※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真紅  「ジュン、紅茶を入れて頂戴」
ジュン 「ティーセットまで持ってきて……何でわざわざ学校で飲もうとするかなぁ」
真紅  「ほら早く。休み時間が終わってしまうわよ?」
水銀燈「真紅ぅ、あんまりジュンをこき使ったら可哀想じゃない。別にあなたの彼氏ってわけじゃないんでしょ?」
真紅  「ジュンが私に尽くすのは当たり前じゃない。ジュンは私の大切な……下僕だもの」
ジュン 「だから違うっていってんだろ!? 仕方ないから面倒見てやってるだけだ!」
翠星石「その割にはいつも一緒に居るし……怪しいですぅ」
真紅  「しつこいわね。ジュンとは何でもないって言ってるでしょう?」
水銀燈「あらそう? じゃあ……わたしもジュン狙いでいっちゃおうかしら」
真紅  「――っ!? ちょ、ちょっと人の下僕を誘惑しないで頂戴!」
水銀燈「人使いの荒い真紅なんかよりぃ、べたべたに甘えんぼで胸も大きいわたしの方がいいわよねぇ?」
真紅  「ジュン! こんな胸の大きいだけの泥棒猫、きっぱり振っておしまいなさい!!」
ジュン 「そりゃあ……付き合うなら水銀燈の方が楽しそうだけどさ」
真紅  「そ、そんな………!?」
水銀燈「ほらぁ♪ やっぱり真紅なんかもうお払い箱なのよ!」

ジュン 「でも、真紅は一人じゃ何もできないもんなぁ。やっぱり僕が居てやらないと…」
真紅  「な、なによそれ……私が子供だっていうのっ?」
ジュン 「だってそうだろ。一人で街に出るとすぐ迷子になるし、何でもかんでもすぐ人を頼るし…」
ジュン 「お嬢様ぶってるけど、基本的にぐうたらなだけなんだよなぁ。誰かがお守りしてやらないと」
真紅  「お、おだまりなさいっ! ……なによ、下僕の癖に皆の前でレディを馬鹿にして…っ!」
真紅  「あなたの力なんか借りなくても、私一人で……っ!」
真紅  「ジュンッ、今日をもってあなたは解雇よ!! 後で泣いて謝っても遅いんだから……っ」
ジュン 「え、ほんとにいいのか? じゃあお言葉に甘えて、久々にのんびりするかな~」
真紅  「………え?」
ジュン 「何だよ真紅、やっぱり一人じゃ寂しいのか?」
真紅  「そ、そんな訳ないでしょ! もうあなたとは何の関係もないんだから、気安く話しかけて来ないで頂戴!」
ジュン 「はいはい…」
雛苺  「はぅ~~真紅ぅ! 宿題忘れてきちゃったよぉ! ノート見せて~?」
真紅  「あら、私もうっかりしてたわ。ジュン! ノートを…………あっ」
ジュン 「あれ? もう僕には頼まないんじゃなかったっけ?」
真紅  「くっ……! ひ、雛苺! ジュンのノートを奪ってきなさいっ」
雛苺  「うよーい」
ジュン 「結局僕の見るのかよっ!?」

きーんこーんかーんこーん…。
翠星石「やっとお昼ですぅ……ジュン、さっさと机をこっちに移動させて一緒に食うです!」
真紅  「やめて頂戴。…あんなのと一緒だと、おいしい食事も台無しだわ」
翠星石「まだジュンとケンカしてるですかぁ? でも真紅のお弁当、いつもジュンから…」
ジュン 「そうだよなぁ~。庶民の味をたしなむとかいって、毎日僕の姉ちゃんに作らせてんだもんなぁ」
真紅  「――っ!」
ジュン 「どうする? 弁当の為に謝るか、意地張り続けて弁当無しか…」
真紅  「兵糧攻めだなんて……卑怯なっ!」
水銀燈「うるさいわねぇ…落ち着いてヤクルトも飲めやしないわ。もう謝っちゃいなさいよ真紅…」
真紅  「………いいもの持ってるじゃない、水銀燈…?」
水銀燈「ひっ!? ………わ、わたしのヤクルトがぁ!? 返してぇ――!!」
真紅  「水銀燈の物は真紅のもの、真紅の物は……真紅のものよ! 覚えておきなさい」
水銀燈「わたしの乳酸菌がぁ……返してぇ………かえしてよぉっ!………ひっく…」
蒼星石「……なんかしんみりとしちゃったね」
翠星石「せっかくの昼食がぶち壊しですぅ。さっさと謝っちまうです真紅!」
蒼星石「ジュン君が居なくて困るのは君じゃないか真紅。学校以外でも、家族ぐるみでしょっちゅう一緒な訳だし…」
雛苺  「放課後は真紅一人になっちゃうよぉ? 独りぼっちはかわいそうなのぉ~」
真紅  「な、仲直りなんて必要ないわ! 別にジュンがいなくても、わたしにはくんくんさえ居れば…」
翠星石「そういえばくんくんの再放送、確か今日の今頃だったですね。真紅は録画……って、してる訳ねぇですか」
真紅  「ぬかりないわよ。昨日のうちに、ジュンに任せ……………はっ!?」
蒼星石「…何でもジュン君任せなんだね君は」
ジュン 「一応予約はセットしてあるけど……見る人がいないんじゃ、消すしかないなぁ」
真紅  「ちょ、ちょっとジュン待ちなさい!? 約束したのはケンカする前の昨日だから……まだ約束は有効のはずっ!」
ジュン 「そんなへ理屈が通るわけないだろ」
真紅  「うぅ……くんくんと会えないなんて、そんな…………ひっく……」
蒼星石「泣く程悲しいなら謝っちゃえばいいのに…」

