※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼「(あれは、ジュン君。何を急いでるんだろう?)」
J「や、やっと見つけたぞ。蒼星石!ぜひとも頼みたいお願いがあるんだ、いいか?」
蒼「まあ、お願いを聞いてみない事には、なんとも」
J「抱きしめさせてくれないか?」
蒼「い、今?(な、何言ってるんだろ?」
J「そう、今、ここで!」
蒼「う、うん。いいけど・・(人通りが無いって言っても、ここ廊下なのに////」
ダキィ
J「・・・ああ、癒される」
蒼「あ、あの。そろそろ人来るかも・・(あああ、もう。こんな所だと恥ずかしいよ/////」
J「あと、3分だけ・・」
蒼「う、うん////」





蒼星石・自室
蒼「んージュン君のアグラの上は座り心地悪いな」
J「そう言われましても、当社としては最良の座り心地をご提供できるよう、日夜努力しておりますので・・」
蒼「ごたくは聞きたくないなー。それに胸板も結構硬いし・・」スリスリ
蒼「・・・ほら、僕の頭を撫でてくれないかな。・・チョップは駄目だよ?」
J「ああ、分かった分かった」ナデナデ
蒼「うーん、気持ちがいいよ・・膝枕ってのも、中々いいね」
J「こらこら、膝枕は良いけど。くすぐったいからそんなに暴れるなってw」ナデナデ
蒼「やだよーんー気持ちいなー」
ガチャ
翠「二人ともクッキーが出来たですよ、一緒に食うで・・・・す・・・」




蒼・J「!!!!!!!」





修学旅行
J「ほら、蒼星石。もう消灯だぞ。部屋に帰らなくてもいいのか…?」
蒼「けど……いつもならこの時間まだジュン君といるのに…むぅ…」
J「ほら、そんなにほっぺた膨らますなよ…子供みたいな奴だな…」
蒼「だって……」
J「そりゃ俺だって蒼星石とずっと…朝までいつもみたいに居たいけど…」
蒼「折角の旅行なのに…いつもより一緒にいれないなんて…おかしいよ…」
J「……そんな事言われても…」
蒼「そうだ!僕がジュン君の部屋に行けばいいんだね。僕男の子みたいだから、きっとバレないよ♪」
J「………いいいいいやそれは駄目だ!!」
蒼「どして?」
J「だってもし梅岡に見つかったら…」
蒼「僕は別に構わないよ♪」
J「…それに……お前の事…僕は男っぽいなんて思ってないから…男部屋になんて…連れて行けない…」
蒼「……本当…?」(すりすり)
J「もちろんだよ…ってそんなに甘えるなよ…」
蒼「だって今日の分が…足りないよ…。」
J「はいはい…旅行終わったらいっぱいさせたげるよ…ったくもう…」
蒼「本当?絶対だよ?!わーい。」
J(あれ…何かおかしいな…?





「ほら、蒼星石。もう消灯だぞ。部屋に帰らなくてもいいのか…?」
ベタベタとストロベリーしている中、ふと気づきたずねる。
「けど……いつもならこの時間まだジュン君といるのに…むぅ…」
非常に不満そうな顔。いやいや乍ら、体を離す。
「ほら、そんなにほっぺた膨らますなよ…子供みたいな奴だな…」
「だって……」
目の前の寂しそうな表情に思わず心揺さぶられるジュン。
頬を膨らませる目の前の少女は可愛い以外の何物でもない。
「そりゃ俺だって蒼星石とずっと…朝までいつもみたいに居たいけど…」
思わず本音が飛び出る。…二人きりなのだから問題はないが、何か違う気がした言葉。
「折角の旅行なのに…いつもより一緒にいれないなんて…おかしいよ…」
―これが本音か、建前かジュンにはわからない。むしろ本音であってほしいと思うほうが強い。
「……そんな事言われても…」
流石に一緒に寝るというのは抵抗があった。―この場でなければ望んだのだが。




