※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『調理実習』

翠「ジュン!てめぇ何入れやがったですか!?」
蒼「これ、赤ピーマンじゃなくてハバネロだよ……」
雛「目が痛いの~」
J「間違えたんだから仕方ないだろ。大体、なんで調理実習の材料にハバネロが混じってんだよ」
真「先生は保健室に行ったわ。これ以上の試食は無理ね」
翠(ん?……これはチャンスですぅ!!)
翠「しゃーねーです。ジュン、代わりにてめぇが試食やるですぅ!!」
J「何で僕が!」
翠「問答無用ですぅ!!」
J「ンガッ!!…………ん?何だ、美味いじゃないか」
翠「と、とーぜんですぅ。ナメんじゃねぇですぅ!」

銀「フフッ。確かに上手いわねぇ」
翠「そこっ!勝手に食うなですぅ!」
銀「でも甘いわねぇ。とぉっても」
翠「……ルーは中辛ですぅ」
銀「フフフ……ジュン。私のも一口どうぞぉ」
J「ムグ……へぇーこっちも凄いな。味がまろやかって言うか」
銀「隠し味にヨーグルトを使ったのよぉ。お気に召したかしらぁ?」
翠(この女狐ぇ!ジュンも何べた褒めしてるですかぁ!!)

蒼「やっぱり乳酸菌なんだ……」

金「次はカナかしらぁ」
J「へぇ~、グリーンカレーか。凝ってるな」
金「フフフ。この金糸雀に不可能はないのかしらー!!」
真「おかしいわね……金糸雀。貴女、普通のルーしか入れてなかったわよね?」
金「え?何かおかしかったのかしら?」
真「…………」
J(普通に美味いんだが、これで良いのか……?)
銀「確かに不可能は無かったわねぇ」

蒼「じゃ、次は僕の」
J「……うん、ちょっと辛口だけど、美味いよ。凄く」
翠「当然ですぅ!!」
J「何でお前が得意気なんだよ」
蒼「ちょっといつもより時間もかけれなかったし、調味料もいつもと違うんだけど……」
J「へ~、料理するんだ」
蒼「意外、だったかな……?」
J「全然。蒼星石は良い奥さんになれるぞ」
蒼「な、何言ってるんだよ!!」(ベチャ)
J「目、目が!!目がぁぁぁあああ!!」

J「次は誰だ?」
雛「次は雛なのー!」
銀(な、何事も無かったかのように……)
J「ん?まさかとは思うけど、この白いの……」
雛「うにゅーなのー!!」
J「 や は り か 」
蒼「ちょっと待って、雛苺。今日の食材に苺大福なんか無かったよね……?」
雛「無かったから自分で作ったのー」
J「おっ、フルーティで意外とイケるな。これ」
雛「生地も固めに作ったから煮崩れないのー!!」
翠「な、何て無駄に手が込んでやがるですか……」

J「次は?」
真「…………」(コトッ)
金「いよいよ本命かしらー♪」
真「お黙りなさい」
金(め、目がマジなのかしら………)
J「ん、じゃあ…………」
真「…………」
J「……不味くは、ない」
真「そ、そう………」
J「でも上手くなったよな、お前。上達したよ」
真「……!」
銀「あぁらあら」
真「次はその口に“美味い”と言わせてあげるわ」
J「ははっ、期待してるからな」
真「望む所よ」

J「さて、次で最後か……最後は」
薔「ん」(ドチャッ)
J「こ、これは……」
翠「…うげぇ、ですぅ」
銀「本当の真打ち登場ねぇ」
真「死に水は取ってあげるわ。ジュン」
雛「のりには雛から言っておくのー」
料理「グォァァァァァァ……」
薔「召し上がれ」
J「待て、一個おかしかった。絶対おかしかっ
                          うわぁぁぁぁぁぁ」
金「ここからが本当の地獄かしら……!!」


あれから2週間後・・・
J「やれやれ、ようやく昼飯か・・・」
蒼「ジュンくん、お弁当はどうしたの?」
J「今日は購買で買って来るけど?」
翠「そ、それならこれを食べるですぅ!」
 二人はそういってひとつの弁当箱を持ってきた。
J「何これ、お前たちが作ったのか?」
翠「あ、当たり前ですぅ!」
蒼「二人分のつもりが余っちゃったからさ、一緒に食べてよ」
J「それじゃ遠慮なくいただくかな。お前ら双子が料理うまいのは前の調理実習で分かったし。」
翠「余計な事言ってないでとっとと食うです」
J「はいはい、それじゃ・・・」
3人「いただきま~す」
J「もぐもぐ・・・うん、うまい!前のとはまた違う味だけど、いけるよ!」
蒼「そ、そう?」
翠「当然ですぅ!」
J「それにしてもドライカレーなんて、こんなものまで作れるなんて器用だよなあ」
蒼「調理実習の時のカレーよりおいしく作れたかな~、なんて・・・」
翠「そんなことないです。前の方が―むぐぅ!」
蒼(いいから黙ってて、翠星石!)
J「ルーの辛さも俺好みで・・・って知ってたのか?」
蒼「う、うん!僕の作った料理を食べてくれた人の好みは忘れないよ・・・な~んてね♪」
翠(蒼星石無理してないですか?)
J「・・・なあ、ところでさ。なんでお前たちの弁当は野菜炒めなの?」
蒼「ギクッ!え・・・え?」

