※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『水銀燈とお昼かしらー?』

ある日、学校にて
金「これはマズいのかしらー…」
水「あらぁ?金糸雀じゃなぁい。どうしたのぉ?」
金「あっ、水銀燈!助けてほしいかしらー!」
水「お…おちついてよぉ…。いったい何がどうしたのぉ?」
金「あ、えーと…実は、今日のお弁当忘れた上にお財布まで忘れて八方ふさがりかしらー!」
水「うふふっ。なぁんだぁ。だったら私と一緒にいらっしゃいな」
金「え?いいのかしらー?」
水「今日はジュンと一緒にお昼食べる約束してたんだぁ♪だから二人分のお弁当三人で分けましょ♪」
金「うれしいかしらー!」

]そしてジュンの教室前まで来た二人
水「ねぇベジータぁ。ジュンは何処ぉ?」
ベ「ん?あいつは今日は休みだぜ。なんでもインフルエンザなんだと」
水「ええ~…一緒にお昼食べに行こうって言ってたのにぃ」
ベ「よし、なら俺が代わりに…」
水「だが断るわぁ」
ベ「(´・ω・`)」
水「まぁ仕方ないわねぇ~。じゃあ、二人で食べようかぁ。金糸雀ぁ」
金「そうするかしらー!」

自分達の教室に戻ってきた二人
金「水銀燈のお弁当楽しみかしらー!」
水「うふふっ。はい、どうぞぉ♪」
金「わぁ!おいしそうなのかしらー!」
水「ふふふっ。たんと召し上がれぇ♪」
金「いただきまーす!かしらー」
水「…どお?おいしい?」
金「うんっ!すっごいおいしいかしら!」
水「ありがとうねぇ~♪」
金「でも…ジュンに作ってあげたお弁当、カナが食べちゃってごめんねかしらー…」
水「あらあらぁ、そんな事気にしなくていいのよぉ。あなたは私の可愛い妹なんですものぉ。助け合ってこそ、姉妹でしょう?」
金「水銀燈…。ありがと…かしら////」


おしまい


 

『銀x金のマターリなお話』

※この話は俺がいつも書いてる『銀x雛マターリ』の話とつながってたりするお
あと、カナとヒナは一緒に住んでたりするお
後付け多くてスマソwww

ある晴れた昼下がり
水銀燈はヤクルトを飲みながらワイドショーを見ていた
と、そこへ…
『ピンポーン』
水「はぁい。どちらさまぁ?」
ガチャ
金「す…水銀燈~!助けて欲しいかしら~!」
水「えっ?金糸雀ぁ。どうしたのよぉ?」
金「雛苺が…熱を出して、寝込んで、ええとぉ……とにかく大変かしらー!」
水「なんですってぇ!わかった。今行くから!」

水銀燈は金糸雀に連れられて、彼女たちの家に入った
金「水銀燈つれてきたかしらー」
雛「あ…水銀燈なのー…」
水「雛苺…大丈夫なのぉ?」
雛「えっとね…なんか頭がポヤーッとしてるのー…」
水「そう…熱は計ったのぉ?」
金「もちろん計ったかしら。39.2℃だったかしらー!」
水「九度二分かぁ…。わかったわぁ。私が看病してあげるぅ!」
金「本当に!よかったかしらー!」
雛「水銀燈…ありがとなの~」
水「いいのよぉ。大事な妹の一大事ですものねぇ。ほっとけないわぁ」

居間に来た二人
水「そうと決まれば金糸雀ぁ、ちゃんとお手伝いしてねぇ~」
金「当然かしらー!まずは何したらいいかしらー?」
水「そうねぇ~。雛苺はご飯食べたのぉ?」
金「食欲ない。って言ってたかしらー」
水「うーん…お薬飲む前に何か食べた方がいいわぁ。そうねぇ…お粥でも作りましょうかぁ」
金「わ、わかったかしらー!」

キッチンに場を移した二人
水「金糸雀ぁ、冷蔵庫のご飯使っちゃっていいのぉ?」
金「全然かまわないかしらー」
水「じゃあ、これでお粥作っちゃいましょう。ラップ取って…うつわ移して…お水入れて…レンジに入れて…」
金「手慣れてるかしらー」
水「うふふっ。そうかなぁ?」
『チーン』
水「できたわねぇ~。あとは、梅干し乗せて出来上がりぃ♪」
金「あっと言う間かしらー!」
水「じゃあ、これは金糸雀がもってお行きなさいな」
金「わかったかしらー♪」

