・・。」
翠「カメラ小僧ですぅ。朝からきっとこれの為に集まったに違いないです。」
雛「良く知ってるなの翠星石~~。」
翠「どきっ!!!!」
蒼「・・・?どうかした、翠星石?」
翠「な、なんでもねぇです・・・あはは・・はは。」
蒼「??」
金「あららら~、そこにいるのはジュンかしら~。」
雛「ジュン~~~♪」
銀「何をしてるのぉジュン?」
ジ「ん、ちょっとな。」
蒼「後ろにいるのは・・・げんしけんの人?」
笹原「や、やあ。」
他三人「ども~・・。」
高坂「こんにちわぁ♪」
雛「こんにちわなの~~~♪」
笹原「皆薔薇水晶さん達を見に来たの?」
蒼「え?ジュン君、薔薇水晶が出てるの?」
ジ「うん、まあな。」
高坂「あ、薔薇水晶さんだけじゃないよ♪」
金「それは一体どういう事かしら~?」
高坂「それは・・・」

司会『それでは、次も現代視覚文化研究会、ペアでの出場です、どうぞ!』

高坂「こういう事♪」


水銀燈達が来るちょっと前

紅「き、着てみるとやっぱり恥ずかしいのだわ、これ・・・(////)」
薔薇「・・・・だ、大丈夫、似合ってる&可愛い♪♪」
大野「そうです、すっごい可愛いです♪♪衣装も凄く良くできてるしバッチリです!」
薔薇「・・・・うん♪・・・ジュンが作ってくれた♪真紅の為に・・・だからバッチリィ♪♪」
紅「そ、それは・・・・・そうだけど(/////)」
AD「次の方、準備してくださ~い。」
大野「あ、はい!・・・・それじゃお互い頑張りましょうね♪」
薔薇「・・・うぃ、バッチコーイ♪♪」
紅「ええ・・・。」

トットットッ

真紅「・・・ふぅ・・。」
薔薇「不安・・?でも大丈夫♪・・真紅にはジュンと私・・・ついてる♪」
紅「薔薇水晶・・・そうね!」
AD「次の方も準備してくださ~い。」
薔薇「行く~♪♪」
紅「分かったわ。」

薔薇っちとげんしけんの仲間達『真紅と一緒の文化祭の巻』

司会『ペアで出てきてくれたのはDグレイマンからリナリーさん!
  お二方の衣装は片方はスカートもう片方はスパッツでの登場です!!』

銀「し、真紅じゃない!」
蒼「お、驚いた・・・。」
雛「ふわ~真紅も薔薇水晶もどっちも可愛いなの~~♪」
翠「すごいです・・・原作そのまんまって感じですぅ・・・。」
高坂「あれ、桜田君が作ったんだよ~。」
金「本当かしら~ジュン?!」
ジ「う・・うん。」
田中「いやあ本当に良く出来てるよ、げんしけんに来てもらいたい位だ♪」
ジ「あ・・・いや、その、。」
銀「やっぱり・・・・『真紅だから』かしらぁ?♪」
ジ「!!!!な、それは・・・!」
笹原「はは・・・・図星、みたいだね。」
司会『いやあ~良く出来てますねぇ、手づくりですか、スパッツリナリーさん?』
薔薇「・・・・・です♪」
司会『一体誰に作って貰いましたかスカートリナリーさん?』


紅「私の・・・・・大切な人です。」
観衆「 お お お お ぉ ぉ ~~~~~!!!!」
高坂「大胆だね~♪」
笹原「だね・・。」
斑目「・・・・・・(呆然)」
田中「斑目、固まってるな。」
久我山「こ、こう言う事態には滅法弱いよな。」
銀「・・・・・・うそぉ。」
翠「・・・・・・し、真紅って・・・あんなキャラだったですか??」
蒼「・・・い、いや違ったと思う。」
金「きゃ~~~!!純愛ってやつかしら~~~!!!」
春日部「へぇ~~~、いつあんな可愛い娘食ったの田中?」
高坂「あ、咲ちゃん♪」
田中「なっ!いやいや違うよ、今のはこっちの彼!」
ジ「あ・・・。」
春日部「そうなの?コスプレの衣装の作者の事だから田中だと思ったけど違うの?」
高坂「そうだよ、真紅さんと薔薇水晶さんの衣装を作ったのは桜田くん♪」
春日部「ふぅ~~ん・・・。」
ジ「あの・・・ども。」
春日部「あ、ああこちらこそ。」
司会『ほお~~そうですか!!では今日の大会には自信ありですか??』
紅「は・・・はいなのだわ。」
春日部「・・・・・愛されてるね、君。」
ジ「・・・かな。」

