※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛「今日は調理実習があるのー
  うにゅーいっぱいつくるのー」
紅「雛苺ったら何を言ってるのだわ」
翠「そうです。今日の課題はクッキーです。
  ちびちびの好きな饅頭なんてめんどくさくて作ってられないです」
雛「まんじゅうじゃないのー!
  うにゅーなの!」
蒼「まぁまぁ雛苺。
  翠星石もあんまり雛苺をからかっちゃダメだよ」
金「カナは翠星石と同じ班なのかしらー
  らくしてずるして課題クリアなのかしらー」
紅「確かに翠星石は焼き菓子が得意だものね
  わたしも翠星石と同じ班がよかったのだわ」
蒼「ボクと金雀糸と翠星石、あと水銀燈が同じ班だね
  あれ?水銀燈?」
銀「・・・・・・(考え込んでる)」
薔「ツンツン(水銀燈の脇腹をつつく)」
銀「ひやぁぁ!な、な、なんなのぉ!?」
蒼「どうしたの水銀燈?ぼーっとしちゃって」
銀「な、なんでもないのよぉ
  ちょーっと考え事をしてただけだから・・・」
紅「あんまりぼーっとして砂糖と塩を間違えないようにね」
銀「なんですって!その台詞、そのままあなたにお返しするわぁ」
紅「な!?」
蒼「まぁまぁ、喧嘩しないで
  早く作らないと時間が無くなっちゃうよ?」
翠「蒼星石の言うとおりです!
  さっさと作って後は楽がしたいです」

クッキー製作中
翠「後はこれをさっくりと混ぜれば生地の完成です!」
金「認めたくは無いけどなかなか手際がいいのかしらー」
蒼「翠星石は家でもスコーンとか焼いてるしね」
翠「おまえら、そんなに褒めてもなにもでねーですよ!(///)」
銀「・・・クッキーって」
蒼「ん?」
銀「完成したクッキーって持って帰れるのよねぇ?」
金「そうなのかしらー。カナは家に持って帰ってみっちゃんとたべるのかしらー」
翠「まったく、水銀燈は意地が張ってるです。そんなに心配しなくてもクッキーはあまるほど作れるです」
銀「そう・・・ね」
翠「?・・・いっつもみたいに突っかかってこないですね。なんか調子狂うです」
銀「そ、そんなことないわよぉ!この生地を混ぜればいいのね?わたしがやるわぁ」
蒼(もしかして・・・)
翠「あー!全然ダメダメです!さっくりと混ぜるですよ、さっくりと!
  そんなにぐねぐね捏ねたら生地が固くなっちまうです!」
銀「そうなの?わかったわぁ」
蒼「ふふっ・・・そういうことか。おいしいのが出来るといいね、水銀燈」
銀「え?なぁに?聞いてなかったわ」
蒼「いや、なんでもないよ。ふふっ」
金「蒼星石までおかしくなったのかしらー?」

金「できたのかしらー!」
翠「なかなかいい出来栄えです。これなら合格点を出せるです」
蒼「みんながんばったもんね」
銀「よかったぁ(クッキーの包みを両手で包む)」
紅「あら?水銀燈にしてはなかなかの出来じゃない?」
薔「・・・あじみしていい?」
翠「しょうがないです。一口だけですよ!
  って、きゃー!ひないちごぉ!あんまりばくばく食べるなです!」
雛「うゆー、こっちのクッキーすごくおいしいのー
  雛たちのは真紅が――もごぉ!」
紅「な、なんでもないのよ。雛苺、よけいなことはいわないの!」
金「しょ、しょっぱいのかしらー!!」
紅「なに勝手に食べてるのだわ!?」
蒼「あはは、失敗しちゃったんだね。いいよ、ボクたちの分けてあげるよ」
翠「蒼星石!なに勝手に決めてるですか」
蒼「いいじゃない、少しくらい。ボク達は味見するだけでも十分でしょ?」
翠「そうですけど・・・分かったです。翠星石はいつでもまた作れるですから
  十分にありがたみを噛み締めるです!」

金「みんなで食べると一段とおいしいのかしら」
紅「そうね。――雛苺、お茶を入れて頂戴」
雛「何で雛がー?」
紅「元はと言えばあなたが塩と砂糖を間違えるからじゃないの!」
雛「うゆー・・・わかったの」
金「水銀燈もまざるのかしらー」
翠「ほら、さっさとそのクッキーを寄こすです
  人数が倍になったらさすがにクッキーの量もギリギリです」
銀「・・・・・・いやぁよ」
紅・雛・翠・金「「「「!!!???」」」」
蒼「・・・」
薔(塩クッキーもなかなかおいしい・・・)