「そうだ!僕がジュン君の部屋に行けばいいんだね。僕男の子みたいだから、きっとバレないよ♪」
とんでもない提案にかなりの動揺。
「………いいいいいやそれは駄目だ!!」
「どして?」
そして拒否。尋ねられたところで今言えることとしてはひとつしかない。
「だってもし梅岡に見つかったら…」
流石に修学旅行でそれはまずいだろう。スキャンダルに近い。が、
「僕は別に構わないよ♪」
非常に強い。拒絶する要素はなく仕方がないと言った感じで言葉を返した。
「…それに……お前の事…僕は男っぽいなんて思ってないから…男部屋になんて…連れて行けない…」
「……本当…?」
ジュンの言葉に嬉しそうな笑顔。一度は離れたが、また頬をよせ甘えだす。
「もちろんだよ…ってそんなに甘えるなよ…」
「だって今日の分が…足りないよ…。」
今日の分、という言葉に何か疑問を感じるが、無意識に返事を返してしまった。
「はいはい…旅行終わったらいっぱいさせたげるよ…ったくもう…」
「本当?絶対だよ?!わーい。」
本気で嬉しそうな表情を見てふと我に返る。
(あれ…何かおかしいな…?)
気づいても後の祭りだが。





修学旅行~バス移動~
蒼「いやー窓際使わせて貰って悪いね、ジュン君」
J「ああ、気にするなって。それよりポッキー食う?」
蒼「あ、ありがとー。・・・これって、僕とポッキーゲームがしたいって事?」
J「いやいやいやいや、ここバスの中だし。多分皆に見られちゃうし!」
蒼「ムキにならないでよ、流石に冗談だよ」
J「だ、だよね・・(蒼星石はいつも本気で言うから安心出来ないんだよ・・」
~20分後~
J「いや、やっぱり羊を数えるアレは見張り役がしてるんだよ」
蒼「僕は違うと思うな、あれはそこら辺の子供が見てると思うんだけど」
~30分後~
蒼「ははは、そうだよね、、痛っ」
J「ど、どうした?」
蒼「め、目にゴミか何かが・・痛い・・」ゴシゴシ
J「あーいかんいかん!目を擦ったら駄目だよ」
蒼「でも、目痛いし・・涙が、出てくるよ」
J「ああ、分かったから。ちょと動くなよ(キョロキョロ)誰も見てないよな・・」ペロ、コリュコリュ
蒼「わ、わわ(ジュ、ジュン君の舌が僕の目を)」
J「・・・ん、これでどうだ。もう痛くないだろ?」
蒼「ホントだ、ありがとう・・チュッ」
J「ちょ!誰かに見られてたら困るってw」
蒼「大丈夫大丈夫、誰も見てないよ。それにジュン君はもっと凄い事してたんだよ?」
J「いや、まあ。否定できない訳でして・・」





inネズミーランド



蒼「今日は一日自由行動だね、ジュン君♪」
J「うん…」(何か凄く嬉しそう…意外だな…)
蒼「ジュン君、耳、耳!!一緒に着けようよ!!」
J「えっ……!!」(勘弁してくれよ…)



蒼「わーい。お揃いお揃い!!」
J「……」(泣きたい……)
蒼「……どうしたの…?僕とお揃い…嫌だった…?」(泣きそうな顔をして耳を外そうとする)
J「えっ…そ、そんな…お前とお揃いが嫌なわけ無い!!」(男一人で耳着けるのテラハズカシス!!)
蒼「そっかぁ…良かった。じゃあ今日は一日中お揃いだねっ!!」
J「あ、あぁ…」(ってあれ…?また…)



J「って僕もう疲れたよ…ネズミーランドって何でこう広いし、何処に言っても人が多いんだ…」
蒼「う~ん…まぁ仕方ないよ。あっ、パレードやってる!!ミッキーだミッキーだ…」(ぴょんぴょん飛び跳ねるがよく見えないらしい。」
J「っしょっと…これでちょっと見える?」(腰を持って抱き上げ)
蒼「うん!!あっミッキー格好良い~僕ミッキー大好き!!」
J「えっ?!僕よりも…?」(身体を降ろして目線を合わせて)
蒼「………どっちだと思う?」(じぃっと目を見て…)
J「えっ……」(絶対僕って言ってくれると信じてたのに…ミッキーめ…)



蒼「……僕…ミッキー好きだよ…」
J「…ガーン」(マジデ?)
蒼「……でもジュン君も好き…だからミッキーの耳付けてるジュン君大好き!」
J「良かったホッとした…」(って更に外せない状態に追い込まれてません?」