薔薇っちとげんしけんの仲間達『真紅と一緒の文化祭の巻』

司会『それではまず第4位!第4位は・・・JOJOのナランチャのコスプレをしてくれた19番さん!!コメントをどうぞ!・・・』

斑目「ふぅ・・。いや~~気になるね~、もう心臓がバックバックよ!!」
笹原「で、ですね!俺も今興奮してるっす!」
銀「はぁ・・・この緊張、お肌に悪いわぁ。」
金「けど手に汗握るってやつかしら~!!!」

司会『第3位!・・・エウレカセブンからエウレカをしてくれた6番さん!!それではコメントを・・・』

蒼「すっごい胸がドキドキするね翠星石。」
翠「もちろんですぅ!真紅と薔薇水晶には頑張って優勝してもらうですぅ!」
田中「う~ん、大野さんはまだ呼ばれないか・・。」
久我山「で、でもあの中ではかなり、め、目立つ部類。」
田中「うん・・・だな。」

司会『それでは第2位!!!!』

ゴクリ

司会『ブリーチで乱菊をしてくれた・・・21番さん!!』

高坂「やった♪大野さんだよ咲ちゃん!」
春日部「へぇ~~やるもんだねぇ。」
大野『あ、ありがとうございましたぁ!!♪』
ジ「真紅達は・・・まだか。」
笹原「とうとう一位だね。」
ジ「・・・・うん。」
翠「まったく!元気を出すですチビ人間!!きっと真紅達は一位に決まってるですぅ!!」
高坂「そうだね。どんな結果になるか分からないけど不安になったら駄目だよ桜田くん?」
春日部「それにあの娘あんたの事好きなんでしょ?あんたが信じてあげなかったら駄目だろ。」
ジ「・・・そうだな、そうだよな!僕が真紅達の事信じれなきゃ駄目だよな!」
田中「うんうん。自分が作った物に自信は持つべきだ。」

司会『さあ!!とうとうこの時が来ました!!いよいよ第一位の発表です!!
  コスプレ大会IN薔薇学園、栄えある第一位は・・・』

雛「真紅ぅ~~薔薇水晶~~!」



薔薇「・・・・ごくり・・。」
紅「大丈夫なのだわ薔薇水晶・・。・・・ジュンがこの衣装を作ってくれたんだから・・。」


司会『エヴァンゲリオンより綾波レイ!!11番さん!!』

蒼「そんな・・・・。」
翠「選ばれなかった・・・・です。」
雛「うにゅぅ・・・。」
ジュン「・・・・・くそっ・・」
春日部「・・・・残念、だったな。」
高坂「・・・・だね。」


紅「・・・・そんなっ・・!!せっかく・・・ジュンが・・!」
薔薇「・・・・残念・・無念・・・。」


斑目&田中「いや、まだだ。」
笹原「どういう事ですか?」
銀「どういう事かしらぁ?」
斑目「それは・・・。」
田中「・・・見てのお楽しみだ。」
金「それってまだチャンスがあるって事かしら~~!!??」
斑目「まあ見てなさい。」
司会『さて、第一位を発表し終わりましたが最後の最後に!!審査員特別賞を発表します!!
  今回来て頂いたアニメ監督、イラストレーターの皆さんが選んだ審査員特別賞は・・・
  非常に原作に忠実に、そして印象深いコメントをしてくれたWリナリーの22番さんっっ!!


雛「やった~~なの~~薔薇水晶ぉ~!!」
翠「よっしゃぁっですぅ!!」
ジュン「真紅っ!!」
春日部「うっそぉ・・・。あ!まさかあんた達こうなるって知ってたんじゃ・・・・。」
斑目「いやあ~、漫研の奴から情報があってさ~。」
田中「うんうん。」
春日部「やっぱそうなのか・・・。」
銀「そういう事は先に言って欲しいわぁ。」
笹原「でも、まあ終わり良ければ全て良しと言う事で・・・。」

文化祭終了後


田中「皆お疲れ様~。」
大野「お疲れ様でした~。」
薔薇「・・・おっ疲れさま♪」
ジュン「真紅・・・、お疲れ様。」
紅「ジュン・・・あの・・・。」
薔薇「・・二人とも・・今日はとってもハッピ~♪!(言いながら真紅の背中を押す薔薇水晶)」
真紅「きゃあっ!」
ジュン「わっ!!」

