※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水「ねぇ、ジュン一緒にカラオケに行きましょぉ」
真「たまには良いわね」
水「ちょっと、真紅ぅ」
翠「しゃーねーですね、私も行ってやるです」
水「しょうがないならぁ、来なくてもいいわよぉ」
蒼「たまには、僕も行きたいな翠星石着いて来てくれる?」
翠「(ナイスです蒼星石)蒼星石の頼みなら仕方ないです」




ジ(俺が行くのは決定なのか?)

薔「……」
ジ「?、薔薇水晶も一緒に行くか?」
薔「……いいの?」
ジ「全然大丈夫だよ、な?」
水「そうねぇ多い方が楽しいわぁ(こうなったら一人も二人も一緒よぉ)」
真「別にいいわよ(敵は水銀燈と翠星石だけよ)」
ジ「そういう事だし薔薇水晶も行くだろ?」
薔「……うん」
翠(強敵かもしれねーです)
水「なら、行きましょぉ」



雛「あっちは盛り上がってるの」
金「誘われなかったかしら」
雛「うにゅ~」
金「私たちだけでカラオケに行こうかしら」
雛「カラオケに行きたいの」
金「なんか寂しいかしら」

~カラオケ~
水「どれにしようかなぁ」
ピッ
ジ「決まるの早いな薔薇水晶」
薔「……うん、知ってる曲少ないから」

薔「まだー言わないで」

翠「うまいです」
真「意外だわ」

熱唱しながらみんなを様子を眺める薔薇水晶
ジ「本当うまいな」
そんなことを言いながら薔薇水晶の方を見るジュン

目があってしまった

薔「!!……なんて鎖のように重い(///)」

水(アニソンなのに……油断したわぁ)

薔「どうだったかな」
ジ「よかったぞ」
薔「……ありがとう」

真「やばいわね」
水「こうなったらぁ」
ピッ
真「こっこれは」
翠「やばいです」

水「あんまりそわそわしないでぇ」
ゆっくりとジュンに近付く水銀燈
水「あなたはいつでもキョロキョロぉ」
ジ「ちっ近くないか?」
とっさに自分が歌う曲を選ぶ振りをして水銀燈を見ないようにした

蒼「歌詞の通りになってきたね」
翠・真「!!!」

ジュンの顔へ水銀燈の顔が近寄る
水「好きよぉ好きよぉ好きよぉ」
水銀燈の唇はジュンの耳をとらえる
水「うっふぅん」
ジ「おまっ」
真「ちょっと水銀燈近すぎよ」
水「あら、いいじゃないカラオケなんだしぃ」
翠「関係ねーです」
水「たちが輝くぅ……」
翠「歌をやめて離れるです」

水「ジュン私の歌どうだったぁ?」
ジ「あっああ、よかった……よ」
水「本当にぃ?」
真「つっ次は誰が歌うの?」
人のいいジュンの返事は誰もが分かっている
それに対する水銀燈の行動も分かっていた
水(抱きつこうとしたのにぃ、真紅ったら間が悪いわぁ)
その考えは水銀燈の顔に出ていた
真(分かりやすいのだわ)
勝ち誇った真紅微かに微笑んだ
その笑みを水銀燈は見逃さなかった
水(ムウ……)

ジ(なんだこの空気は……)

翠「蒼星石も歌うです」
真「蒼星石なら安心ね」
蒼「僕はあとでいいよ、それに恥ずかしいし」
チラッ
ジュンの方を見る蒼星石
真(まさか!蒼星石までも!?)
翠(今まで姉の私をあざむいていたですか)

ジ「カラオケなんだし歌おうよ、知らない人がいるわけじゃないし俺も蒼星石の歌声が聞きたいな」
蒼「……分かったよ(///)」
水(まさかの伏線だわぁ)