ベ「くそぅ…あいつら仲良さそうに耳なんか付けやがって…」





銀「納豆っておいしいわよねぇ~♪」
紅「私はあんまり好きじゃないわ」
翠「ご飯に良く合うから好きですぅ」
雛「あんまり好きじゃないの~」



テクテク
ベ「ん?この声は銀嬢達?何を話してるんだ?」
蒼「ボクも好きだなぁ。あのねばねばして舌にねっとりからみつく感じが」
ベ「(ねばねば・・?舌に絡みつく?)」
雛「でもとっても臭いのぉ~雛臭いの嫌いなの~」
ベ「(く、臭い・・!?いやいや・・・まさか・・・)」
蒼「あの匂いがいいんじゃないか!・・・そそられるよ・・・」
ベ「(そ、蒼嬢がそんなことを!?)」
銀「そして何より口に入れると広がるあの苦味・・・いいわぁ・・・」
ベ「(お、女だけになるとこんな話をするのかぁ!?)」



シコシコシコシコシコシコシコ
ベ「蒼嬢があんのが好きだったなんて・・・待ってろ蒼嬢!今飲ませてやるからな・・ハァハァ」
ガラッ
蒼「なっ・・・何してるんだい?ベジータ・・・」
ベ「待ってろ今だして・・・ウッ!」
ドピュ  ピチャ
蒼「何これ・・・・」
ベ「さっき蒼嬢達が話してたじゃないか。これが好きなんだろう?」
銀「あらぁ、それって納豆の話よぉ・・・・やっちゃったわねぇ、ベジータ・・・ウフフ♪」
ベ「え・・・」
蒼「ベジー・・・・タ?」



ベ「これからが本当の地獄だ・・・」





ー修学旅行ー
(旅館にて)
蒼「JUM君は明日の京都市内の自由見学誰といくの?僕かい?僕はまだ決まってないよ」
J「ん~、一応笹塚とベジータで一緒に見学する」
蒼「そっか…笹塚君とベジータ君ね」
J「どうかしたのか?」
蒼「ぃ、いや!何でも無いいぃよ!」
(翌日)
J「あいつら二人おせえなぁ、もう出発時間だぞ、何やってんだ?」
レイザーラモンHG「おーい桜田、昨日の夜遅く救護室にベジータと笹塚が運び込まれたんだ」
J「…え?」
レイザーラモンHG「そういうわけで他の人とテキトーに組んでくれ。見学、楽しんでこいよフォオオオオオオオオオオ!」
蒼「JUM君、余ったのかい?偶然だね、僕もそうなんだ」
J「…まさか」
蒼「どうしたのJUM君、そんなに見つめないでよ」
J「……」
蒼「あ、タクシー来た。さぁ行こうかJUM君」





修学旅行~最終日・夜~
J「流石のベジータと笹塚も最終日まで有線放送を見る体力は残ってなかったか・・」
J「まあ、俺も。寝ようかな・・(最後の日ぐらい、何かしたかったな」



ピリリリリリリ(着信:蒼星石)ピッ



J「どうした?蒼星石、もしかして寂しくなって俺の声でも聞きたかった?(今日は先手を打つ!」
蒼「ははは、その通りだよ。よく分かったねw」
J「ところで、何の用なのかな?もう消灯時間過ぎてるぞ?(先手打っても負ける訳ですね」
蒼「今から、会えないかな?屋上が使えるんだけど・・」
J「いや、流石に。今から出歩くのは・・無謀くないですか?」
蒼「・・・そう、だよね・・ごめんね、変な事言って・・・じゃ、又明日ね・・」
J「いやいやいや、ごめん。今すぐ行くから!ちょと、待ってて」
蒼「ほ、ほんと?ジュン君は優しいね、屋上で待ち合わせしようよ。鍵は開けてるから。遅れちゃやだよ?」
J「わかった、じゃ、又あとで!」



ガチャ ギー パタン



ヒュオオオオオウ
J「結構、寒いな・・。おーい蒼星石ー、何処に居るんだ?」
蒼「えいっ、ジュン君捕まえた!もう、遅いよ2分も待っちゃった」
J「ごめんごめん。これでも急いだんだけど・・それと、首に絡みついた腕とってくれない?結構絞まってる」
蒼「わ、ごめんよ。ジュン君に会えたのが嬉しかったんだ・・ごめんね」
J「い、いや、いいよ。むこうの椅子の方に行かないか?(上目使いが、可愛いなw」



