※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファーストフード店にて



翠星「あー腹減ったですー」
真紅「何故私がこのような場所で食事をしなければならないの?」
蒼星「まあまあ。たまにはこういう所で食べるのも美味しいよ」
翠星「ちゃっかり付いて来たくせに、文句を言うのはおかしいです」
真紅「私は付き合わされただけなのだわ」
金糸「セットのオマケで付いて来る、くんくんストラップが目当てなのかしらー」
水銀「真紅もまだまだお子様ねぇ」
真紅「お黙りなさい!」
雛苺「ヒナもくんくん欲しいー!」
蒼星「皆もセットで良いかな? じゃあ雛苺、取りに行こうか」
雛苺「くんくんー」
金糸「あ、私も行くわ」
真紅「全く……こんな公共の場ではしたない」
水銀「それじゃ、落ち着いた大人を演じる真紅ちゃんに、いろいろ聞いてみようかしらぁ?」
真紅「……何かしら?」
水銀「決まってるじゃなぁい。あのJUMとはどこまで進んだのかしら?」
真紅「――っ! ごほっ! な……いきなりなんて、事を、言うの!?」
翠星「そ、そそそ、そうです! 何の脈絡も無い話をするんじゃないです!」
水銀「……真紅をからかうつもりが、面白いのまで釣れちゃったわね」
翠星「べっ、別に翠星石は、あんなチビの事なんて、好きでも何でも――!」
薔薇「……墓穴掘ってる……」
翠星「そんな事は全然無いですー!」



水銀「で、真紅の方はどうなの?」
真紅「私は……別に……」
水銀「じゃあ私が手を出しちゃってもいいのかしらぁ?」
真紅「なっ! そう言う事を軽はずみに言うものではないわ!」
蒼星「なんだか盛り上がってるね」
金糸「少し姦しいかしら?」
水銀「そうね、蒼星石に聞いてみるのも面白いかしら」
蒼星「いったい何の話?」
水銀「あなたは、JUMの事どう思う?」
蒼星「へ、JUM君……? そうだなぁ……優しい……人だと思うよ?」
水銀「あら、意外と落ち着いた解答」
翠星「あんな奴のどこが優しいですか」
蒼星「またそんな事言って……もう少し素直になった方がJUM君も喜ぶと思うよ?」
翠星「蒼星石!」
雛苺「ヒナもJUMの事大好きなのー!」
翠星「好きの意味も履き違えてるお子様は黙ってろです!」
水銀「そんな事で大声上げるあなたの方がよっぽどお子様よぉ。雛苺も食べながら話をしないの。ほら、口の周りにケチャップがついてる」
雛苺「~~ぷぁ。えへへ、ありがとぉ、水銀燈」
金糸「恋と言うのは複雑なのかしら~」



水銀「折角だから薔薇水晶にも聞いてみようかしら。あなたはどうなの? 誰か気になる人でも……」
薔薇「……ピクルス嫌い……」
水銀「……あなたの不思議回路に聞いた私が馬鹿だったわ」
蒼星「水銀燈は結構いろんな男子から告白されるよね。誰かと付き合ったりしないの?」
水銀「あら、私に釣り合う男があの学園に居ると思っているのかしら?」
蒼星「でもその割には、JUM君と居る事、多いよね」
水銀「ま、まあ、他の男よりは見込みがあるわね……。あくまでも他と比べればだけど」
薔薇「……JUMは……ぽかぽか……」
蒼星「そ、それは、薔薇水晶もJUM君の事を悪くないなって思ってるのかな……?」
金糸「ま、ここに居る全員、少なからずJUMの事を好ましく思ってるって事かしら~?」
一同『…………』
金糸「罪作りな男ねー。ねーくんくん?」





JUM「へっくしゅ!」
ベジータ「どうした、風邪か? ウチのメディカルマシーン使うか?」