蒼星石「じゃあジュン君、また明日」
水銀燈「ジュン、明日までに真紅と仲直りしなさいよね。わたしや皆が迷惑するんだから…」
真紅  「……ふんっ」

ジュン(んなこと言ったって…向こうが勝手にへそ曲げてるだけじゃないか)
ジュン 「…ただいまー」
のり 「あらジュン君、聞いたわよ?真紅ちゃんと喧嘩しちゃったんだって…」
ジュン 「何でお前が知ってるんだよ?」
真紅  「あら、遅いじゃないジュン」
ジュン 「な―――っ、何でお前が居るんだよ!?」
のり 「真紅ちゃんね、家の鍵落としちゃって、今晩ウチにお泊まりすることになったから」
真紅 「いつ来ても代わり映えのない狭い家だけど……一晩だけ辛抱してあげるわ」
ジュン「偉そうだなお前……っていうかっ!僕に頼らないとか言っておいて、よく顔出せたもんだな?」
真紅 「別にあなたに頼った覚えはないわ。のりに相談しただけだもの」
ジュン「こいつ……自分から近づくなとか言った癖に、何かにつけて僕の近くに寄ってくるな」
真紅 「……気のせいよ。わたしの通り道に、ジュンがぽーと突っ立ってるだけなのだわ」
ジュン「ああそうかよ…ったく付き合ってられないよ」
ジュンは真紅と離れた場所にあるソファーにどっかりと座り、正面のテレビを付ける。
すると、真紅がその後を追うように、ジュンの隣にちょこんと座る。
ジュン 「…………ついてきてるじゃん」
真紅 「くんくんを見るのに、この場所が絶好の角度なだけだわ。文句があるなら、あなたがどきなさいな」
ジュン「僕が先に座ってたじゃないか!?っていうか押してくるな!か、体が密着して…っ」
真紅 「あらやだ、幼なじみに欲情するなんて……節操ないわね」
のり  「昔は一緒にお風呂入った仲なのにねぇ」
ジュン 「関係無い話すんな!!!」

真紅 「いいお風呂だったわ、のり」
のり「あらぁ、お風呂上がりの真紅ちゃん色っぽぉ~い!ねぇジュン君?」
ジュン「僕にふるなよ…」
ジュン(……まあ、可愛いのは認めるけどさ)
真紅の濡れそぼった長い髪、シャンプーと混じって香る女の子の匂いに、ジュンはつい意識してしまう。
ジュン(いつもは僕が、あの綺麗な髪をすいてあげてたんだよな……)
自分は喧嘩中だから、やってあげる必要なんてない。
真紅は髪の手入れも人にやらせる、筋金入りのお嬢様だ。絶対自分からはやらないだろう。
なら、のりに頼むのだろうか。これからもずっと、自分以外の人に……?
真紅の髪のことで延々と悩む自分に、ジュンは呆れてしまう。
ジュン(……っていうか、何で喧嘩なんかしてたんだっけ…)
真紅 「なあに?人の髪をじろじろと……まるで、わたしの髪を梳きたくて、たまらないって顔ね?」
ジュン「だ、誰がっ」
真紅 「……してくれないの?」
ジュン「だぁっ! そういう顔するなよな! …ったく」
のり 「真紅ちゃーん、お電話よぉ~」
真紅は少し残念そうな顔を見せ、受話器の方へ駆けていった。入れ違いにのりが入ってくる。
のり 「真紅ちゃんのお父さんからだわ。また遅くなるから娘を宜しくですって」
ジュン「…なんで僕に話すんだよ。関係ないだろ」
のり 「ジュン君…仲直りしてあげられないかな?真紅ちゃん、きっと寂しがってるだけなのよ」
のり 「いつも広いお屋敷に独りぼっちだもの。その分、一杯いっぱいジュン君に構って欲しいのよ…」
ジュン「あいつからは、そんなこと一言も言わないじゃないか…」
のり 「これ、真紅ちゃんの制服のぽっけに入ってたの……ジュン君に渡しておくね」
ジュン「これって……家の鍵? なくしたんじゃ…」
のり 「周りを心配させたくないから、自分から寂しいなんて言えないのよ。他の人は無理でも、ジュン君だけはわかってあげて…」
ジュン「……あの意地っ張り」