チュッ(軽く触れ合うジュンと真紅の唇)

一同「オオォーーーーーーー!!!!」

蒼「ふわぁ・・・!」
翠「み・・見ちゃったです・・真紅とジュンのキス・・見ちゃったです。」
金「・・・・(///////)」
笹原「・・・・・(放心)」
高坂「大胆だなあ二人とも♪」
ジュン「い、いや!これは・・・・あの!(////)」
紅「じ・・事故なのだわ!!あ、あ、今のは!!(//////)」
銀「おめでとぉ、お二人さぁん♪結婚する時はちゃんと呼んでねぇ~♪」
斑目「・・・・・(呆然)」
春日部「やるじゃん薔薇っち~♪あんたあの二人のキューピッドだよ♪」
薔薇「キューピッド・・・??私・・・?え・・へへ・・てれりてれりぃ(/////)」
大野「おめでとうございます~♪」

ジュン&真紅「~~~~~!!!(//////)」


文化祭から一週間後、げんしけん部室

薔薇「~~~♪~~~♪」
春日部「うい~~っす・・ってあれ?今日は薔薇っちだけ?」
薔薇「・・・・・こくりこ♪」
春日部「そっかぁ・・・。高坂来た?」
薔薇「・・・ん~ん。」
春日部「そっか・・・・あ!そういや薔薇っちぃ、あの二人どうなった~?」
薔薇「・・・真紅&ジュンの事??」
春日部「うんうん♪」
薔薇「・・・ん~・・良く喧嘩する・・けど帰りは仲良く手をにぎにぎ♪」
春日部「ほ~~~♪」
薔薇「・・・・それにたまにキスしてる・・ちゅっちゅっぅ~♪」
春日部「ほぉ~~~!!♪♪」
薔薇「・・・・とっても・・・とっても嬉しいな、真紅とジュンが幸せ、嬉しいなぁ~~♪♪」
春日部「そっか♪薔薇っち、やっぱあんたはキューピッドだわ。」

薔薇「・・・・うぃ♪私は・・キューピッド・・真紅とジュンのキューピッド~♪」


高坂「こんにちは~♪」
紅「あら、あなたたちは・・・・」
咲「薔薇っちの友達だよ。」
紅「という事は貴女もオタ・・・」
咲「いやいや違う違う、私は高坂の彼女だからあそこにいるだけ。私はただの一般人。
・・・・前、席空いてるからここ座るけど良いよね?」
紅「ええ、構わないわ・・。」
高坂「ごめんね~。」
そう言って真紅の前の席に座る二人。笑顔で丼を食べている高坂の横で、
咲は食事そっちのけで真紅の顔を見てにやついている。
紅「何かしら・・、私の顔に何か付いてる?」
咲「いや、別にぃ~?」
紅「なら何の用かしら?にやにやされて見られては食事に集中できないわ。」
その言葉を待ってましたとばかりに満面の笑みを浮かべる咲。
咲「いやぁ~、この前の彼、桜田くんだっけ?彼氏とどうなのかな~って♪」
彼氏というワードに身を震わす真紅。名の通りに顔が真っ赤になっていく。
紅「ジ・・ジュンとは・・・あの、その。」
さっきまでの落ち着いた様子が一転、もじもじと恥じらう年頃の少女の物に変わる。
それにとどめとばかりに咲は言葉を繋げる。

咲「・・・・・で、どこまでやったの?」
真紅「!!!!!(////////)」
ハンバーグにフォークをさしたまま固まる真紅、顔を真っ赤にして震えるその様子を
楽しみながら、咲はあえて視線を合わさず更に追い打ちをかける。
咲「いや~、この前『キス』はした訳じゃない?だからそれより先に進んでてもおかしくはないかな~って♪」
紅「そ・・それより先って・・そっ・・そっ・・それは・・つまり(//////////)」
咲「Aか~Bか~『C』かって事♪」
紅「なっ・・・・!!!ちっ・違うわ!ジュンは・・ジュンは私の下僕で・・・だから・・私の・・」
慌てふためく真紅、混乱しきったその様子はいつも澄ました少女も女の子だと言う事を示していた。

