※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真母「真紅ーご飯よー」
J「お母さんよんでるよ、いかなくていいの?」
真「いいの、しんくはジュン君のそばがいいの!」

何処にでも居る仲の良い幼馴染。
そして、時は経ち。高校生・・

J「ちょ、待ってくれよ真紅、歩くの早すぎ」
水「なら早く歩きなさい。これじゃあ遅刻するわ・・まったく」
J「お前がどうしても全クリしたいゲームがあるからって言うから徹夜、付き合ったのに・・」
水「その件は感謝してるのだわ。まあ、それに免じてゆっくり歩いてあげるわ。感謝なさい」

思春期のいざこざも何のその、二人は親友に成っていた。



教室
べ「なあ、ジュン君。君はあの超美人の真紅の幼馴染らしいじゃないか・・」
J「そうだけど、今更如何した?前から知ってる事だろ?」
笹「だから、さ。チョトぐらい浮いた話あるんだろ?」
べ「ホラー映画を見た後『怖くて一人じゃ寝れないの・・一緒に寝てくれる?』とか」
笹「『今日は親が居ないから、家に泊まりに来ない?』とか、そう言うのは」
べ・笹「ないのかいっ!?」
J「へっ?ないよ」
~1分経過~
べ「きぃぃぃぃぃぃ、この馬鹿野郎がっ!あんな美人な幼馴染が居るんだぞ?間違いの一つぐらい起こすだろ!?」
笹「いや、起きるだろ!!僕なら・・うへへへへ(妄想にトリップ)」
J「いやいや。俺と真紅はだな(ry」

巴「真紅ちゃん・・凄い人気ね」
真「まったく、困った物だわ」
巴「でもさ。真紅ちゃん、本当はジュン君と付き合ってるんじゃないの?」
真「?この私がジュンと?そんな事ないのだわ。おかしな巴。うふふ」
カッパの皿が太陽電池だと聞いたかのように笑う真紅
巴「(ムッ)じゃあ。誰か好きな人でも居るの?」
真「そうね・・サッカー部の白崎さんなんて、良いわね」
巴「あの白崎さん?もしかして告白するのっ!?」

各々好きな話題で盛り上がる面々。そして、放課後


J「よう、真紅一緒に帰ろうぜ。今日こそはトランプタワーを完成させよう」
真「ごめんなさい。今日はちょと残らないと駄目なの。先に帰ってくれるかしら?」
J「ま、そう言う日もあるよな。じゃ、先に帰っとくよ、又な」
真「またあした」
 ↓
真「よし、これで終わりね(・・すっかり、遅くなっちゃったわね…)」

ガラガラガラ

白崎「なあ、真紅。ちょと話があるんだが・・いいよな?」
真「し、白崎さん・・(憧れの先輩が私に話し?)」
白崎「行き成りだが。俺と付き合ってくれないか?」
真「えっ・・で、でも・・私先輩の事良く知らないし・・」
白崎「よし、なら明日は休みだし俺とデートしよう。それで考えてくれ」
真「だが断る」
白崎「(゚д゚)」
終われ