※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

み「カナ~ご飯できたわよ~!」
金「は~い!今行くかしら!」

み「…それで最近JUM君とはどうなの?」
金「どうって…別に何もないかしら。学校じゃ誰かがいつもJUMの周りにいるし…」
み「そんなとこだと思ったわ。カナったら色々考えてると他の子に先越されちゃうよ。」
金「でも…」
み「そんなカナのために今日会社でいいものもらったんだけどな~♪」
金「なになに?みっちゃん!」
み「じゃ~ん!遊園地の無料チケットよ!JUM君を誘って行ってらっしゃい。」
金「みっちゃんありがとうかしら!」
み「(フフッ…まだまだ私がいないとだめね)」
金(どうやってJUMを誘おうかしら…誰かに見られたら邪魔されるだろうし…)

J 「よお金糸雀。おはよう。翠星石と蒼星石見てないか?」
金「え!?あ‥おはようかしら!二人なら今日はまだ見てないかしら。」
銀「あらぁ知らないのぉ?あの二人はおばあさんが入院したとかで今日は休みよぉ。」
紅「幸いおばあさんの命に別状はないみたいだけど、二人は今日は付き添いに行ってるそうよ。」
J 「そうなのか。でもなんで知ってるんだ?」
銀「薔薇水晶が電波を受信したんだってぇ・・」
薔「・・・」
J 「・・・・・」

雛「それでね、それでね、今日みんなでお見舞いに行こうって話してたなの!」
巴「桜田君と金糸雀さんも来るわよね?」
J 「ああ僕も行くよ。金糸雀も行くよな?」
金「も、もちろんかしら。」
銀「決まりねぇ。じゃあ放課後に行きましょお。」


金「結局JUMを誘えなかったかしら…でも蒼星石たちも大変だし仕方ないわよね・・・」

(そして放課後、病院にて・・・)

J 「すみません。昨日入院した柴崎マツさんのお見舞いに来たんですけど、病室どこですか?」
受付「柴崎マツさんですね?301号室になります。」
J 「ありがとうございます。」

(コンコン・・)

翠「どうぞです。」


金「おばあさんが倒れたって聞いてみんなでお見舞いに来たかしら…翠星石だけ?蒼星石は?」
翠「蒼星石は爺さんと一緒に先に帰らせたです。付き添いは一人で十分ですし、爺さんを一人にするわけにもいかねーですから。」
銀「そうなのぉ。それで、おばあさんはどうなの?」
翠「今は眠ってるです。軽い脳梗塞で、2,3日で退院出来るそうです。」
紅「そう。大事に至らなくてよかったわね。」
雛「お見舞いも持ってきたのよ!はい!お花!」
巴「苺大福も買ってきたの。よかったら食べて。」
薔「あと・・・シウマイも・・・」
翠「みんなわざわざありがとですぅ。」


J 「じゃあ長居しても悪いし、僕たちはそろそろ帰るよ。」
翠「みんな今日はほんとにありがとうです。また学校で会いましょうです!」

銀「私たちの家はこっちだからここら辺でお別れねぇ。」
紅「それじゃ、また明日学校でね。」
薔「バイバイ・・・」

巴「それじゃ私と雛苺はこっちだから。」
雛「JUM、金糸雀また明日なの~!」

J 「ああ、また明日な!」
金「また明日かしら~。」


金(JUMと二人きりになれたかしら(////)誘うなら今かしら!)
J 「じゃあ、僕こっちだから。またな。」
金「あ、待ってJUM!今度の休日あいてるかしら?」
J 「今度か…別に空いてるぞ?」
金「あの、みっちゃんから遊園地の無料チケットもらったんだけど、一緒に行かない?」
J 「遊園地か…もうそんな年じゃないし‥」
金「だめかしら?(ウルウル)」
J 「(ドキッ)いや…いいよ。(そんな目で見られたら断れねーよw)」
金「じゃあ、今度の日曜9時に駅で待ち合わせでいいかしら?」
J 「ああ、わかったよ。じゃあまた明日。」
金「バイバイかしら~♪」

(そして日曜日・・・)

金「待たせちゃったかしら?」
J 「いや、僕も今来たとこだよ。じゃあ行こうか。」
金「うんかしら♪」


それから電車で30分ほど・・・二人は遊園地へと到着した。


金「到着かしら~!」
J 「遊園地なんて小学生の時に家族で来て以来だな…」
金「早速乗り物に乗りましょうかしら!」

金「まずはコーヒーカップに乗りましょうかしら。」
J 「いいぜ。行こう。」

金「そぉれ!」
J 「ちょ、おま、回し過ぎだって!それ。」

金「目が回ったかしら~」
J 「お前が調子に乗ってあんなに回すからだぞ!あークラクラする。」

J 「次はあれ乗ろうぜ!」
金「ジェ、ジェットコースターかしら…怖いかしら…」
J 「せっかく来たんだし乗らないともったいないよ。行くぞ!」
金「あっ!待ってかしら~」

(では安全バーをおろしてください。まもなく発進します)

金「結局乗っちゃったかしら…」

(ガタン・・・ゴトン・・・)

金「動き出したかしら!あっ…もうすぐ一番上…」

(ガタ・・・カタカタカタ…ゴーッ!!)