顔を真っ赤にして違う違うと繰り返す真紅。それを意地悪というよりは
寧ろ年下の行動を暖かく見守るように見つめる咲。それが憎らしく真紅は咲に反論する。
紅「な・・・・なら貴女達はどうなの!?そ・・そういう、は、破廉恥な事!貴女には言えるかしら!?」
しかし咲の方が一枚も二枚も上手だ、こと恋愛に関しては。
咲「もっちろん♪私と高坂はラブラブだもん、ね~高坂っ?」
高坂「そうだね咲ちゃん♪」
言いながら丼を食べている高坂に肩を擦り寄せるる咲、そしてそのまま軽くキス。
見せつけるようにしたその咲の行動に真紅はまた顔を赤らめる。
咲「ね?だからさ、言ってみなよ。大丈夫、私も高坂も絶対誰にも言わないからさ♪」
紅「・・・・・・(////////////)」

これ以上何を言っても無駄だ、真紅は観念した。
紅「わ・・私は・・!・私は・・ジュンと・・ジュンと・・!(/////)」
咲「うんうん!ジュン君とどうした?♪」
真紅の告げようとする言葉に眼を輝かせる咲
真「ジュ・・・ジュンとは・・・その・・(/////)」


ジュン「何やってんだ、真紅?」


紅「ひあんっ!!!!(/////)」
突然真紅の後ろから現れたジュン。言おうとした言葉は喉の奥に引っ込み、真紅は慌てふためく。
ジュン「どうしたんだ、真紅?」
紅「な・なんでもないわっなんでも・・なっ・・なっ・・!!(/////)」
ジュン「??あっ・・・そ」
高坂「やあ桜田くん♪」
声をかけられた方、ジュンはそっちを見る。いつも笑顔の高坂がいて、その恋人咲が
ニヤニヤとジュンを見ていた。
ジュン「や、やあ高坂くん。」
咲「どうも~。なんだから君も座ったら?」
現れた真紅の恋人、咲はこれ好都合とジュンも巻き込む事にした。

薔薇っちとげんしけんの仲間達『薔薇っちの優雅な休日』

薔薇「・・・・・荻上さんが・・・・メインだよ♪」
荻上「はあ・・・・。分かりました・・・・でも薔薇水晶さんも歌って下さいよ?」
そう言いながら荻上は本も見ずにリモコンで曲の番号を手早く入力する。
それを見て咲はニッコリと微笑む。
咲「やっぱり本当は歌いたかったんだね~オギッペ♪」
その言葉に荻上は頭のホウキをビクリと震わせ、硬直する。また、それを見て
大野がニヤリと笑う。その他大勢はその様子をほほえましく眺めるだけ。



ピピッ



荻上「・・・・いれました。それじゃ・・・・って何するんですか薔薇水晶さん!?」
その場で立って歌おうとした荻上を前まで引っ張る薔薇っち。

薔薇「歌は・・・・前で歌うものだよ♪」

荻上「~~~~~!!!!!」


薔薇っちとげんしけんの仲間達『薔薇っちの優雅な休日』


画面が切り替わりテレビに現れる歌の題名。
斑目「ん、『聖少女領域』?この歌なんだっけ?」
笹原「ローゼンメイデンですよ斑目さん。深夜にやってるアレです。」
斑目「あ~~アレな!」
高坂「おもしろいですよねローゼンメイデン♪」
大野「荻上さんが選んだのはOPですね、あのコスプレ私もしたいなあ~。」
そんなおしゃべりをする一同の前でカチコチになる荻上。しかし薔薇っちが彼女の手を握る。
薔薇「・・・・・・えへ♪・・・リラックス♪」
薔薇っちなりの荻上の緊張ほぐし、荻上は薔薇っちの手を握り返す。
荻上「それじゃ・・・薔薇水晶さんと交互ですからね?」
笑いはしないけど幾分いつもよりやわらかい表情になる荻上。

そして歌が始まる

荻上「まだ~云わないでっ、呪文めいたその言葉っ♪」
薔薇「『愛』なんて羽のようにかるいっ♪」
荻上「ささやいてパパより優しいテノールで♪」
荻上&薔薇「奪う覚悟が~あるのならば~っ♪」

薔薇っちとげんしけんの仲間達『薔薇っちの優雅な休日』

薔薇「この深い胸の奥底をっ♪」
荻上「射抜く勇気が~あるのならば~っ♪」

荻上&薔薇「貴方捕まえたら、けしてっ逃がさないようにして~♪」


パチパチパチ


薔薇っちと荻上のデュエットに拍手が送られる。
咲「へぇ、アニメの曲みたいだけど・・・・・上手かったよ荻上、薔薇っち♪」
咲のお褒めの言葉に荻上と薔薇っちは顔を赤らめる。
薔薇「・・・・・てへへぇ~~♪・・・・・照れるさぁ~♪」
荻上「あ・・・・ありがとうございます。」
咲の言葉をきっかけに各々の感想を言う。
笹原「とっても上手だったよ二人とも!」
斑目「いやあ・・・・びっくり。」
田中「うん・・・・上手かったよ♪」
大野「・・・・・悔しいけど・・・上手でした、荻上さん。」
荻上が苦手な大野も素直な感想を述べる。
荻上「・・・・どうも。」
照れ隠しか視線を合わさずに答える荻上。