お盆の上にお粥と水と薬を乗せ、金糸雀は雛苺の部屋に入った
金糸雀の後に続いて水銀燈も入ってきた
金「雛苺~。入るですよ」
雛「うゆー。金糸雀なのー」
水「雛苺ぉ。お薬飲む前にこれを食べた方がいいわぁ。おなか空いてるときにお薬飲むのは余り好ましくないわぁ」
雛「うゆー。わかったなのー」
金「カナが食べさせてあげるかしらー!」
雛「金糸雀…ありがとなのー。水銀燈も~」
水「うふふ。早く治るといいわねぇ」
金「はい、あーんするかしらー」

水「さて…お薬飲んだし、そろそろ眠った方がいいわぁ」
雛「うん…もう、ねむいなのー…」
金「後の事はやっておくから、ゆっくり休むかしらー」
水「うふふっ。おやすみなさぁい」
水銀燈は、そう言うと雛苺のおでこに「チュッ…」と短くキスをした
雛「えへへ…。おやすみなのー」

雛苺が眠った後
水「さぁて…。金糸雀ぁ、濡れタオルとお水入れた洗面器持ってきて頂戴」
金「わかったかしらー!」
水(雛苺が眠ってる間は…このくらいしてあげないとねぇ…)
金「持ってきたかしらー!」
水「ありがとねぇ。あなたも少しお休みなさいな。お夕飯作ったら呼ぶわぁ」
金「え、でも…水銀燈ひとりで大変かしらー」
水「大丈夫よぉ。安心なさぁい」
金「うん…。わかったかしらー…」

そして、水銀燈は夕食を済ませた後も雛苺に付きっきりで看病した。
時たま雛苺が目を覚ますと
「大丈夫よぉ。すぐ良くなるからねぇ~」
と、雛苺の事を安心させていた。
あとはひたすら額の濡れタオルを替えたり、汗まみれの寝間着を着替えさせたりしていた。
そして翌朝…
雛「うゆー。朝なのー…」
目覚めた雛苺が見たものは、ベッドにうつ伏せになって寝息をたてる水銀燈の姿だった。
金「水銀燈、夜中ずっとあなたの看病していたかしらー。カナも少し手伝ったかしらー」
雛「水銀燈…金糸雀…ありがとうなの…」
金「その台詞は治ってから言うべきかしらー」


おしまい


金「水銀燈~。お願いがあるかしらー」
水「金糸雀じゃなぁい。どうしたのぉ?」
金「至急、水銀燈の助言が欲しいかしらー」
水「私でよければ手伝うわぁ。ほら、おっしゃってごらんなさいな」
金「あのぅ…私にお化粧してほしいかしら…」
水「お化粧?」
金「今度ジュンとお出かけするから、きれいになりたいかしらー!」
水「うふふっ。そう言うことだったのぉ」
金「何とかないかしらー?」
水「いい?あなたは今はまだそんな事しなくてもいいくらいきれいなの。ありのままの貴女で十分よぉ」
金「そうなのかしらー…」
水「そんな残念そうな顔しないのぉ。…そうだぁ。じゃあ私の口紅つけてあげるわぁ。………………はい。どぉ?」
金「見違えたかしらー…」
水「自信ついたぁ?」
金「ばっちりかしらー!」


夕暮れ

私と貴方の影がのびる

長く…長く……永く……………

この時間と共に永く永く

繋いだ2人の手には小さな鈴の音


りぃんりりぃん


鈴の音が夕焼け空に響く


とある春のお昼休み。暖かい日差しと気持ちのいい新緑の風が吹き抜ける屋上。そこに、二人はいた。
雛「ねぇ、すいぎんとおぉ…」
銀「なぁに?」
雛「少し相談に乗ってほしいの…」
銀「相談なら巴に乗ってもらえばいいじゃなぁい」
そう言いつつも、普段の雛苺からは想像もつかないおとなしい仕草に、水銀燈は少し驚いていた。
雛「うゅ…。巴には聞きづらいの…」
銀「あらぁ、珍しいわねぇ。いつもなら『トゥモエェー!』なんて言いながらタックルしてるのに」
雛「…」
黙り込んだ雛苺を見て、水銀燈は少しばつが悪くなった。
銀「まぁいいわ。で、何なの?」
少しの間の後、決心したように雛苺が口を開いた。
雛「最近、ジュンと巴が一緒にいるのを見ると胸が苦しいの。ヒナ、病気なのかなぁ…」
銀「…」
あぁ、そういうこと。
水銀燈は驚きと同時に、少しずつ心が成長していく雛苺を嬉しく思った。
銀「病気、ねぇ。確かに病気といえば病気かもね」
雛「やっぱりヒナ、病院に行った方が良いのかなぁ…」
自分を何かの病気だと思い、今にも泣き出しそうな雛苺。そんな様子を見て、水銀燈は少し笑ってしまった。
雛「ひどいのぉ!ヒナ、ほんとに悩んでるのにぃ!」
抗議の目線を向ける雛苺。それを水銀燈は優しく、包み込むように見つめ返す。
銀「おばかさぁん」
雛「ふぇ?」
ポンポンと雛苺の頭をたたいた後、ブロンドの透き通るような髪の毛をなでてやる。

