※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水「う~ん寒ぅい」
いつものようにカーテンを開ける水銀燈
水「わぁ雪だぁ、こんな日に学校なんてやぁなぇ」

~登校中
水「真紅達がいるわぁ」
ジ「よっ水銀燈」
水「おはよぉ」
ジ「今日は凄い雪だな」
水「そうねぇ(このままじゃ真紅達にはちあわせちゃぅ)」
ジ「どうした?学校に行くぞ」
水「ねぇジュン今日は学校さぼらない?」
ジ「えっ?」
いきなりジュンの手を掴む水銀燈
ジ「ちょっ」
水「どこか行きましょ」
ジュンの手を取り走り出す水銀燈
雪といういつもと違う今日を真紅達がいないいつもと違う今日にするために

ジ「どこに行くんだよ」
後ろを振り返る水銀燈
水(もう大丈夫ね)
そう思うと走る足を止めた
水「そうねぇ」
ザザッザザー
ジ「せっかくの雪が排気ガスで真っ黒だな」
水「……人がいない所」
ジ「人がいない所って言われても」
水「真っ白な綺麗な雪が見たぁい」
ジ「ん~分かったよ」
今度は水銀燈の手を取り走り出すジュン
水「ちょっちょっとぉ」
ジ「雪が溶ける前に急ぐぞ」
ギュッ
水「分かったわょ(///)」
ジュンに握られた手を強く握り締めた
せめて今だけはこの距離を離さないように…

水「まだなのぉ?」
ジ「もう少し」
水「ハァハァ…」

ジ「着いたぞ」
走る足を止め、水銀燈の手を力強く掴んでいた手を離した
水「えっ?…意外と近いのねぇ」
もっと遠い場所だと思っていた
いや、もっと長く手を繋いでいたかったかもしれない
ジ「どうだ?」
水「すごぉい」
目の前にはまだだれも足跡を残していない雪景色があった
ジ「ここならまだ人がいないと思ってな」
水銀燈はゆっくりと足を踏み出した
ジ「まった」
声と同時に右手が引っ張られた
その強い衝撃で水銀燈はジュンの方へ振り向き
そのままジュンの胸へ顔を埋めた
水「ジュッジュン?(///)」
ジ「実はなここ花畑なんだ」
水「えっ?」
そう言うとジュンは水銀燈の手を離し水銀燈が足を踏み出そうとした所の雪をすくった
水「あっ」
雪の下から小さな花が顔を出した
水「ありがとう」
ジ「何で?」
水「私もう少しでこの花を踏んでるところだったわぁ」
ジ「でもごめんな、水銀燈は雪が触りたかったんだろ?」
水「そんなことないわよぉ」
ジ「ならよかったよ」
水「それにしても綺麗な景色ねぇ」
ジ「そうだな」
誰もいないこの景色はゆっくりと流れていような気がした
この胸の鼓動とは裏腹に…
水「ねぇジュン」
ジ「なんだ?」
なにげなく振り返るジュンと目が合う
水「あっその…(///)」
ジ「顔が赤いぞ、風邪でも引いたか?」
トッ
水「あっ」
水銀燈の額にジュンの額が合わさる
ジ「少し熱っぽいな」
水(顔が…近い…この距離なら唇をくらい…)
ゆっくりと額を離すジュン
水(あっ)
ジ「風邪でも引いたのかな、そろそろ帰るか」
水「もう少しここにいたいわぁ」
ジ「あのな」
水銀燈の手を引くジュン
ジ「帰るぞ」
水「もぉ」

ジ「ちゃんと風邪治せよ」
水「そう簡単には治らないかもぉ」
ジ「具合悪いのか?」
水「ジュンがキスをしてくれたら治るわぁ」
ジ「そんだけ言えるなら平気だな」
水「なによぉ(恋の病はそれくらいしてくれないと治らないわよぉ///)」
ジ「また顔が赤くなったぞ」
水「またあの場所に行きましょ?」
ジ「風邪が治ったらな」
水「ジュンが一緒なら平気よぉ、この病なら…ね」
ジ「?」

水(また行きたいなぁ…今度は病を治して、彼氏と彼女として…)



~fin~