※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放課後の教室。既にほとんどの生徒が帰宅した中、独り帰り支度するJUM。
そんなJUMを少し遠巻きに見つめる視線があった。

J「……まだ残ってたのか」
翠「悪いですか」
教室の出口から見つめる翠星石。
その視線の意味を考えることもなく、足早に立ち去ろうとする。
J「別に。それじゃあ僕は帰るから」
翠「ま、待つですぅ!!」
J「なんだよ。用でもあるのか?」
翠「そ……その。ジュンは今……付き合っている人とかいるですか?」

J「いや。別にそういのはいないよ」
言ってすぐ、翠星石の表情が明るくなる。
翠「そ、そうですかそうですかぁ。それじゃあ……」
J「それだけなら帰るよ。またな」
最後まで聞かずに、鞄を持って教室を出ようとする。
翠「え……あ、ちょ」
出ようとしたところで、そこから歩けなくなる。
引きずられる感覚。弱々しい力で、翠星石が制服の裾を握っていた。

J「何だよ。まだ何かあ」
翠「……好きです」
J「……何?」
翠「……ジュンのことが、好きです」
……予想外、というほどでもなかった。仲は良かったほうだと自分でも思う。
翠「前から、ずっとずっと好きだったです。でもジュンは人気もあったし」
わざと僕につっかかってきていたのは、彼女なりの照れ隠しだったんだ。
翠「真紅や水銀燈と楽しそうにしてるの見て……もう、我慢できなかったです」
少なからず気付いていた。なのに、こんなことを言わせてしまった。
表情は見えないけど、制服を持つ翠星石の手が震えているのがわかる。
翠「翠星石は、ジュンのことが……」
すっと、一歩前に離れる。ひどく心が痛んだ。
J「……ごめん、翠星石」

本当に、付き合っている人間はいない。
だから断った理由は、単純に翠星石が好きな人じゃないからだ。
J「僕は、翠星石とは、付き合えない。だから、ごめん」
拒絶を口にする。でも、断ったからってこのまま帰れはしない。
翠「……ふ、ふん。翠星石みたいな可愛い子を振るなんて」
翠「こんな機会二度となかったですよ。後で、せいぜい後悔する……です」
いつもより少し高い声で、いつもみたいな不遜な笑顔で。
でも、やっぱりいつもと違う、何処か無理したような表情で言いながら。
翠星石が僕の後ろから駆け足で教室を出て行こうとする。
J「……翠星石」
ひどい偽善だと自分で思いながら、後ろから翠星石を抱きしめてしまう。
翠「なにしやがるですか!!もう用はないからさっさと帰るです!!」
叫ぶ声にも、引き離そうと暴れる身体にも力がない。声はかすれてさえいた。
J「……ごめん」
気付いていたのに、こんなことを言わせて苦しませてしまった。
翠「……ぅ……もういいから離すですぅ……そうしないと……ひっく」
翠星石が、泣いている。ぽろぽろと涙が制服の袖にこぼれおちる。

翠「……ぅ……うぅ……好き……です……ジュン」
J「うん。ごめん。……ありがとう」
嗚咽しながらまだ、こんな情けない僕を好きだといってくれる。
付き合いは出来ないけれど、苦しめてしまうだけかもしれないけれど。
J「……ありがとう。本当に、今は全然そういうこと考えてなくて、ごめん」
翠「チビ人間馬鹿ですぅ……ぅ……なんで謝るですかぁ」
J「翠星石に嘘をつきたくないから。だから、ごめん」
翠「ぅ……ワケわかんないです……やっぱり、ジュンは……」
さっきから僕はずっと謝っている。今も、こうして彼女を傷つけているかもしれない。
いっそこれで嫌いになってくれれば楽かもしれないと、少しだけ馬鹿なことを思いながら。
泣きじゃくり続ける翠星石を、ごめんごめんと言いながらなだめ続けた。

翠「……ふ、ふん。本当に後悔しても知らないですぅ」
時間が経って少し落ち着いたのか、目元は腫れているが表情はいつも通り。
J「そうかもな。まあお前が5年後も独り身だったら僕がもらってやるよ」
翠「ありえないです。もう遅いですぅ。翠星石は引く手数多って知らないですか?」
日が落ちかけた薄暗い教室で、そんな風に軽口を飛ばせるくらいには回復していた。
J「お前顔はともかく性格悪いしなあ。すぐ男に逃げられるんじゃないか」
翠「チビ人間こそ根暗で眼鏡だから一生彼女なんてできないです。惜しいことしたです」
そんな風にくだらないおしゃべりをして、笑いあった。辛かったけれど、嫌ではなかった。
J「……帰ろう。もういい加減遅いし」
翠「そうですね。蒼星石がきっと待ってるです」
教室を出て、靴を履き替えて、校門を出て。そして、分かれ道で手を振りながら別れた。
後ろめたさを、寂寥感を感じながら、駆け足で帰っていく翠星石を見つめていた。
彼女の姿が見えなくなるまで、ずっと。ずっと……

JUMと別れて、一人で帰り道を歩く翠星石。
そんな帰り道には何故か、蒼星石が立っていた。
蒼「……おかえり、翠星石」
翠「あ……あは。ダメ……だったです」
どう見ても空元気な表情、搾り出すような声。
何があったのか、蒼星石はすぐに気付いていた。
蒼「……うん。頑張ったね、翠星石」
翠「……頑張ったけど、ダメだった……です……あ、あれ?」
さっきあれだけ泣いたのに、自然と翠星石の目から涙がこぼれてきていた。
翠「あ、あれ……おかし……なんで」
蒼「……うん、帰ろう」
翠「……ごめ……勝手に……あ、あははは。壊れてしまったみたいですぅ」
笑いながら泣いている翠星石を、蒼星石は抱きしめたりはしなかった。
それは自分の役目じゃあないし、それで翠星石は喜ばないと思った。
蒼「帰って、あったかくして寝て。それでまた元気に学校に行こう」
翠「何言ってる……ですかぁ。翠星石はいつも……元気ですぅ」
蒼星石が優しく手を引きながら。翠星石が笑顔で涙を流しながら。
二人は帰っていった。また、元気で学校に行けるように。
また、変わらない笑顔で話ができるように。