紅「どう言う事かしら水銀燈?」
銀「そのまんまの意味よ?分からなかったのかしら、おばかさぁん」
紅「な!?」
翠「何なんです!その言い方!」
紅(言いそびれた・・・)
金「そうなのかしらー!ちょっと食い意地が張ってるのかしら!」
雛「そうなのー!水銀燈ばっかりずるいの!」
蒼「・・・」
薔(塩クッキーウマスwwwww)
銀「何とでも言えばいいわ。わたしはこのクッキーを誰にもあげるつもりは無いの」
紅「水銀燈、あなたちょっと勝手が過ぎるんじゃなくて?」
銀「なによぉ真紅。このわたしとやるつもり?」
紅「!?言ったわね。望むところだわ」
蒼「やめてよ二人とも!水銀燈には水銀燈の理由があるんじゃないか」
翠「ひいいいぃぃぃ!蒼星石が水銀燈の味方に付いたです!?
  お姉ちゃんを裏切るつもりですか!?」
蒼「大げさすぎるよ翠星石。でも、そもそも真紅たちの班が失敗したから
  ボクたちのクッキーを分けてあげてるのであって、クッキーをどうしようと
  それは作った本人が決めることなんじゃないかな?」
翠「確かにそうかもしれないですけど・・・」
紅「・・・わかったわ。勝手にするといいのだわ。
  わたしもたかがクッキーぐらいで取り乱すなんて、みっともないのだわ」

キーンコーンカーンコーン
雛「じゅぎょうがおわったのー!」
金「やっとこの重苦しい空気からかいほうされるのかしらー!」
紅「・・・・・・」
銀「・・・・・・」
薔「ねえ、真紅・・・」
紅「ひっ!(びっくりしたわ)どうしたの?薔薇水晶」
薔「この塩クッキー、貰っても?」
紅「好きにしなさい!全く、勢いがそがれたのだわ
  早く教室に戻るわよ、薔薇水晶」
薔「うん・・・(真紅大好き)」
翠「翠星石もさっさと戻る事にするです
  蒼星石、早く行くですよ!」
蒼「あ、うん。待ってよ!」
銀「ね、ねぇ!蒼星石!」
蒼「ん?なに?」
銀「あの・・・ありがとぉ」
蒼「うん。――がんばってね(にっこり)」
銀「(///)」

昼休みの教室。
ざわざわと騒然としている教室内

べ「腹が減ったな・・・」
笹「うん・・・」
J「どうしたんだよお前ら、飯食わなかったのか?」
べ「当たり前だろう!こんな大事な日に飯など食えるか!」
J「大事な日って・・・何かあったか?」
べ「これだから下等民族は!
  今日は女子の調理実習の日だろうが!」
笹(コクコク)
べ「作ったものをくれた時に腹が膨れてたら失礼に当たるだろうが!」
J「そんなに期待しなくても・・・」
べ「期待しなくても――何だ?貴様まさか、この俺様が女子にクッキーを貰えないとでも思ってるのか!」
J「べ、別にそういうわけじゃ・・・」
べ「いーや!そう思ったに決まってる!馬鹿にしやがって!」
笹「あ!女子が戻ってきたよ!」

翠「ふー・・・やっと終わったです」
蒼「お疲れ様。翠星石が一番がんばったもんね」
翠「料理のできないおこちゃまの面倒を見るのはホント、骨が折れるです」
紅「な!?なんて言い草なのだわ!」
翠「悔しかったらとっとと砂糖と塩くらいの区別が付くように勉強するです」
紅「きーーーーーっ!!」
べ「な、なあ・・・蒼嬢」
蒼「(うわ・・・嫌な奴が来た・・・)な、なにかな?ベジータ君」
べ「今日、クッキー作ったんだってな?」
蒼「そうだけど?」
べ「もし余ってたら俺たちが処分してやってもいいぜ?」
蒼「ごめんね、雛苺と金雀糸がほとんど食べちゃった」
べ「な、何だって!?」
薔(つんつん・・・)
べ「な、何だ?――薔薇嬢か」
薔「おなか・・・空いてるの?」
べ「あ、ああ。昼飯を抜いてしまったからな」
薔「・・・一枚あげる」
べ「わ、悪いな(もしかしたらこいつ、俺に気があるのかも)」
薔(王子の癖に昼にありつけないなんて・・・惨め)
べ「パクッ!もぐもぐ・・・とうぁ!な、何だこれは!!しょっぱい!しょっぱすぎるぞ!」
薔「塩クッキー・・・おいしいよ?――もぐもぐ」
べ「た、只者じゃない・・・」
薔「もっと食べたいの?・・・じゃあ、ちょっとだけだよ」
べ「ここからが本当の地獄だ・・・」