金「キャーーーーーーーー!!!」
J 「うわあぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーー!!!!」

(それでは安全バーが上がりましたら手荷物を忘れずにお持ち帰りください)

金「意外と面白かったかしら!JUMもう一回乗りましょ♪」
J 「いや‥僕は…もういいよ…」

金「次はお化け屋敷かしら…」
J 「子どもじゃあるまいし、お化け屋敷ぐらいで…ってうわ!(ギュッ)」
金「キャ!」
J 「ご、ごめん。ちょっとビックリして・・・」
金「(普通逆じゃないかしら…)」

金「(でもこんなJUMもかわいいかしら♪)」
(楽しい時間はあっという間に過ぎて行き・・・)

J 「そろそろ夕方だし、帰ろうか?」
金「待って!最後にあれに乗りましょう!」
J 「観覧車か・・・いいよ!乗ろう!」


係員「それじゃ閉めますよ」

金「この遊園地の観覧車って結構有名なのよ。」
J 「知ってるさ。一周に20分もかかるんだよな。」
金「うん・・・(20分間JUMと二人っきり・・・)」

金「ねえ・・JUM。隣に座ってもいいかしら?」
J 「ああ、構わないよ。」
金「それじゃ・・」
J 「・・・・」
金「・・・・」
J 「ほら見ろよ!あんな遠くまで見えるぞ!」
金「ほんと!カナたちの町まで見えてるかしら!」
J 「・・・・」
金「・・・・」
J 「(間が持たないな・・・)」

(・・・ギュッ・・)

J 「お、おい(////)」
金「お願い・・・少しだけこうさせて・・・」
J 「あ、ああ・・」

J 「もう頂上か・・・あと半分だな・・」
金「(JUMとこうしてられるのもあと10分・・・)」

(このまま時が止まってしまえばいいのに・・・でも・・このままじゃ・・・)

金「ねぇ・・JUM?」
J 「なんだ?」
金「カナね・・・JUMに言いたいことがあるの・・・聞いてくれる・・?」
J 「なんだ?言えよ。」
金「あのね・・・カナね・・・・JUMのことが・・・」

「        スキ        」

J 「(////)え?それ・・」
金「お願い・・・何も言わないで・・・このままいさせて・・・」
J 「え・・でも・・・僕は・・(////)」
金「お願い・・・」
J 「・・・・・」

係員「着きましたよ。どうかしましたか?」

J 「な、何でもありません。降ります!」

このまま二人は一言も交わすことなく帰路へつく・・・

金「じゃあね、JUM。今日は楽しかったかしら。」
J 「あ、ああ。僕も楽しかったよ。」
金「じゃあまた明日ね!」
J 「ああ・・・」
J (このままでいいのか・・?いや!いいわけない!)

J 「おい!金糸雀!待てよ!」
金「?」
J 「さっきのことだけど、僕はお前のことが・・・」
金「いや・・やめて・・・・・・言わないで!!!!!!!!!!」
J 「どうして!」
金「だって・・・だって!JUMの答え聞いちゃったら・・・もう元には戻れないもの!いつものJUMの笑顔が見れなくなっちゃうもの!だから・・だから・・・!!!」
J 「だったら・・・だったら何で僕に好きだって言った!!!」
金「でも・・・でも!!JUMのことが・・エグッ・・好きで・・大好きで・・ヒック・・どうしようもなかったんだもん!!!!!」
J 「・・泣くなよ・・・」
金「だって・・・だってぇ・・・・」

(・・・ギュッ・・・・)

金「!!!」
J 「頼むから・・僕の気持ちも聞いてくれよ・・・!」
金「・・・・・」

『   好  き  だ   』

金「・・・え・・?今・・なんて・・・」
J 「僕も金糸雀のことが好きだ!好きなんだ!」
金「・・・ほんと・・に・・・?」
J 「嘘なんかつくもんか!」
J 「お前は口では策士だなんて言ってるけど・・いつだって向こう見ずで失敗ばっか。いつも僕がついててやらなきゃって思ってた。」
金「・・・・」
J 「なんだろう・・手のかかる妹みたいに思ってた。・・いや、思おうとしてた・・・」
J 「でも・・今日お前が好きだって言ってくれてわかったんだ。僕もお前のことが好きだ!」
金「JUM・・・ふえ~~!!!」
J 「お、おい!何でまた泣くんだよ!」
金「わかんない・・わかんないけど・・・涙が止まらないかしらぁ・・・・」
J 「よしよし。わかったから。もう泣くな。」
J (やっぱり、僕がついててやらないとな・・・)

J 「おい、金糸雀!何やってんだ!遅刻するぞ!」
金「ちょ、ちょっと待ってかしら!まだ時間割終わってないかしら~!」
J 「お前なあ。急げよ!」

み「あら?今日からJUM君と一緒に学校行くことになったの?おあついわね♪」
金「(////)からかわないで欲しいかしら!それじゃ、いってきますかしら~!」
み「ふふ、いってらっしゃい。カナの今の笑顔、今までのどの笑顔より輝いてるよ・・」

J 「遅い!」
金「ごめんなさいかしら~」
J 「このままじゃ遅刻だ!走るぞ!(ギュッ)」
金「あっJUM!引っ張らないで欲しいかしら!」


学校へと走る少年。その少年に手を引かれながら屈託のない笑顔を浮かべる少女。
その二人の指には、お揃いの薔薇の指輪が朝日に照らされ輝いていた・・・


薔「計画通り(ニヤッ」
~Fin~