J「さっき確か余ったからって・・・」
蒼「えっと、それはね・・・」
翠「このカレーは薔薇水晶が作ったからですぅ~!」
蒼「ちょっと、翠星石!」
J「なんだそうか・・・って、え!?薔薇水晶が?」
翠「そうですぅ!薔薇水晶はあれからずっと料理の練習をしていたんですぅ!」
J「そ、そうなのか・・・?」
蒼「・・・うん、そうだよ。あの日の放課後、僕たちのところに料理を教えてくれって来たんだ。」
 それを聞いてジュンはすぐに立ち上がり、教室の中に薔薇水晶の姿を探す。
J「薔薇水晶!」
翠「あそこです!扉の影ですぅ!」
 ジュンがそちらを見ると、薔薇水晶が真紅達4人の薔薇乙女達に押されて、扉の後ろから出てきたところだった。
薔薇「あ、えっと・・・おいしかった?」
J「ああ。本当においしかった。だから今度は、一緒に食べよう?」
薔薇「・・・・・・ありがとう」


『水銀燈の誕生日』

ある日の学校の帰り道
薔「ね、銀ちゃん…」
水「ん?どうしたのぉ薔薇水晶?」
薔「もうすぐ、銀ちゃんの誕生日…だよね?」
水「えっ?ああ~そうねぇ。もうすぐだわぁ」
薔「もしよかったら…私の家に来て。…一緒にいたいな。祝ってあげたいな」
水「薔薇水晶…。うふふっ。うれしいわぁ♪」
薔「ほんと…?きてくれる…?」
水「ええ。お邪魔させてもらうわぁ」
薔「…やったぁ♪」

一方その頃下校途中の雛苺と金糸雀

金「もうすぐ水銀燈の誕生日かしらー」
雛「うゆー?そうなの?」
金「ヒナは大事なお姉ちゃんの誕生日も覚えてないのかしらー?」
雛「う…ちゃんと覚えてるのよー!」
金「どうかしらー?」
雛「うゆー…」
金「とにかくっ!もうすぐ大事な姉の誕生日。となれば私たちで盛大に祝ってあげるべきかしらー!」
雛「うゆー。ヒナもがんばるなのー!」
金「当日は私達の手料理で水銀燈をびっくりさせるかしらー!」
雛「あいとーなのー!」

数日後、休み時間の教室にて

雛「金糸雀~。ヒナたちだけじゃやっぱりムリがあるの~」
金「慌ててはダメかしらー!…でもそれも一理あるかしら…」
雛「…そうだー!誰かに手伝ってもらえばいいのー!」
金「誰かって…誰かしらー?」
雛「やっぱりここは水銀燈と仲良しの薔薇水晶なのー!」
金「なるほど~かしらー」

雛「ね~ね~薔薇水晶~」
金「ちょっと相談があるかしらー」
薔「雛苺…金糸雀…?どうしたの…?」
雛「もうすく水銀燈の誕生日だよね」
金「私たち二人で水銀燈に手料理を作って驚かせてあげたいかしらー」
薔「そうなんだ…。うん、銀ちゃんの誕生日は…知ってる」
金「だったら話は早いのかしら!私たちを手伝ってほしいかしらー!」
雛「ヒナもお願いするのー」
薔「うん…いいよ。…あ…でもその日…銀ちゃん私の家に呼んでる…」
金「な、なんだってー!かしらー」
雛「うゆー…」

薔「あっ…。だったら二人とも私の家においでよ…。お料理…私の家でして銀ちゃんに食べてもらお…?」
金「それはいいアイディアかしらー!」
雛「でもいいの?薔薇水晶」
薔「わたしは…かまわないよ。二人もいた方が銀ちゃん、もっと喜んでくれると思う…」
金「決まりかしらー!あとは当日に材料を買っていくだけかしら」
雛「うゆー!楽しみなのー!」
薔「あ…、真紅たちも…呼んじゃう?」
雛「うゆ?そんなに呼んで大丈夫なのー?」
金「呼べるに越したことはないのかしら。彼女たちも大事な薔薇乙女の姉妹なのかしら!」
薔「ふふふ。きまり…だね♪」
金「楽しみかしらー!」
雛「ヒナがんばるなのー!」

そしていろいろあって水銀燈の誕生日当日。
学校が終わると雛苺と金糸雀はスーパーマーケットで食材を買って薔薇水晶の家に直行。即、料理の準備に入った
一方薔薇水晶は水銀燈と繁華街をぶらついて時間をつぶしていた
(真紅、翠星石、蒼星石は全ての準備が整った頃に薔薇水晶の家にくるよう呼んであった)

薔(そろそろ…時間かな?)
薔「ね、銀ちゃん。私の家…いこ?」
水「そうねぇ…そうしましょうかぁ♪」
薔「うん…!」
水「うふふっ。薔薇水晶って…優しい子ねぇ」
薔「それほどでも…ないよ…(/////)」