J「ベジータの奴、何やってるんだか・・・」
銀「ね、ねぇジュン・・・ちょっといいかしら?」
J「ん?――水銀燈、どうしたんだ?」
銀「ジュン、おなか空いて無いわよね?」
J「ああ。さっき飯食ったばっかりだからな」
銀「そ、そうよね・・・なんでもないの!ごめんねぇ」
自分の席に戻る水銀燈。
その背はどこか寂しげで、背中の羽もしょんぼりして見えた。

J「なんだったんだ?あいつ――」
紅「全く、ダメな僕ね。女心が全く分かってないのだわ」
金「まったくなのかしらー」
雛「なのー」
J「うわぁ!お前ら、黙って人の後ろに立つなよ!」
紅「あの水銀燈がわたし達を敵に回してまで起こした行動を
  ジュン、あなたは一言でふいにしたのよ?反省するべきなのだわ」
金「なのかしらー」
雛「なのー」
J「何でお前らにそんな事言われなきゃならないんだよ!」
紅「いい事、ジュン。一度しか言わないからよく聞きなさい」
J「お、おう」
紅「実はさっきの調理実習で――」
事のあらましを説明する真紅。
紅「という事なのだわ」
J「・・・・・・」
紅「放課後がチャンスよ。ちゃんと謝ってきなさい」
J「――わかったよ」
紅「いい子ね。それでこそこの真紅の僕だわ」

キーンコーンカーンコーン
予鈴と共にジュンも自分の席へと戻って行った。
紅「今回だけはあなたに譲ってあげる。だから――がんばりなさい、水銀燈」

放課後。
銀「はぁ・・・なにやってるのかしらねぇ、わたし」
鞄の中に教科書を詰める水銀燈。
鞄の底には冷えて固くなってしまったクッキー。
銀(ほぉんと、ばかみたい。薔薇乙女みんなと喧嘩したのに、結局ジュンにクッキーを渡せてないなんて・・・せっかく味方についてくれた蒼星石にも悪い事したわぁ)
J「水銀燈!」
教室を出ようとした水銀燈を呼び止めたのはジュンだった。
J「その・・・あの、なんだ」
銀「・・・なぁに?わたし、あまり暇じゃないんだけどぉ」
J「そ、そうだよな・・・ごめん、なんでもない」
銀(なぁにやってるのよ!これじゃぁ昼とまるっきり逆じゃない!)
立ち去ろうとしたジュンを水銀燈は引き止めた。
銀「・・・ジュ、ジュンだったら時間を取ってあげてもいいわよぉ?」
J「そ、そうか?――よ、良かったら一緒に帰らないか?(///)」
銀「べつにぃ・・・いいわよ(///)」
ジュンと水銀燈は連れ立って教室を出て行った。

翠「こ、こうなる事を蒼星石は知ってたんですねー!!」
蒼「ま、まあ・・・」
翠「むきー!!なんて姉不幸な妹です!」
紅「みっともないわよ翠星石」
翠「真紅も真紅です!悔しくないですか!水銀燈に出し抜かれたです!」
紅「そもそもクッキーを焼いてる時から水銀燈はこの事を考えてたのだわ」
蒼「今回は完全にボクたちの負けだよ、翠星石」
紅「たまには姉に花を持たせてやるのも悪くないものだわ」
翠「きーーーーっ!次は絶対こうは行かないです!!」

銀「ジュン?」
J「んー?」
銀「これ、貰ってくれるかしら?」
J「・・・ありがとう。(パクッ、もぐもぐ)うん、美味い!」
銀「よかったぁ」
J「また、作ってくれよな?」
銀「どうしようかしらぁ?――ふふっ」

~ お し ま い ~



誰もいない教室。
いや、二つの影が教室の片隅でもぞもぞと動いていた。
薔「まだあるよ・・・どんどん食べて」
べ「くっ・・・この俺様がクッキーごときに苦戦するとは・・・」
薔「さっきから全然手が動いてない・・・」
べ「あ、す、すいません(もぐもぐ)とうぁ!」

笹「・・・がんばれ、ベジータ」