※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~休日 午前~



ジ(……ったく。翠星石の奴、自分から約束押し付けておいて遅れるってのはどういう事だ……)
翠「―――― はぁ、はぁ……お、遅くなった……ですぅ……」
ジ「おまえなぁ! こんな寒い中に二時間も人を待たせるなよ!」
翠「ご、ごめんなさい……ですぅ」
ジ(本当に反省してるのかこいつは……って、なんか普段とは違う感じがするぞ。
 ……幾つか見ないアクセサリーつけてるな。他にもなんか……)
翠「……な、なにジロジロ見てる……ですか」
ジ「……お前、顔赤いな。もしかして風邪引いてるんじゃないか?」
翠「これは、ここまで走ってきたからですぅ!
 と、とにかく、これ以上時間を無駄にしたくないないから行くですよ!」
ジ「おい、遅れたのは僕のせいじゃな……聞いてないな、あいつ」



~休日 午後~



ジ「…………今日は買い物の荷物持ちじゃなかったのか?」
翠「良い物が無いのだから仕方ないですぅ」
ジ「だからって園芸展や喫茶店に行っても買い物にならないだろ」
翠「憂さ晴らしですぅ! そっちも楽しんでいたのに一々文句が多いですよ!」
ジ「別に文句を言いたい訳じゃ……ただ不思議に思ったから……」
ジ(普段ならもっとやかましいのに、何を気にしているのか口数も少ないし……。
 それにやっぱり、顔が赤くなるんだよなぁ。目線が合いそうになると慌てて逸らすし。
 なんだかこっちまで恥ずかしくなってくる……いや、可愛いなんて思ってないぞ僕は……!)
翠「……ふ、ふん! こここ、これだから元ヒキコモリは扱いづらいのです!」
ジ「…………お前」
翠「……あ……」
ジ「扱いづらくて悪かったな……」
翠「い、今のは違う―――― 違うのです!」
ジ「違うってなにがだよ。何も違わないだろ…………もういい。今日は帰らせて貰うぞ」
翠「……ジュ、ジュン……!」
ジ「ッ! …………じゃあな」



~休日 帰り道~



ジ「…………」
ジ(……悪口言ったのはあいつなのに……
 なんであんなに辛そうな顔するんだ……卑怯だろ……!)
ジ「……今日のあいつは一体何がしたかったんだよ……」
翠「…………」
ジ「!? お、お前いつの間に…………な、なんだよ」
翠「……あんな事を言いたくて、今日来たんじゃない……」
ジ「…………翠星石」
翠「傷つけたかったんじゃない……
 待ち合わせの場所に走ってた時も、色々な場所を見て回っていた間も、
 今日が楽しい一日になるように願ってた……あんな別れ方をしたかったんじゃない……!」
ジ「ま、待てよ、落ち着け。僕はもういいから――」
翠「でも、でも……ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……!」
ジ「おい! こんな所で泣くなよ、お前やっぱりおかしいぞ……!?」
翠「ごめ……う、うぅ……ぅ……」
ジ「~~~~! ああもう! 悪かった、僕が悪かったよ! だから泣くな、止めてくれ!」



翠「あ―――― !!! ……ジュ、ジュッ……か、身体! だ、抱き締めて……ッ!?」
ジ「うるさい、突っ込むな! これ以上泣いたら顔潰れるくらいまで腕を締めるぞッ!」
翠「……これじゃ、服が濡れちゃう……」
ジ「気にすんな。目の前で泣かれているよりずっとマシだ。
 ……それにお前をこうしていると……」
翠「え……?」
ジ「……ああもう! なんか今日のお前を見ていると変な気分になるんだよ!
 ずっと僕の顔見ているくせに、目を向けるとそっぽ向いて恥ずかしがるし……!
 どうしていきなり―――― お前、そんな事する奴じゃなかっただろう!?」
翠「…………」
ジ「クソ、何言ってるんだ僕は……今のお前見ていると僕までおかしくなってくる……
 照れるなよ、変な期待しそうになるんだよ、このままじゃ馬鹿みたいな勘違いしそうに……!」
翠「……勘違いじゃない」
ジ「!」
翠「…………好き、だから」
ジ「……信じるぞ」
翠「うん…………んっ」



