※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注:この話を理解する為に、長編作品2の「人質騒動」をお読みください

翠「この、糞やろうがです!そんな事しないと女の子一人服従させれないですか!?
犯1「あぁん?何だ、命乞いでもするのかと思ったがな、遠慮なく出来るぜ」
蒼「ちょと、やめなよ!!」
翠「この、インポ野郎が釘じゃないと女も刺せないですか!」
犯1「ほうほう、言うねお前。ならお望みどおりに・・」
犯2「おい、中に出すなよ・・俺もするからな、ヒヒヒ」
翠「そんなの、怖くないです!この、糞インポのホモ野郎!!!!」
犯1「てめぇ。殴られてぇようだな。おらっ!」
『ガシッ!』
犯1「い、いてぇえ!!誰だてめぇ!!!!」

そこには男が一人立っていた

J王「我か、我の名はJ王天を目指す男よ」
犯2「ああぁん!?ガキが何の用だよ」
J王「友を助けに参った。では、いくぞ!」


犯1「ああぁ?さっきから聞いてるとよぉお!?」
J王「最後まで、己が意志を貫き通せたな・・見事であった・・」
翠「あ、ありがとうです・・イテテ・・」
J王「大丈夫だ、直終わる・・」
犯1「おい、こらぁぁぁ!!!!聞いてるのかってんだろうがよぉぉ!!!」
J王「お前も最後まで姉を守ろうという姿勢、見事であった・・」
蒼「あ、うん・・その、助けに来てくれて、ありがとう・・」
犯1「大人舐めるのもいい加減にしとけよぉ!?こらぁぁぁ!!!」
J王「我は今から掃除をする。ゴミ共の、な・・」
犯1「くらぇぇぇぇ!!!!」

獲物を手に襲い掛かる犯1

J王「・・遅い、蚊が止まるわ。鏡明!!」

J王の一指が両肩のつけ根をえがく

犯1「ぐっぐぇ。何、なにしやがった・・・?」
J王「北斗神拳奥義’鏡明’だ、それより一歩でも動いたら両の腕が崩れ落ちる・・」
犯1「ふ、ふかしこいてんじゃねーぞ!今からテメー殴ってやるからな!!」

そう言い、動き出した瞬間。両の手は崩れ、血が噴水のように噴出す

J王「次はうぬだ・・」
犯2「うっ・・・うあ・・ひぃ!!」
J王「貴様にも苦痛を与えてやろう」
犯2「く、くるな。くるなぁ・・!!!」

腰が抜けたのか、床を這い蹲り逃げていく犯2

J王「北斗、解唖門天聴・・」

J王の指が犯2の首の真後ろの4つ秘孔を突く

J王「今から質問をする。嘘をつくと、全身の血管という血管から血を噴出させる事になるぞ・・」
犯2「ひっ!!わ、わかりました!!」
J王「何故、強盗などと言う悪行を働いた?」
犯2「そ、それは金が、金が欲しかったからです!!」
J王「そうか。ならば何故あの娘に乱暴を?」
犯2「ち、ちげぇよ!犯1が勝手にした事だよ!!」
J王「ほう。ならば貞操を穢そうとしてたのは、何故だ?」
犯2「そ、それは、ノリだよ・・ノリ!!」
J王「悪意は、無かったと申すか・・」
犯2「そうそう悪意はnぎっ・・ギュ・・ギョバギョバ・・ぎっ、ぎぃい!!」

雑巾が絞られるような音と共に、筋肉と言う筋肉が血管を押しつぶし。
『ボファッ!』
赤い霧がまった

J王「後は、二人残ってるのか・・では、片付けてくる。うぬらは警官に保護されよ・・」
翠「ま、まつです!」
J王「・・なんだ?」
翠「・・・・・・・・ありがとう、です・・」
J王「ふっ、ではな。又会おう!さらばだ」

その後二人は保護され、犯人4名の惨殺死体が見つかった。犯人殺害の容疑者は未だ捕まっていない
救出された二人の少女も、目隠しをされてて見てないとの事だ


雛「お絵かきなのーいっぱいお絵かきして将来は絵描きなのー金持ちなのー」
J「あ、こら。それは俺の宿題じゃないか。やめろって!」
雛「だめなのーこれは雛のカオスを描き切る事をテーマにした傑作なのー」
J「だーめ!これがないと俺の内申書がカオスに成るんだよ!」
ドタバタドタバタドタバタ パキン
雛・J「(あ、くれよんが)」
雛王「・・め。この、悪魔め・・!貴様は地獄に落す!」
J王「元はと言えばうぬが悪いのであろう、手加減はせぬぞ・・」
雛王「くらえっ!無想陰殺!!!」ヒュバヒュバヒュバヒュバ
J王「くっ!中々やりおる・・!ぐほっあ!」ドバッ、ドバ
雛王「フハハハハハ!血が貴様の死に様を描いておるわ!」
J王「貴様ごときに、この技を使うとわ・・無想転生!!」
雛王「な、なんだこのプレッシャーは!」
J王「これで終わりだっ!ぬぅん!!」
雛王「くっ、不覚・・ゴハッ・・死に様を描くのは我の方であったのだな・・」
 ?
J「さっきは、ごめんな。これやるよ」
雛「これは何なのー?(ガサゴソ)あ!色鉛筆なのー!」
J「ああ、これぐらいしか用意出来なかった。ごめんな」
雛「いいの!雛これがいいの!ジュンありがとうなのー!」
 ?
真「雛苺が絵で大賞を取ったらしいのだわ」
J「へーどんなの描いたんだよ?」
真「タイトルが生と死らしいわ」