二人きりのリビングで、お互い話すこともなく、ただ流れるテレビを眺めていた。
ジュン「…もう寝ないと明日辛いぞ」
真紅 「…ここで寝る」
ジュン「部屋はちゃんと用意してやっただろ?」
真紅 「だってあの部屋、ひとりだと薄気味悪くて…とても寝られないのだわ」
ジュン「…僕はもう寝るからな」
真紅 「………」
ジュンが部屋に戻り、真紅はリビングに一人取り残される。
テレビの音だけが響く寂しい空間に、真紅は堪えきれなくなり――。
真紅 「……………待って!ジュンッ……まって…っ」
泣きそうな顔を隠す余裕などなく、泣き声を堪えることもできず、必死にジュンのあとを追うと…、
リビングを出たすぐ先の所で、ジュンが待っていた。
ジュン「泣くほど寂しいなら、何で最初からそう言わないかな………」
真紅 「――ッ!? ジュン!! だ、騙したのね!?」
ジュン「騙したのはお前が先だろ。ほら、鍵」
真紅 「か、返しなさい!!馬鹿!バカ!このっ………おばかぁ!!」
ジュン「はいはい、どうせ僕がわるうございました…。お詫びに紅茶いれてやるから………もう泣きやめよな」
真紅 「なによっ………自分で泣かした癖にっ!あなたって本当に最低の下僕だわ!!」
真紅 「まったく…なんでわたしは、こんな気の利かない下僕なんかを………ジュンなんかを…っ」
ジュン「…下僕って、お前が勝手に言ってるだけだろ。僕はお前の考えてることなんか読める訳ないし……」
ジュン「下僕なんかじゃないから、ちゃんと口に出して言って貰わないと、気持ちなんて判らない」
真紅 「………言葉にさえすれば、してくれるのね?」
ジュン「……ものによるけどな」
真紅 「じゃあ、今日は……一緒の部屋で寝てちょうだい…」

真紅 「おやすみ、ジュン」
ジュン「…ったく、高校にもなって何で一緒に寝ようとか言い出すかな…」
真紅 「……」
ジュン「…真紅、寝たのか?」
真紅 「ん……ジュンッ」
ジュン(ッ!? 寝言で僕の名前を……?)
真紅 「探偵を辞めたくんくんなんて……くんくんじゃないわ………ただのノラ犬よ………すーすー…」
ジュン「何て寝言だよ……ほら、毛布乱れてるぞ」
親に抱かれた子供のように、安心しきった真紅の寝顔をじっと見つめる。
ガキの頃なら可愛いですんだかもしれない。でも、今は幼なじみでもあり、男と女でもある。
ジュン(意識するのはいつも僕ばっかりだ……)
真紅 「ん…」
ジュン「――ッ!?」
突然、真紅の両腕がジュンの首に絡まる。寝ぼけているのか、瞳は閉じたままだ。
ジュンは真紅に抱きしめられ、唇がくっつく寸前まで顔を近づけることになる。
ジュン「お前は……何でいつもそうなんだよッ」
言うこと聞いてやってるのは、可愛いから。自分だって男だ。下心がない訳無いじゃないか。
ジュン「僕の気持ちなんか知らん顔して、人を下僕だのなんだのって……」

真紅の小さな唇から目が離せない。
ジュン「下僕だなんて油断してるから……」
ジュンの唇が吸い込まれるように近づいていく。
真紅 「……ご褒美、欲しかったの?」
ジュン「っ!? し、真紅! お前起きて…」
慌てて飛び退こうとするジュンを真紅は離さず、ジュンの唇を奪う。
子供の頃から見慣れた真紅の唇が今、自分の目の前に…。
真紅 「ん……あっ……はぁっ…………………ジュンのキス、妙に手慣れてるけど…まさかあなた」
ジュン「…初めてに決まってるだろ」
真紅 「そう……なら、こんな甘くておいしいキス……今後も他の娘になんかしては駄目よ?」
ジュン「何でお前にそんなこと、決められなくちゃならないんだよ。付き合ってる訳でもないのに…」
真紅 「あら、わたしに仕える報酬としてキスを望んだのはジュンの方じゃない」
ジュン「ぼ、僕はそんなこと…っ」
真紅 「もう遅いわ。報酬を受け取ってしまったのだから……これから一生かけて働いて貰わないと」
ジュン「一生って、お前…」
真紅 「…言い方が気に入らないのなら言い直すわ。ちゃんとお願いすれば、聞いてくれるんでしょ?」
真紅 「これは命令じゃなくて真紅からお願い……ジュン、ずっとわたしの側にいてちょうだい?」