※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石「モジモジ…(ジュ、ジュンに今日こそこれを渡してやるです…!」
蒼星石「何してるんだい、翠星石?」
翠星石「あひゃあっ!そそそ蒼星石ですか!お、脅かすなですぅ…」
蒼星石「べ、別に脅かしてなんか(汗)それで君はこそこそ何をしていたんだい?」
翠星石「!! べ…別にぃ~ですぅ…。(恋文を後ろに隠す」
蒼星石「…またジュン君に渡そうとしてたのかい?」
翠星石「なっ、何をいいやがるですかぁ!だ、誰があんなチビ人間なんか!」
蒼星石「もうこれで何度目だよ。君はこういう時に勇気がない」
翠星石「あぅ…蒼星石…口が過ぎるですぅ…」
蒼星石「もういい僕が渡してあげるよ。ほら貸して!」
翠星石「や、やめるです!これはあんなチビ人間に渡す物じゃないですぅ!」
蒼星石「(ムッ)君はいつまでそうしてるつもりなんだ!」
翠星石「ビクッ!」
蒼星石「君とジュン君が一緒になるのが最良だと思って僕は…!」
翠星石「そ、蒼…」
蒼星石「(ハッ) ご、ごめん怒鳴ってしまって…じゃあ(スタスタスタ…」
蒼星石「スタスタスタ(僕だってジュン君の事が…)」
翠星石「蒼星石…」

翌日

翠星石「・・・・・」
蒼星石「・・・・・」
水銀燈「あらぁ…なぁにあの二人…いつも一緒にいるくせにそっぽ向いてるじゃなぁい」
真紅「翠星石の方は悲しそうな感じだわ。何かあったのかしら」
雛苺「うゆー喧嘩してるのー?じゃあ雛が仲直りさせてくるー!」
真紅「あっ待ちなさい雛苺!」
雛苺「トタタタ)ねぇ蒼星石~喧嘩してるのー?」
蒼星石「・・・・(ツーン」
雛苺「ねぇ蒼星石ってばー(ユサユサ」
蒼星石「・・・ゴソゴソ(ハサミを取り出す」
ベシ!
雛苺「…ぶゃおわぁぁぁぁぁん!」
薔薇「…私の勝ちよ。500円ね」
金糸雀「策士の格が落ちたかしらー!蒼星石があんな事するなんてぇ…」
水銀燈「雛苺のおばかさぁん…女の溝はそんな簡単に埋まるわけないじゃなぁい…」
真紅「…面倒になりそうね」

それから数日

翠星石「・・・・・」
蒼星石「・・・・・」
水銀燈「まだあの二人喧嘩してるのぉ…?」
真紅「そのようね」
薔薇「…もうあんなの見たくない…」
雛苺「うゆー雛もいやなのー。また仲良く遊びたいのー」
金糸雀「私ももう見てられないかしらー!」
真紅「…皆意見は一致しているようね。あなたはどうなの?水銀燈」
水銀燈「え…わ、私もあんな醜い関係はもう見納めにしたいわねぇ…」
真紅「決まりね。【翠蒼ルンルン仲直り作戦】を計画するわよ」
水銀燈「(…醜いネーミングねぇ)」
金糸雀「(なんてセンスのないネーミングかしらー)」
雛苺「(…かっこわるい作戦なのー)」
薔薇「(センスNEEEEEEEE!m9(^Д^)プギャー)」

─教室
翠星石「ショボン…」
トントン(肩を叩く
翠星石「?…真紅…それに雛苺、金糸雀」
真紅「…ちょっと話があるの私達と一緒にきて頂戴」
翠星石「・・・」

─廊下
蒼星石「スタスタ…」
バッ!
蒼星石「!?」
水銀燈「はぁーい」
蒼星石「水銀燈…薔薇水晶…君は…誰だったかな」
ベジータ「おぉい!冗談キツイぜ蒼嬢!俺こそはサイヤ人のおぅz
水銀燈「うるさい」
ベジータ「す、すまねぇ」
水銀燈「ちょっと話があるの」
蒼星石「なんの話だい?(察しはつくけど)今図書室に本を返しに行くところなんだ」
水銀燈「…ベジータ、代わりに返してきてあげてぇ」
ベジータ「な、なんだと!?サイヤ人の王子の俺にか!?」
水銀燈「いちいちうるさいわねぇ…あんたなんかおまけなのよ。さっさと行ってらっしゃい(真紅にジャンケンで負けなければこっちのグループに入らなかったのに…うるさいわね)」
ベジータ「お、おぉ…わかったぜ(の、罵られるのも悪くねぇ…!)」
薔薇水晶「シウマイ…」

未完