~翌日 登校中~



ジ(……ほとんど勢いとはいえ、昨日はキスまでしてしまった……。
 こ、これはあれだよな、告白だったんだよな、僕達付き合う事になったんだよな。
 よ、よし……今度は僕が誘うぞ。映画のチケットも買ったし……いや、気が早かったか……!?)
翠「…………」
ジ(―――― す、翠星石……! 来たぞ、勇気を出せ、翠星石もやれた事なんだ……!)
ジ「よ、よう翠星石、おはよう」
翠「…………」
ジ「……き、昨日は色々あったよな。正直僕も戸惑ってるんだけど……」
翠「……なに言ってるですか」
ジ「や、嫌だった訳じゃないんだ! 不安はあるけど後悔はしてな……え?
 なに言ってるって……ほら、昨日のアレだよ、アレ」
翠「……なにも無かったです」
ジ「なにも無かったって――――
 お、おい、まさかお前、昨日の事無かった事にするつもりじゃ……!?」
翠「ジュン! さっきからなにを訳の分からん事をのたまっているですか!?
 最初からなにも無かったのです! それ以上でもそれ以下でも右も左もないのです!
 それ以上昨日の話を続けたらただじゃおかねーですよ!」
ジ「そんな……あんなだったけど、昨日は本気だったんだぞ……」
翠「す、翠星石だって昨日は―――― ジュンの馬鹿ァァァッ!」



ジ「翠星石ッ…………う、嘘だろ、本当は嫌だったのか……? 僕の決意は……!?」
蒼「……ジュン……君……お、おはよう」
ジ「…………蒼星石。翠星石は昨日の夜になにかあったのか?」
蒼「ご、ごめんなさい!」
ジ「いや、いきなり謝られても……事態分からないだろうけど、お前のせいじゃないし」
蒼「う、あ、それは……そうなんだけど……そうじゃなくて……翠星石も悪くなくて……」
ジ「……はぁ。ならやっぱり先走り過ぎてたのか。チケットどうすればいいんだ……」
蒼「と、当然ジュン君だって悪くないんだ……って、チ、チケット?」
ジ「ああ、映画のチケット。翠星石を誘おうと思ってたんだけどあれじゃぁ……」
蒼「…………」
ジ「……興味あるのか? ……あー……もういいや、今週末なんだけど暇なら……」
蒼「―――― ええ!? あああ、ううう……!」
ジ「……別に無理に誘ってる訳じゃないからな。他に予定があるなら気にするな」
蒼「そうじゃないんだ! そうじゃないんだけど……
 僕は、僕は―――― うあああああああああああ……ッ!」
ジ「ど、どうした蒼星石! まるで心労で今にも倒れそうな中間管理職の悲鳴だぞ……!?」



昼休み・人気の居ない校舎の階段で



J「蒼星石って、スカート短くしないんだな…何か以外…」(膝の上に蒼星石をのせてじっとスカートを見る。)
蒼「どうして?僕校則は守るよ。」
J「いや…動きやすそうなのが好きかなって思って…」
蒼「う~ん…確かに見た目は動きやすそうで元気に見えるかもしれないけど…階段で人目を気にしたり、色々大変だって…
翠星石が言ってた。」
J「ふ~ん…色々あるんだな…」
蒼「それにね…あまりに短いスカート穿いてると…すぐ先生に目を付けられるから…大変なんだよ。
僕は校則何一つ破ってないから、目も付けられず、ジュン君とこうしてどうどうといられる…」(ぽふっとJUMの胸にもたれる)
J「そ…そうか…」(今何気に黒い事言わなかったか…?」
蒼「それでもジュン君は…僕にミニスカート…穿いて欲しい?」
J「い…いや別に僕は蒼星石が蒼星石らしければ別に…でもちょっと見てみたいかも…けど…」
蒼「…けど…?」(JUMの手をスカート越しに自分の足に沿わせながら)
J「って…何してるんだよ。」(あぁ…我慢してたのに……やわらかい…)
蒼「べっつにぃ…僕に…ドキドキしないかな…って思って。」
J「…お前の足…誰にも見せたくないから……そのままでいいよ…」(いつの間にか自分で手を動かして、蒼星石の足を触っている)
蒼「そうだね…ジュン君は別にスカート越しに妄想しなくても、いつでも全部触れるんだもんねぇ…」(ニヤニヤ)
J「な……誰が妄想なんて…」
蒼「でもしてたでしょ?まだ付き合ってないとき。そうじゃないと、この手の説明がつかないよ♪」
J「………うん。」(くっそー!!)



最初はちょっとした出来心でした。
前日の夜から翠星石はずっとその事を話し続けていて……羨ましかったんだと思います。
布団の中で計画を立てて、まずは鋏で彼女の夢を少し××しました。
髪の毛は付け毛を足して髪留めで誤魔化したんです。
それだけだとかえって目立つと思ったので、他にも有りっ丈の装飾品を身に付けて……。
瞳の色が最大のネックでしたけど、案外気付かれないものですね。
ごめんなさい。悪い事をしている自覚はあったんです。本当にありがt(ry