咲「んじゃ、盛り上がったみたいだし、パーっとやるか!」


薔薇っちとげんしけんの仲間達『薔薇っちの優雅な休日』


高坂がハツラツ歌う、こてこての魔女っ娘ソングを。咲が倒れそうになる、それを聞いて。
斑目が歌う、ガンダムのテーマを。久我山が歌う、斑目に輪唱するみたいに。
笹原はお喋り、隣に座った荻上と。荻上も話す、今日した薔薇っちとの行動を。
田中と大野は話す、薔薇っちと、コスプレの話をわいわいと。
今日買ったキングゲイナーを皆に見せる薔薇っち、箱買いした中身を皆の前で開けていく。
見つけたシークレット、薔薇っちの目が宝物を見つけたようにキラキラ輝く。
よかったね、皆が薔薇っちに声かける。


楽しいカラオケは瞬く間に過ぎていった


薇っちとげんしけんの仲間達『薔薇っちの優雅な休日』


5、それではまた明日


人もまばらな最終電車、げんしけんの面々が座席に身を沈めていた。カラオケをしつつ
酒も飲んで騒いだメンバー達、ガタンガタンと揺れる電車が彼等を眠りに誘う。
荻上は笹原の肩に、大野は田中にもたれて静かに眠っている。
薔薇っちは咲に膝枕をしてもらってスースーと寝息を立てている。
その咲もうつらうつらとしながら高坂の肩に身を預けている。
しかし、まだ元気な高坂は久我山、斑目と来週発売のパソゲの話をしていた。


アナウンス「○○~~次は、○○駅に停車します。」


車内に流れるアナウンス、呼ばれたのは薔薇っちの家の駅。
斑目「お、薔薇水晶さん起こしてやらんと。・・・高坂頼むわ。」
高坂「はい♪」
高坂は咲を起こさないように薔薇っちの体を揺する。
が、薔薇っちが起きると一緒に咲も起きてしまった。
咲「・・・・・ん~?・・・・アレ、もう薔薇っちの家か・・・。」
薔薇「・・・・・・ぅぅん・・・・おはよ・・。」
高坂「おはよ、薔薇水晶さん。もう駅だよ、帰る準備をしてね。」
穏やかな声で薔薇っちに声をかける高坂。薔薇っちは促されるまま、金網の上の荷物を下ろした。

薔薇っちとげんしけんの仲間達『薔薇っちの優雅な休日』

電車が薔薇っちの家の駅に着く。寝ている大野と荻上以外の面々が二人を起こさないように
薔薇っちにさよならを言う。最後の見送りは咲と高坂。
高坂「お疲れ様、薔薇水晶さん♪お母さんが迎えに来るみたいだけど気をつけてね。」
咲「んじゃ、また明日学校でね薔薇っち。・・・・私が選んだ服、ちゃんと着てくれたね、おやすみ♪」
薔薇「・・・・・おやすみなさい、みんな♪」
挨拶が済み電車が発進する。薔薇っちは駅を出て、外で待ってたお母さんの車に乗って家に帰る。
お母さんにげんしけんの人達と過ごした今日一日の出来事を話す。とても楽しそうに話す薔薇っちに
お母さんの顔も自然とほころぶ。あんなに暗かった娘が
こんなに明るい姿になったのが嬉しいのだ。

家に着く。薔薇っちはトロンとした眼で、服もそのままベッドに倒れ込む。
薔薇っちは重たいまぶたを上げて最後にプラモに声をかける。

薔薇「・・・・・アッガイ・・・・おやすみ・・・。」



部屋の電気が落ち、薔薇っちの優雅な休日はこれで終わり


薔薇っちとげんしけんの仲間達 『銀ちゃんコーディネート大作戦』

薔薇っちと銀ちゃんは幼馴染み、家が隣の二人はいつも一緒。
薔薇っちがオタクになったのに最初は戸惑った銀ちゃんですが
今では薔薇っちの家でゲームをする仲です。
今日も薔薇っちと銀ちゃんは『ぷよぷよ』で対戦中。


