※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



翠「真紅見ろです!馬鹿水晶です!」
紅「あら馬鹿水晶。自分の名前は書けるようになった?」
蒼「馬鹿水晶には無理だよ真紅。行こ行こ」
薔「・・・・・(グスッ…)」
水「…あら?薔薇水晶じゃない。こんな時間まで何を……貴方、泣いてるの?」
薔「・・・・・」
水「…何があったの?よかったら話してみて……ね?」
薔「・・・う・・・うぇぇぇぇ・・・」





真紅「あ、薔薇水晶。」
薔薇「・・・・・・・・?」
真紅「私今日家を留守にするの、ホーリエを預かってくれない?」
薔薇「でも・・・私・・・人口精霊飼った事無いから・・・。」
真紅「大丈夫よ、ドールと水だけで育つし死なないわ、よろしくね」



タッタッタッタ



薔薇「・・・・・。」
ホーリ「・・・・。」
薔薇「よ、よろしく・・(////」
ホーリ「・・・・。」
薔薇「・・・・(怖いなぁ・・)」






くいくい
J「?」
薔薇「・・・・」
J「なんだよ薔薇水晶?」
薔薇「・・・・手と手を合わせて幸せパワー」
J「んな・・・」
薔薇「・・・・」
J「・・・・」
薔薇「・・・・幸せ?」
J「もう薔薇水晶かわいいからああああああああ」
スリスリスリスリ!!!
薔薇「ほっぺた・・・まさつせっちゅう・・・」
ベ「なんかもう本当に地獄だ・・・」







雛「わーい、JUMのぼりーなのー」
J「こらー、勝手に上るなあー」
雛苺は休み時間の間にもJUMと戯れている。
その光景を遠くで見つめる影が・・・
薔薇「私もJUMとお話したい・・・そうだ!」
薔薇水晶はJUMに話しかけてみることにした。
薔薇「J、JUM私もJUM登りしたい・・・なのー・・・」
JUM「・・・・・薔薇水晶どうかしたのか?」
薔薇「う、うにゅー・・・」
JUM「?」
薔薇「な、なんでもない・・・」
薔薇水晶はその場を足早に離れた。
薔薇「やっぱり雛苺のまねしてみてもだめ・・・別な作戦考えよう・・・」


金糸雀をプロデュースする編』
君がいじめられているのは、君が劣っているせいなんかじゃない・・・。
誰も通らない、四階の女子トイレに、金糸雀は女3人に呼び出されていた。
女1「あんたさぁ~調子乗ってない?」
女2「そうそう、いつもいつも、うるさくてウザイのよね」
女3「私たちがちょこっとお仕置きしてあげる・・・うふふ・・・」
金「やっ・・・止めて・・・欲しいかしら・・。カナは何も悪いことしてないかしら・・・」
女1「何もやってないとかそういう問題じゃないの」
女2「単純にムカつくのよねぇ~」
その時、女3がポケットの中からカッターナイフを取り出した。それを見て
震える金糸雀・・・・。もうどうすることも出来ないのだろうか・・・?
金「や・・・やだ・・・。止めてくださいかしらぁ・・・。(誰か・・・助けてかしら・・)」
女3「さぁ~て、まずあんたの制服ビリビリにしてぇ~、その後どうする?」
女2「顔もちょこっとぐらい切ったってわかりゃしないわよぉ」
女1「あれ?こいつ震えてる・・・。ぷっ・・・。おしっこ漏らすんじゃないのぉ?」
金「グスッ・・・・。やだ・・・。お願いだから・・・止めてかしらぁ・・」

金糸雀は恐怖のあまり、大きな声も出せなくなっていた・・・。その時、あの
いつもの二人がその現場に偶然来たのだった・・・。
薔薇「・・・・・・・・・・あれ見て・・・」
水「なぁにぃ?・・・あれってもしかして・・・金糸雀ぁ?」
薔薇と水のほのぼの学園生活シリーズ

『金糸雀をプロデュースする編2』
誰かがいじめを受けている時、あなたはどう行動するの・・・?
女3「ど、こ、か、ら、切、ろ、う、か、な♪」
金「(誰か・・・・助けて・・・)」
水「なぁにしてんのぉ~?あんたたちぃ~」
女3「水銀燈!?薔薇水晶まで・・・・。ふん、あんたたちに用はないのよ。消えなさい」
女2「そうよ、別にこいつとあんたたちは仲良くないんだし、どっか行きなさいよ」
水「・・・まぁ・・確かに親しくはないけどぉ・・でも・・・」
水「・・でも・・その子に1ミリでもちょっかいかけたら・・・殺すわよぉ・・・?」
薔薇「・・・・・・・・・水銀燈はガチ・・・・・・・」
二人の威圧感はまさに圧倒的で、女3人はあきらめたのか、舌打ちをしながらその場を去った。