J「よっと。ほら、蒼星石も寒いだろ?もっと近づけよ」
蒼「うん(スリヨリスリヨリ)んージュン君温かい、今度から僕の専属湯たんぽだねw」
J「俺で良かったら、構わないよ。ところで、何の話があるんだ?(可愛いなーくそ」
蒼「話はないよ?」
J「え、じゃあ何の用だったの?」
蒼「用って・・僕はただジュン君と一緒に居たかっただけだよ、だめ?」
J「あーいや、駄目じゃない。むしろ良いよ、凄く」
蒼「ジュン君もそう思っててくれたんだ、嬉しいw」スリスリ
J「俺も最後の夜ぐらい蒼星石と一緒に居たかったしね」ナデナデ
蒼「もう、くすぐったいよ。僕も最後の夜ぐらいジュン君の耳を噛みたかったし・・」カミハミ
J「ん、今日は優しいな。(俺を跨ぐ形で座られるのは、エロイよなw」
蒼「一晩中噛んむから・・・強くしたら耳が駄目になっちゃうよ・・」ハミハミ
J「はは、そいつは気合入れないと大変だ」







バスの中
翠「蒼星石、ポッキー食べないですか?  って、二人とも寝てるです」
真「旅行中の疲れが出たのよ、寝かしといてあげなさい」
翠「二人とももたれ掛かる形で寝やがって気持ち良さそうです」
真「ふふ、そうね・・」



J「zzz」
蒼「zzz」





登校中
蒼「ジュン君、手繋いで行こうよ」
J「えーでも登校中だし・・」
蒼「でも、ほら。温かいよ?繋いでたら」
J「まあ、それはそうだけど・・皆に見られたら・・」
蒼「'僕の'ジュン君なのに・・僕の言う事何でも聞くって言ったジュン君なのに・・」
蒼「・・そうだよね。'足を舐めろ'とか言う男女の事なんて聞けないよね・・」
J「あーほんと、勘弁してください。手繋ぎますんで」
蒼「ほんと?悪いなー、なんか催促したみたいで」
J「まったく、教室に入るまで放さないからな、この手」
蒼「ふふ、望む所だよ(何だかんだ言って、僕の事嫌わないのがジュン君の良い所だよ」





枕を持った蒼星石。少しモジモジしながら。
蒼「ねぇ、今日 一緒に寝ちゃ駄目かな?」



蒼「うん、ありがとう。君って優しいんだね。」



蒼「久しぶりだね一緒に寝るの。(////)」



※わざと行を空けています。






翠「蒼星石ー、もう寝たらどうですかぁ?」
蒼「ま、まだ大丈夫だよ……それに絶えず保守しなくちゃ、VIPPERがガッカリするでしょ」
翠「そんなの放っとけですよ、早く寝ないと体に毒――」
蒼「――スー……スー……」
翠「あーあ、寝ちまったですぅ。……しょうがないですねぇ」




翠「保守ですぅ」





蒼「ほら、もう朝だよ起きなよ」ユサユサ
蒼「もう仮面ライダーも終わったよ?」ユッサユッサ
J「・・・」
蒼「ねえ、ほら。僕一人起きてても寂しいじゃないか」ユッサユッサユッサ
J「・・・zzz」
蒼「・・・・」ガリィ!
J「痛っ!!!・・・あ、ああ。おはよう蒼星石」
蒼「おはようジュン君、やっと起きたね」
J「その、起こして貰っておいて言うのもアレなんですが。俺の耳噛んだ?」
蒼「さあ、どうかなー(起きないジュン君が悪いんだよ」





J「あー髪伸びたな。そろそろ切りに行かないと(あの親父下手なんだよな、店変えてみるか・・」
蒼「あ、それなら僕が切ってあげようか?」
J「蒼星石が切ってくれるのか?(まあ、ちょうど良かったかな」
蒼「うん。なんなら噛んでカットしてあげても良いよ?」
J「あ、いや。普通でお願いします」

蒼「はい、じゃあ行きますよ」
チャチャチャチャ、チャキチャキチャキチャキ
J「(す、凄い。完全に職人の手つきや!)」
蒼「(はあ、本当は歯で切りたかったんだけどな・・)」
チャキチャキチャキチャキチャキ、チチチチ、チョキン
蒼「はい。出来たよ」
J「おお、凄い上手だよ!(あの床屋の親父より上手いじゃないか!」
蒼「そりゃ、毎日ジュン君の顔を見てるから。似合う髪型も分かるよ」
J「じゃ、お代をお支払いしますわ」
蒼「お金は良いから。耳を噛ませてね」
カミカミカミカミカミ、ハムッ、チュチュ、レロッ
J「(は、激しい!ま、まるで職人のようだ!)」