銀「このぉ・・・・このっ、このっ!」
必死でぷよを連鎖させようと必死な銀ちゃん、しかし
げんしけんで高坂に鍛えられた薔薇っちである。
薔薇「・・なんの・・・・効かないなぁ♪・・・・・・そぉ~い!」
掛け声と共に五連鎖を完成させる薔薇っち。銀ちゃんの
ゲーム画面が『おじゃまぷよ』でいっぱいになります。
銀「あぁ~~~~!!五連鎖なんてひどいわぁ~!」
薔薇「・・・・・ふっふっふ~♪」
こうして薔薇っちの家でゲームをする銀ちゃんですが
今日だけは負けられません。

薔薇「・・・・銀ちゃん・・・・約束だよ・・・・コスプレ♪」
銀「ま・・・・負けられないわぁ~~~~!!!」


そして結果は・・・・・・銀ちゃんの負け。

薔薇っちとげんしけんの仲間達 『銀ちゃんコーディネート大作戦』

銀ちゃんと薔薇っちのゲーム勝負、軍配は薔薇ッちに上がった。
薔薇っちが満面の笑みで水銀燈に微笑みかける。
薔薇「・・・・・うおっしゃ♪・・・銀ちゃん、約束・・・コスプレだよ♪」
銀「ちょ・・・ちょっと待って!確かに負けた人が買った人の言う事を
  聞くって言ったけどやっぱりそれはないわぁ~!」
薔薇「・・・・・ダメ♪銀ちゃんが・・・言いだしたんだから・・・メ、だよ♪」
銀「・・・・ねぇ、ダメ?他の言う事なら聞いてあげるからぁ~?」
薔薇「・・・・め、だよ♪・・・・言う事は・・・守る♪」
そう言いながら薔薇っちは何処から取り出したのかメジャーを手に
銀ちゃんに近づいていく。銀ちゃんは後ろずさりしながら
間をあけようとするが膨大なオタグッズで構築された薔薇ッちルームに
ほとんど逃げ場はない。

薔薇「・・・・採寸しよ♪・・・・・ダイジョブ・・・女同士だから♪」
銀「怖いのよその顔!!・・・あ!・・・いやぁ脱がさないでぇ・・・
  ・・・・あ・・・・・ちょっとぉぉ・・・・・・・!」
薔薇「・・・・・・全部・・・脱いでね♪・・・・ちゃんと・・・採寸♪」


銀「いやぁ~~~~~~~~~ん!!!!!」




薔薇っちとげんしけんの仲間達 『銀ちゃんコーディネート大作戦』


銀「うぅぅ・・・・・・酷いわ、薔薇水晶・・・・・・。全部脱がせる事ないじゃない・・・。」
薔薇「・・・・・必要なの♪・・・・服の上からじゃ・・・・分からないもん♪」
銀「ちょっと!・・・きゃぁん・・・胸からはやめてぇ~・・・・。」
下着姿にされてしまった銀ちゃん、薔薇ッちはメジャーを顔を真っ赤にした
銀ちゃんに巻きつけて素早く計っていく。
銀「あん・・・ちょっとぉ・・・・恥ずかしいわぁ・・・・・・ひぁんっ!
  ・・・あぁん・・・・・・くすぐったいわぁ・・・ふぁぁ!」
薔薇「・・・・待ってね・・・・もうちょっと・・・・だから。ふむむ・・・・、
   ・・・ふ、ふええ~・・・・や、やっぱり・・・銀ちゃん、スタイル・・・良い♪」


薔薇っちはそれからじっくりと時間をかけて銀ちゃんのサイズを全部ノートに
メモした。計り終えた銀ちゃんは薔薇っちのこそばゆい指遣いに官能的な
刺激を当て続けられ、疲れきった顔をして下着姿のまま床にへばっている。
薔薇「・・・・やっぱり・・・セクシー系かな?・・・・でも最初だから・・・知らないのは駄目・・・。
   真紅にも・・・・マンガ読んでもらって・・・してもらったし・・・・。」
薔薇ッちは銀ちゃんに目もくれず、彼女に似合うコスプレを考える。
薔薇「・・・・・そだ♪」
薔薇ッちは床で惚けている銀ちゃんの横に寝そべって彼女の顔を覗き込む。