水「大丈夫だったぁ?あいつらに何もされてなぁい?」
金「・・・・大丈夫・・・・かしら・・・。助けてくれて、ありがとう・・・」
薔薇「・・・・・・・・いじめ・・・ダメダメ・・・・」
水「一体どうしてあんたが、いじめられる事になっちゃったのぉ?」
金「わからないかしら・・・。・・・・でもきっと・・・・みんな私のことが嫌いなのかしら・・・」
金糸雀は、悲しげに俯き加減で呟いた。二人は少し黙ってしまった・・・。
薔薇「・・・・・・・・・・人気者になれば・・・・いじめられない・・・・」
水「その手があったわぁ~。もう二度といじめられないように、私たちがプロデュースしてあげるぅ」
金「え・・・?本当かしらぁ?」
薔薇「・・・・・・・・・・・・・・まかせて」
水「うふふ、そうと決まれば、今日の放課後屋上に来てぇ」
金「・・・・・・・・・了解かしらぁ」

こうして二人の『金糸雀、人気者化計画』は始まった・・・。でもこの二人で大丈夫?


『金糸雀をプロデュースする編3』
放課後、屋上で会議をする三人。
金「あの・・・まず私はどうしたら良いのかしらぁ?」
薔薇「・・・・・・・・・・・改名・・・・」
金「ちょっ・・・そんな某占い師みたいに無責任なこと、言わないで欲しいかしらぁ~」
水「う~ん・・・とりあえず、その『かしらぁ』って言うの止めない?」
金「それじゃあ、私のチャームポイントがなくなるかしらぁ!」
薔薇「・・・・・・・・・でこ広い・・・・・髪の毛下ろす・・・・」
金「そっ・・それは禁句かしらぁ!(気にしてるのにぃ)・・・」
水「・・・・・・・・・・飽きてきたわぁ」
金「はっ早すぎるかしらぁー!真面目に取り組んで欲しいかしらぁー!」

小一時間の話し合いは、結局まとまらないまま・・・・。
金「はぁはぁ・・・・突っ込みすぎて疲れたかしらぁ・・・はぁはぁ・・」
水「う~ん、プロデュースって難しいわねぇ・・・」
薔薇「・・・・・・・・・・・・疲りた・・・・」
水「まぁ、初日はこんなもんでしょぉ・・・。明日から、真剣にがんばりましょぉ」
薔薇「・・・・・・・・・・・・うん」
金「今日は真剣じゃなかったのかしらぁー!?」

このままで、金糸雀は人気者になれるのだろうか・・・・?

『金糸雀をプロデュースする編4』
あれから、一週間ぐらいが過ぎた・・・。手際の良い蒼星石なら、すぐに
金糸雀を人気者に出来ただろうけど、二人はWボケをかますだけで、全然
進行してなかった・・・。ただ、三人は前よりも仲良くなった。
金「ふふふふ~ん♪今日も二人にプロデュースしてもらうかしらぁ!」
バタンと屋上のドアを開ける。
金「今日はどんなプロデュースしてくれるのかしらぁ?」
水「・・・・・・・そのことなんだけどぉ・・・もう止めにしようと思うのぉ」
薔薇「・・・・・・・・・・うん」
金「え?・・・・それは・・・飽きたのかしら・・・?(やだ・・・まだ二人と一緒にいたいよ)」

水「・・・・・違う・・。ただ、結論が出ただけよぉ」
金「・・・・結論?・・・(もしかして・・・二人も私のこと、嫌いになったのかしらぁ・・・)」
水銀燈は、半泣きの金糸雀に近づいて、頭をなでた・・・。
水「結論から言うと・・・。私たちは、そのままのあんたが好きなのよぉ。だから、プロデュースする必要ないのぉ」
金「・・・・・・・・それって・・・」
薔薇「・・・・・・・・・今のままが・・・・一番だよ・・・」
金「・・・・うぐっ・・ひぐっ・・・・」
水「どぉして泣くのよぉ?」
金「・・・・・うれしくて・・・・。うわぁぁぁん」
水「よしよし・・・・」

こうして、二人のプロデュースは幕を閉じた。金糸雀を『いじる』人はいても、『いじめる』人はいなくなった。
無理して自分を変えるより、そのままのあなたを愛せる人の側にいて・・・。完。



