※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀「生徒会室行くわよぉ、ジュン」
J「なんで僕がっ。行かないぞ!」
銀「ダメよぉ。おサルさんを野放しに出来ないわぁ」
J「分かったから!引っ張るなって!」
銀「期待してる癖にぃ、素直になりなさぁい、ジュン」
J「バカ言うなっ!……行くなら、さっさと行くぞ」

ガララッ――
銀「ここは他の教室と離れてるし、人も来ないのよぉ」
J「……水銀灯。まずいって」
銀「あらぁ?まずいって、ジュンはどんなことを想像してるのかしらぁ?」
J「なっ、おまえ、そりゃあ……人気のない教室で二人きりって言ったら……なぁ」
銀「うふっ。ジュン、かわいいわね」

翠「ダメです!!」

J「なっ!翠星石!」
翠「後をつけて来てみれば、二人とも何してるです!不潔です!」
銀「あらぁ、お邪魔虫が来ちゃったわぁ」
翠「虫とは何です!」
銀「お仕置きはまた今度みたいね、ジュン」
翠「キィー!まだ言うですか!」
銀「ヒス女は怖いから退散するわぁ。またねぇ。(……頑張るのよ、翠星石)」
翠「またはないです!」
J「す、翠星石」
翠「……ジュンは、水銀灯が好きなんです?」
J「ぼ、僕は別にっ」
翠「す、翠星石じゃ、翠星石じゃあ、だめですか?」
J「もちろんOKに決まってるじゃないか。HAHAHA!さぁ二人で薔薇色の未来を築いていこうZE!」





食事中

翠「あ。蒼星石動くなです」
蒼「どうしたの?」
ヒョイ パクッ
翠「ご飯粒ついてたですよ、蒼星石はヤンチャな子供みたいですぅ」
蒼「ありがとうwそれにしても、翠星石が作ってくれたお弁当は美味しいよ」
翠「私が毎朝愛情込めて作ってるですから当然ですぅ!」
蒼「ふふ、いつも有難うw」


J「それにしても、微笑ましい光景だ・・」
べ「(お、俺の役割を取られた・・!?)」




翠「見たですよ」
J「何をだよ?」
翠「とぼけるなです! 昨日蒼星石と二人で映画館からでてくるのを見たです!」
J「……ありゃお前に断られた蒼星石がだな――
翠「翠星石の知らないところで仲良くなってたなんてずるいです!」
J「聞けよ」
翠「よりにもよって蒼星石とだなんて……ジュンにそんな趣味があったなんて知らなかったです!」
J「……おーい、変な方向にいってるぞー」
翠「うるさいです! お前に翠星石の気持ちなんて解らないのです!」
J「とりあえず僕がものっそい失礼な事を言われている事と、
  お前が実の妹の事をどう思っているかはよく解った」




蒼「今から後期役員を決めます、皆必ずどこかに入るようになっています、進んで立候補してください」
ジ「じゃあ保健委員で…」
蒼「ほかに保健委員になりたい人はいますか?……なら、保健委員はジュン君に決定です」
翠「…チビ人間が保健委員はたよりねーから翠星石も保健委員になってやってもいいです」
蒼「ごめんね翠星石、保健委員の枠は一人なんだ、シ゛ャンケンでもして決める?」
翠「べっ別にそこまで保健委員になりたくねーです(チラッ)」
ジュンの方を見る
蒼「ふふっ…じゃあ翠星石には図書委員をお願いするね」
翠「蒼星石勝手に決めるなです」
蒼「特になりたいのは無いんだよね?」
翠「それはそうです…けど……」
蒼「なら決まりだね」


蒼「これで全ての役員が決まったね」
翠「結局図書委員になっちまったです…」

~放課後図書室~
翠「人もいねーし暇です」
カ゛タッ
ジ「……」
翠「チッチビ人間なっ何しに来たです」
ジ「何って本を見に来たに決まってるだろ」
翠「そっそれくらい分かってるです」
ジ「それよりちゃんと図書委員の仕事してるのか?」
翠「当たり前です」
ジ「ならおすすめとかはある?」
翠「これとかどーです」
ジ「これは読んだけどなかなかよかったね」

翠「ならこれはどーです」
ジ「これも読んだね」
翠「チビ人間少し読みすぎです」
ジ「ほとんど毎日来てるからね」
翠「毎日なんてやっぱりチビ人間はダメダメです…(まさか蒼星石これを知ってて図書委員にしたですか?)」
ジ「んっ?どうした翠星石?」
翠「どっどーもしてねーです」
ジ「まあいいや今日はこれて読もうかな」

ジ「……」
翠「……(///)」



J「やっと昼飯だよツカレタ」
翠「いただきますですぅ…ってぇ!JUN!そのお弁当だよですぅ!」
J「何ってお弁当だろ」
翠「真っ白ですぅ!信じられないですぅ、栄養足りないですぅ!
しょうがないから私のおかずあげるですぅ」
J「…」
ツン「な、何ですぅ…?あっ!ば、馬鹿ですね、別にJUNのことなんてなんとも思ってないですぅ!
ホラ、さっさと食べるですぅ……」
J「…」

J「うるさい」
翠「………え?ですぅ」
J「いくらのりがブスだからってそんなこというなんて最低だな」
翠「そ……あ…」



翠「あら、薔薇水晶。何食ってやがるです?」
薔「オブラート」
翠「そ、そうですか」
薔「あげるわ。あなたには必要でしょう」
翠「生意気に皮肉を言うですか!」
薔「皮肉を言いたくなったからわざわざ買ってきたの……オブラート」
翠「……ぷっ。とんだ暇人ですぅ。薔薇水晶」
薔「うふふ」
翠「私は大丈夫ですけど、冗談が通じない奴にやるんじゃないですよ」
薔「わかったわ」
翠「……ところで、オブラートっておいしいです?」
薔「私は、好き」