銀「雛苺は巴のこと好き?」
雛「好きぃ!」
いつもの元気で返してくる雛苺。
銀「じゃあ、水銀燈のことは?」
雛「好きぃ!」
銀「真紅は?」
雛「好きぃ!」
銀「翠星石や蒼星石、金雀鳥、薔薇水晶のことは?」
雛「みんな好きぃ!!」
銀「じゃぁ、ジュンの事は?」
今まで元気に返事してた雛苺の体が少し強ばるのを、なでていた髪越しに水銀燈にも伝わってきた。
雛「…うん、ジュンも好きなのぉ…」
何故そんな返事になってしまうのか、雛苺自身戸惑っている様だった。
銀「水銀燈達を好きと思う気持ちと、ジュンを好きと思う気持ちは同じ?」
目線を雛苺と合わせ、正面から見るようにして問いかけてみる。
少しの間、困ったように視線を泳がせた後、雛苺はポツリとつぶやいた。
雛「少し違う気がするの…」
その答えを聞いた水銀燈は、優しく雛苺に微笑みかける。
銀「わかってるじゃなぁい。それが分かってれば、そのうち胸の痛みが何なのか分かるわよぉ」
雛「でも、ヒナは病気…」
銀「おばかさぁん。病気じゃないわよぉ」
そう言うと、水銀燈はもう一度雛苺の頭をポンポンとたたく。
銀「それはねぇ、『煩い』っていうのよ」
雛「わずらい…?」

小首をかしげる雛苺。頭の上にハテナマークが飛んでいるのが手に取るようにわかる。
銀「そうよぉ。だから別に心配しなくてもいいわよぉ。誰でも一度は経験するのだから」
雛「ホント!?」
今までの表情とは打って変わって、いつもの雛苺の笑顔がそこにはあった。
雛「すいぎんとぉ、ありがとうなのぉ!」
そういうと雛苺は水銀燈に抱きついた。
銀「こらぁ。水銀燈は巴じゃないのよぉ。やめなさぁい」
雛「えへへ。水銀燈は優しいから大好きなのぉ!」
水銀燈の胸に頬擦りをしている雛苺。その光景を「何だろう?」という視線で周りの人が見ている。
銀「ほらぁ、離れなさぁい。周りの人が見てるわよ?」
雛「えへへ…」
一応離れたものの、隙あらば抱きつこうとしているオーラが雛苺から出ていた。
そのオーラを感じ取った水銀燈は内心苦笑する。
銀「まぁいいわぁ。折角だから、今日の帰りでもいつもの店行ってみるぅ?」
いつもの店とは雛苺の大好きな「うにゅう」の置いてある店だ。
事あるごとに、雛苺は誰かとその店に行っている。
雛「うん!!行くぅ!!!」
いつも以上の元気な返事が返ってきた。
キーンコーンカーンコーン・・・
そこで束の間のオアシスが終わりを告げた。

雛「すいぎんとぉ、行こう!!」
銀「あっ、こらぁ!」
思いっきり手を引っ張られ、水銀燈は不意打ちを食らった形になり、少しよろけた。
雛「はやくぅ!」
銀「はいはい、仕方の無い子ねぇ」
いつもの雛苺、いや、いつも以上の雛苺の元気に半ばあきれた様に水銀燈は返事をする。
銀(私もおばかさんよね…。ライバルを助けるなんて…)
誰にも聞こえないよう、心の中でポツリとつぶやいてみた。
銀(ほんとにおばかさぁん…)
そんな水銀燈の心を知ってか知らずか、外は暖かい日差し、気持ちの良い風が吹いている。
ただ、周りは授業の準備に追われ、少し慌しくなっていた。

おわり。