薔薇「・・・・ねえ銀ちゃん・・・・・・見てもらいたいアニメ・・・・あるんだ♪」


薔薇水晶転校初日

薔「…私の、眼帯…変じゃない?」

金「フック船長みたいでかっこいいかしら~。」
蒼「丹下左膳みたいでかっこいいよ。」
真「伊達政宗みたいでかっこいいわ。」
翠「赤カブトみたいでかっこいいですぅ~。」
水「ザビーネみたいでかっこいいわぁ。」
雛「隻眼獣ミツヨシみたいでかっこいいの~。」
ベ「綾波ktkr!テラモエス ハァハァ…」

兎「お嬢様、新しい学校はいかがです?」
薔「……上手くやっていけそう。」




薔薇っちとげんしけんの仲間達 『銀ちゃんコーディネート大作戦』

翌日、げんしけん部室


斑目「・・・・おりゃりゃりゃ~~!!!!!」
笹原「あ!!そんなトコでその技は卑怯っすよ!!」
斑目「え~~~い!!過程などどうでもよいのだぁ~!!!」
笹原「うっわヤバイヤバイ!!」
いつものように部室のゲームで対戦をしている笹原と斑目、その後ろで
久我山と荻上はお絵かき中、大野と田中はプラモを作っているという
いつもの光景、咲と高坂は服を買いに行ってるようで
今日はげんしけんにいないようだ。

ガチャリ

薔薇「・・・・・・こ、こんにちはぁ~。」
身体をモジモジとさせて、通学用の大きなデイバッグ(コミケにも使用)
を背負った薔薇っちが部室に入ってきた。
田中「やあ薔薇水晶さん、こんにちは。」
荻上「こんにちは、薔薇水晶さん。」
他の面々も薔薇っちに挨拶をする。
田中と大野の目の前に座った薔薇っちはプラモを作っている二人を
チラチラと見てはすぐ目をそらす動作を繰り返す。
大野「・・・・・?あれ、どうかしましたか、薔薇水晶さん?」
そんな薔薇っちの行動を見て大野がプラモの素組み作業を止めて
薔薇っちに声をかける。



薔薇っちとげんしけんの仲間達『銀ちゃんコーディネート大作戦』

薔薇「・・・・えと、コスプレの衣装を・・・・・作って・・・ほしい・・・です。」
田中「ん?ああ~、そういえば今度のコスプレの集まりに切るの決めてなかったね。
   いいよ♪薔薇水晶さん何をするか決めたかい?」
薔薇「・・・・うん♪・・・・・だけど・・・・今回は私だけ・・・・じゃない・・・んだ♪」
大野「あ、それじゃ真紅さんですか?この前のリナリー可愛かったですし今回もやるんですね♪」
薔薇「ううん・・・・・・違う。今度は・・・銀ちゃん♪」
田中「銀ちゃん?・・・ええっと・・・・ダレだっけ?」
荻上「水銀燈さんじゃないですか?」
マンガを描く手を止めて荻上が答える。
斑目「あ~、薔薇水晶さんと同じクラスのあの子ね。」
久我山「け、結構薔薇水晶さんといてるよな。」
笹原「幼馴染みって前、薔薇水晶さん言ってたっすよ。」
薔薇「・・・・うんっ・・・そう♪・・・銀ちゃんが・・・・一緒に来てくれる・・・の♪」
田中「んじゃ、その子の分も決めないと・・・」
薔薇「ダイジョブ・・・・もう・・・・採寸もして・・・・コスプレも・・・決めたよ♪」
そう行って一冊のノートを取り出す薔薇っち。大野と田中が
それをみて喉を唸らせた。


薔薇っちの奇妙な日常(スーパーSS)


げんしけん部室
薔薇「・・・・・むぅ~~ん・・」
荻上「・・・・・何やってるんですか、薔薇水晶さん?」


薔薇「・・・JOJOの・・・・51巻のナランチャのポーズ・・。」


荻上「・・・しんどくないですか?」
薔薇「・・・・ちょっと」


げんしけん部室

斑目「この世は三次元だけじゃない!!二次元に恋するのもありなのだぁ~~!!」
笹原「言い切りますねぇ~・・・(苦笑)」
咲「なんか、マジで殴りてぇ・・・。」
薔薇「・・・・・そうなんだぁ・・。」



銀「はぁ・・・私も恋がしたいわぁ。」
薔薇「・・・・そうなの?」
銀「そうよぉ・・恋がしたいのぉ。」
薔薇「・・・・だったら二次元だよ♪」
銀「へっ?!」
薔薇「・・・・三次元が駄目・・・・なら二次元♪」
銀「・・・・そ、そぉなの・・」
薔薇「・・・・うん♪」