蒼「それじゃあ……」
ピッピッピッピピッ
蒼「あっ間違えちゃった、取り消し取り消し」
ピッ
蒼「間違えて送信しちゃった」
ジ「せっかくだから間違えて入れた歌を歌ってみれば?それもカラオケの醍醐味ってな」
蒼「そうだね」


~続く
真「本当に間違えたのかしら」
翠「蒼星石は頭がいいですから」
水「あやしいわぁ」

ジ「何を歌おうとしたんだ?」
蒼「スピッツ」
ジ「スピッツ……か、俺も好きだよ」
蒼「そうなんだ(///)」

真(ジュンの趣味を調べていたのかしら)
翠(まさかの裏切りですか)
薔(……私も言われたいな)

…あっ愛し合う
蒼「どうしよう」
ジ「蒼ガンバ」
蒼「うん、――さくらんぼ~」


~続く
翠「チビ人間にスピッツなんて作者の趣味を押し付けるなです」
真「それにしても蒼星石の話は長いわね」
水「でも作者は大塚 愛の歌詳しくないからすぐ終わるわぁ」
薔「……久々にセリフあった♪」

ジ「ちょっとトイレ行ってくる」
バタン
真「次はこの曲でジュンの心を」
翠「次は私が歌うです」
水「あらあら、残念ねぇ作者が飽きてきたのよぉ」
真「まさか!?」
翠「そんなの嘘です」
蒼「けど、僕の歌カットされたし」




金「私たちの扱いの方がヒドイかしら(T_T)」
雛「うにゅ?」


~続く
薔「……物語は加速する」

「……の~……」
ジ「おっ歌ってるな」
部屋に入ろうとするジュン
水「ジュン」
後ろを振り向くと水銀燈の姿があった
ジ「トイレか?」
水「あっいやその……気分……そう、気分が悪くなってねぇちょっと外の空気に当たってこようかなってぇ」
ジ「大丈夫か?」
水「大丈夫じゃないかもぉ、ジュンも来てくれない?」
ジ「いいけど、真紅たちに一言声をかけ……うわぁ」
水銀燈はジュンの手を握り外へ向けて走り出した
ジ「お前元気じゃないか?」
しかし、握られていた手は冷たく少し震えている様な気がした

ここは……公園……か?
ジ「ハァハァ……どこだよここ?」
水「知らないわぁ」
ジ「あのな」
背を向けたまま話す水銀燈
水「実はねぇ……ジュン私ぃ……」
彼女の声が震えてる気がした
水「実は……」
言葉が出ない
これを言ったらあの頃に戻ることは出来ない
でも……
水「私ねぇ実は……」
ジ「ゴメン」

こうなることは考えていた
でもまだなにも言えてない
水「嫌、そんなの……いやよぉ」
気持の整理をしたはずだった
こんな顔は見せたくなかった
水「……ヒグ……なっなんでぇ?」
何で聞いてしまったのだろう
聞きたくない返事が脳裏に浮かんだ
今すぐ逃げ出したい、こんな泣き崩れた顔を見せたくない
でも、ジュンの返事を待っている自分がいた
ジ「実はな……」
水「いや、聞きたくない」
顔を伏せてしゃがみこんだ
ジ「実は俺……好きなやつがいるんだ」
予想通りだった
それは私の求めていた返事ではなく……

ジ「俺水銀燈が好きなんだ」
水「……ヒグ……何よぉ」
ジ「ゴメン、誤解するようなことを言って、でもこーゆーのって普通男がするもんだろ?」
水銀燈は立ち上がりジュンの方を向いた
さっきまで避けていた彼を……
ジ「泣かせちまってゴメンな」
水「もぉ、さっきから謝ってばっかぁ」
ジ「そうか?ゴメン」
水「ふふっ、おばかさぁん」
涙で霞んでいても彼の顔だけは瞳に映る
ジ「でも、泣いてる水銀燈もかわいいな」
水「なによそれぇ」
ジ「戻ろうか」
水「うん」
二人はカラオケへ向かっていった
今度は彼の方から手をさしのべて……

~fin~