【薔薇水晶とジュン】

「そういうわけで、ジュンがおかしいの」
「え?」
 金糸雀の間抜けな顔、と言ったら悪いけど、そんな顔。……せっかく金糸雀に相談しに来たのに。
「……えっと、薔薇水晶? どうしたのかしら?」
「だから、ジュンがおかしいの」
「私、もしかして惚気られてるのかしら……」
 すごい疲れたように金糸雀が言う。ひどいなぁ。これでも真剣に相談しに来たのに。
「だって、金糸雀探偵でしょう?」
「探偵になった覚えはないのかしら……策士かしらー」
「似たようなものだよね。いっつも尾行とかしているし」
「……なんというか、ダメなのかしら。薔薇水晶のマイペースぶりに流石の私もついていけないのかしらー……」
「だから、ジュンが――」
「ああ、はいはい。わかったかしら。話を聞くから、話してほしいのかしら」
「ジュンが、おかしいの」
「……もしかして、私、からかわれてるのかしら?」
 そんな会話が、十分くらい続いた。

「……えっと、つまり、」
 薔薇水晶から聞いた話を頭の中で整理する。
「何か、すれ違いが多いような気がするの」
「あの、薔薇水晶、ひとつだけいいかしら?」
「なぁに?」
「そういうのって、大抵ただの杞憂で、プレゼント探しとかバイトとか、薔薇水晶のための何かだと思うのかしら……」
 物語でよくあるベタな展開だ。不安で、悪い方向に思考が進んでしまう。
「えー」
「そこで不満そうな顔をされても、困るのかしら……」
「でも、もしかしたら、ってこともあるかもだよ?」
「薔薇水晶は、ジュンを信じてないのかしら?」
「愛 し て る」
「そんなことは聞いてないのかしら!」
 いきなり真剣な顔になるから、何を言うのかと思った。……本当に、マイペースな子だと思う。
「……でも、薔薇水晶はすごいのね」
「何が?」
「私は、誰かをそんなに好きになったことが、ないのよ」

「だから、薔薇水晶がそんな顔で、ジュンのことを言う理由が、わからない――」
 薔薇水晶の、表情は不安に彩られているくせに、ジュンのことを想っていることがわかるものだった。
 そんな矛盾したものが、どうして起こりえるのか、少なくとも私にはわからなかった。
「? よく、わからない」
「うーん……本人には、自覚がないのかしら」
「そうかな。でも、金糸雀だって、もしかしたら居るのかもしれないよ?」
「え?」
「私にとってのジュン」
 薔薇水晶にとっての、ジュン。それは、無条件に想える相手。
「あはは、そんな相手、居ないのかしら。そんな相手が居たら、私はここに居ないで、楽してズルして、相手のハートをゲットかしらー」
「んー、でもほら、気付いてないだけかも」
「そういわれると、何も言い返せないけど……」
 少し、考えてみる。意識した、異性。……ダメだった。全然想像もつかなかった。
「あ、でも、ジュンは――」
「……金糸雀?」
「じょ、冗談かしらー! だからほら、そんな目はよくないかしらー!」
 ジュンは、意外とそうかな、と思ったけど、ダメか。
「……じゃあ、結局、やっぱり居ないのかしら」

「じゃあ、そうなんだろうね」
「っていうか、何でこんな話になったのかしら」
 そもそも、薔薇水晶の相談があったからではないのかしら?
「……あー、あはは。うん、金糸雀のおかげで、もう大丈夫」
「え? ……私、何かしたかしら?」
「したよ。ジュンのことをいかに私が好きか、思い出させてくれた」
「そう、なの?」
 薔薇水晶の言葉は、わからない。今の会話で、そんなことを私は出来たのだろうか。
「……ありがとう、金糸雀」
 ああ、でも――こんな笑顔を、薔薇水晶は私に見せてくれたということは。
「どういたしましてなのかしら、薔薇水晶」
 薔薇水晶の、言うとおりなんだと思う。
「じゃあ、ジュンのところに早速行って来るね」
 そう言った薔薇水晶は、既に身体をドアの方に向かっていた。

「……結局、何だったのかしら」
 廊下では、ジュンー、うわ、なんだ、大好きー、とか、聞いてるこっちが恥ずかしくなる内容が聞こえてくる。
「でも、そうね」
 ただ、思う。あの、最後に見せた薔薇水晶の笑顔。
「あんな笑顔、私にも出来るときが、来るのかしら?」
 それは、幸せを表す笑顔。象徴といってもいいだろう。……いつか。いつか、自分も。
「――でも、やっぱり、結局は惚気だったのかしら」
 廊下では、キスする二人の姿。
まあ、あそこまではいかなくてもいいから、私も。

「楽してズルして、愛する恋人を、手に入れて見せるのかしらー」

何だかとても、いい気分。帰り道は、何かいいことがありそうな気がした。

end