薔薇っちの奇妙な日常

げんしけん部室

薔薇「ズッタン!ズズッタン!」

笹原「・・・・・何してるの?」

薔薇「・・・JOJO五部でミスタ、ナランチャ・・・フーゴが船の上で踊ったダンス・・・」

笹原「そっか・・・」

薔薇「・・・・うん!」

高坂「けど振り付け、間違ってるよ♪」




薔薇「・・・・ショック!」

薔薇「・・・!お・・・教えて下さい・・ふ、振り付け♪」
高坂「良いよー♪」
薔薇「こ・・・・・・高坂真琴っ!・・・君の優しさに敬意を表する♪」
高坂「フーゴ、マンインザミラー戦の後のジョルノへの台詞だね♪」
薔薇「・・・・イグザクトリィ♪」
笹原「ダービー弟っすか(笑)」

・・・・20分後

薔薇「・・・・ズッタン・・・♪」
高坂「うん、それで良いよ♪」
笹原「うわ~~何だか恥じい~(笑)」

ガチャ

咲「ういーっす・・・・・・・・って何やってんのあんた達?」


高坂「ダンスだよ♪」
薔薇「・・・・ダンス♪」
笹原「ダンスっす・・。」


薔薇っちとげんしけんの仲間達『私は私だよ』

同人誌即売会前日

私、怖い夢を見た。怖すぎて目が覚めた。まるで私が私じゃない夢。

ううん、あんなの絶対私じゃない・・・・

時計を見たらまだ深夜、お空を見るとそこにはまぁるいお月様、だけど今の私には
その月の輝きは怖いくらい冷たい・・・・・。
明日は銀ちゃんと一緒にコスプレするのにどうしてあんな夢見ちゃったんだろ・・・。
とても怖いよ・・・・・・・

トゥルルル

ケータイが鳴った。見たらげんしけんの皆からのメール、銀ちゃんのもあった。
明日は早いから気をつけてねっていう笹原さんや高坂さん、荻上さんのメール、
時間には遅れるなよ~ってちょっと意地悪に言う斑目さん、明日も楽しもうって言う久我山さん、
コスプレ、早くしたいねって言う大野さん、良い写真を撮ってあげるって言ってくれる田中さん、
行かないけど楽しんで来なさいって言ってくれる咲さん、
そして今来た銀ちゃんの『コスプレする不安で眠れないよ(笑)』ってメール。
それを見て私、ホッとした。ああ、私にはいっぱい友達がいるんだって。
あんな夢なんて気にしちゃ駄目だよね、うん、駄目駄目だね♪

そう、私は薔薇水晶、コスプレとアニメ、プラモとかだぁ~~~い好きな女の子だぁ♪


薔薇っちとげんしけんの仲間達『私の幼なじみ』

薔薇水晶、あの娘はとっても変わった。悪い意味じゃなくて良い意味で。
昔は私の影に隠れてないと何もできず、いてもオドオドとしか動けなかったあの娘、
眼帯をしてるからって馬鹿なガキにいじめられて私の膝でわんわん泣いてたあの娘、
アニメやプラモ、ゲームが大好きなのに話せる相手が私しかいなかったあの娘。
ほんと、私がついてないと何もできない赤ちゃんみたいな娘だった・・・・・・

そんなあの娘が、薔薇学園に来て大きく変わったわ。

正しくは『現代視覚文化研究会』・・・・げんしけんに入ってからだけど

あの娘は今まで出来なかった事、自分の感情を私以外の人に出すという事ができるようになった。
自分から率先してコスプレをしたり、真紅をコスプレに誘ったりしたり、雛苺にくんくん人形を
取ってあげたりもした。
でも何より変わったのはげんしけんの人達と行動を共にし始めてから明るくなったって言う事かな。
眼帯をした、おずおずとしか喋れないあの娘を同じオタクとして受け入れてくれたあの人達の中で
あの娘は自分らしさを手に入れて見違えるように自信を持った元気な女の子になった。
今も『コスプレする不安で眠れないよ(笑)』ってメールを送ったら、あの娘こう返してきたわ。

薔薇『だいじょぶ♪あたしがいるから任してね♪』

・・・だって。何だか寂しい気もするけど私は嬉しいわ。
明日はあの娘が私にコスプレの楽しみを伝授してくれるそうだしもう寝るとしましょ。

おやすみ薔薇水晶、私の大切な幼なじみさん♪