※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇「第一回、薔薇乙女雪合戦アリス杯~。ドンドンヒューヒューパフパフ。えー実況兼解説をいたしますは、薔薇乙女の不思議ちゃんこと、薔薇水晶がお送りいたしま――はぶっ!」
翠星「自分だけ安全な位置から高みの見物なんて、そうは行かないです! 雛苺、金糸雀、雪埋めの刑にしてやるです!」
雛苺「あいあいさーなの」
金糸「薔薇水晶だるまのできあがりかしらー」
真紅「全く、何で私がこんな事を……」
水銀「ホントよねぇ……」
蒼星「まあ、こういうのもたまにはいいんじゃないかな? じゃあ公平にくじ引きでチーム分けしようか?」


第一チーム
蒼星石&真紅ペア

第二チーム
金糸雀&翠星石ペア

第三チーム
水銀燈&雛苺ペア

観客:薔薇水晶だるま

作戦会議

第一チーム
蒼星「注意するべきは水銀燈かな?」
真紅「そうね、金糸雀も何か策を用意しているかもしれないけれど、どうせ自滅するでしょう」
蒼星「三つ巴だけは避けたいから、先に金糸雀と翠星石から何とかしよう。真紅は援護をお願い」
真紅「分かったわ」

第二チーム
金糸「私に策があるのかしらー」
翠星「どうせお前の考えた作戦なんて役に立たないですー」
金糸「む! じゃあ翠星石はどんな作戦を考えているのかしら?」
翠星「そんなの決まってるです。来る敵皆返り討ちです!」

第三チーム
雛苺「ヒナもがんばるのー」
水銀「あー、あなたと組んだ時点で勝てるなんて期待してないわよ」
雛苺「むーじゃあどうするの?」
水銀「決まってるじゃなぁい。とにかく真紅を潰すわ……」


蒼星「じゃあチームメイトの両方が倒れた時点でそのチームは失格となると言う事で。ちなみに雪玉に石入れるの禁止」
翠星「ちっ」
真紅「今、舌打ちが聴こえたわ」
翠星「なんでもねーですよ」
金糸「位置についてー。よーい……始め!」

蒼星「まずは翠星石。キミを狙うのは忍びないけど、これも勝負だから……ごめん!」
翠星「わわっ、とか何とか言いながら、結構本気じゃないですか!」
水銀「あらぁ、私も混ぜて頂戴よぉ」
蒼星「なっ!」
金糸「おーっと、ウチが真っ先に狙われるのは予想済みかしらー」
水銀「なぁーんてね。あなたの事だから漁夫の利を狙うのは見え見えよぉ」
金糸「わあっ、わあっ、わあっ! いきなりピンチかしら~」

翠星「く~、いきなり戦力を分断されたです」
蒼星「水銀燈……早めに何とかしたかったけど、今は翠星石の方を先に!」
翠星「甘いです! 伊達に蒼星石の姉をやってる訳じゃねーです!」
真紅「私の事も忘れてもらっては困るわ」
翠星「なっ! 2対1……これはちょっとやべーですね……」

金糸「ど、どうしたのかしら……? 早く向かってこないのかしら~?」
水銀「……この辺だけ掘り返した後があるわねぇ。大方、落とし穴か何かに足を取られた所を狙うつもりなんでしょうけど」
金糸「ギクッ!」
水銀「私はそんなにおばかさんじゃないわぁ……それ!」
金糸「どこに向かって投げているのかしら~? 全然大暴投――きゃああっ!」
水銀「そんな大きな木の下に居たら雪が落ちてくるわよ?」
金糸「ぺっ、ぺっ……雪が口の中……に……?」
水銀「チェックメイト♪」

金糸「きゃああっ!」
翠星「金糸雀!」
真紅「流石水銀燈ね。この短時間で勝負を決めるなんて。こちらも早く勝負を決めないと」
蒼星「真紅……ここは僕一人でやらせてくれないかい?」
真紅「蒼星石?」
蒼星「勝負の為には二人で決めた方がいいのは分かってるよ。でも翠星石とは僕だけで決着をつけたいんだ」
真紅「……分かったわ。ただし、絶対に勝つのよ?」
蒼星「負けるつもりは無いよ」
翠星「翠星石も舐められたものですね。その自信、後悔へと変えてやるです!」
蒼星「行くよ、翠星石!」
翠星「どうしたですか、蒼星石! そんなんじゃちっとも当たらねーですよ」
蒼星「ならっ!」
真紅「はっ、蒼星石! そっちに行ってはダメ!」
蒼星「えっ? うわぁっ!?」
翠星「引っかかったですね! 金糸雀……あなたの罠、充分役を果たしてくれたですよ!」
蒼星「……くっ!」
翠星「これで終わりです、蒼星石」
蒼星「……良かった、まだ気付いていないみたいだね」
翠星「何を言って――痛っ! え……上から雪玉……?」
蒼星「さっき翠星石とやり合ってる時に僕が後ろ手に幾つか投げた雪玉……。そしてダメだよ? こんなに至近距離で相手から注意を反らしちゃ」
翠星「きゃあああぁぁぁぁっ!!」

水銀「どうやらそっちも勝負あったみたいねぇ」
真紅「水銀燈……蒼星石、私が時間を稼ぐから早く体制を整えなさい!」
蒼星「わ、分かった――わああっ!」
真紅「蒼星石!?」
雛苺「やったの水銀燈~。蒼星石を埋めたの~」
真紅「雛苺、いつの間に!?」
水銀「どう、真紅? 伏兵って言うのはこうやって使うのよぉ?」
真紅「目立つ自分を囮にするなんて……考えたわね」
雛苺「ねぇ水銀燈。ヒナは次、何をすればいいの?」
水銀「その辺で雪遊びでもしてなさい」
雛苺「は~い」
真紅「……全てはあなたのシナリオ通りって事ね」
水銀「さあ、これからがショータイムよ」
真紅「…………」
水銀「…………」
真紅「(先に動いた方が)」
水銀「(……やられる)」

ぼこっ!!

薔薇「薔薇水晶復活!」
紅&銀「!?」
薔薇「そしてピッチャー振りかぶって……新しい顔よ、受け取って!」
真紅「ま、まさか、その大きな雪玉……」
水銀「い、いやあああああああ!!」


薔薇「第二回、薔薇乙女雪合戦――」
水銀「もう二度とやらないわよ!!」