水銀燈たちはようやく薔薇水晶の家に着いた
薔「ドア、銀ちゃんがあけて」
水「?いいわよぉ」
(ガチャ)
水銀燈がドアを開けると同時に中から『PAM!PAM!』とクラッカーが鳴らされた。雛苺と金糸雀だ。
金「お誕生日おめでとうかしらー!」
雛「おめでとうなのー!」
水「二人とも…」
薔「ふふふっ。銀ちゃん、おどろいた?」
水「ええ。みんな…ありがとうねぇ…」
金「驚くのはまだ早いのかしらー!」
雛「さぷらいずがまだあるなのー!」
水「まだ…?」
薔「銀ちゃん。中、入って♪」

薔薇水晶の家に入り、リビングの扉を開けた水銀燈は再び驚くことになった
真「おめでとうなのだわ水銀燈」
翠「おめでとさんですぅ」
蒼「誕生日おめでとう水銀燈」
水「みんなぁ…。私、うれしいわぁ…」
雛「ほらほら、早く席についてなのー!」
金「このはなまるハンバーグとか卵焼き、カナたちがつくったのかしらー♪」
雛「二人でがんばったのよー」
水「うん…うん…ありがとぉね…」
薔「銀ちゃん…泣いてる…?」
水「そっ…そんなことないわぁ…。さぁ、雛苺と金糸雀の力作をいただきましょ♪」
私は今、とても幸せだ
だってこうして私の誕生日を姉妹みんなが祝ってくれてる
真紅、雛苺、金糸雀、翠星石、蒼星石、そして薔薇水晶
みんなみんな、私の大事な妹たち
これまでも、これからも…


朝部室に行ったら真紅がドロボー対策に買った金庫が寂しく置いてあった…そこからの続き
ジュ「んじゃ朝買ったクリームパン入れさせてもらうよ、ロッカーもう一杯なんだ」
ジュ「どうせ昼休みは部室に来るからな」
真「そうね、私も弁当を入れさせてもらうわ」
薔「(……冷蔵庫買えば……良かったのに……)」
カチャッ そうして金庫の扉を閉じた

-時間が過ぎ昼休み-
ぐーぐー
二人の腹の音が鳴る
ジュ「腹減ったなー真紅、本当に腹減ったな~」
真「そうなのだわ お腹ペコペコだわマジペコなのだわ」
二人「食うぞ----ッ!!!」二人の周りにキラキラした物が舞い、笑顔で部室に向かい走り出す
真「昼御飯…それは至福の時…」
ジュ「支配からの解放」真「夢のひとときw」
ジュ「満たされる心w」
ジュ「溢れる笑顔w」
真「あぁ…こんにちは弁当」
部室につく二人
金庫の前に座り
金庫を開けようとする真紅

真「開かない!!何故なの!?」
ジュ「なにーーーーーーーー!!!」

真「誰かの悪戯なのかもしれないわ…ダイヤルがめちゃくちゃだわ…」
ジュ「な……!ちくしょうどうするんだよ真紅!!中は無事なのかよ!!」
しばしの沈黙、何かを決断した顔で言う
真「……もったいないけど壊して開けるわよ!」
ジュ「そうか…ようし」ガン!ガン!ガン!ガン!バットで金庫を殴る二人
ジュ「うぉぉぉぉぉ!!」真「それ それ あれ それ」
なかなか開かない金庫にキレたジュン
ジュ「クソガァァ!!」
どぉーん、窓ガラスをぶち破る金庫
ジュンが重い金庫を投たのだ
ジュン「駄目だ!!こんなもんじゃビクともしない!!」
真「こうなったら徹底的に破壊するのだわ!!」
これでもかと言うほど金庫を殴る真紅
真「はーーーーーー!!」
ドカドカドカドカ
金庫を持ち上げ屋上から投げ飛ばすジュン
ジュ「ぬうぅぅぅぅ!!オルァ!!」
どごーん!!
地面に叩き付けられる金庫
それを車ではね飛ばす真紅、クシャクシャになる金庫
ジュ「ハァハァ…やったか?」
真「ここまでやれば開くでしょうね」
ジュ「なんで?」
真「いつもジュンにやる事を全てたたき付けたのだわ!流石に原型留めて無いわね」
ジュ「(それで生きてる俺って一体…)」
…静かに金庫が開く
ベ「これが本当の地獄か………パタリ」
J「ベジーターーーーー!!!」
~終


『テストの時間』

J(今回のテストは結構上出来だな……)
J(見直しも終わったし……ん?)
雛「~♪」
J(鼻唄交じりにお絵描きかよ。しかもクレヨンまで出してるし)
J(金糸雀は……?)
金「………!!!!!」
J(あれは……解答欄がずれてたな。今から消してて間に合うのか?)
グシャッ
J(あっ。破れた)
金「…………グスッ」
J(金糸雀頑張れ。超頑張れ)
蒼「…………」
J(蒼星石は見直し中か。姉の方は……)
翠「ZZZZ」
J(寝てんのかよ……!)
翠「なぁにするですかぁ。ジュンのえっちぃ………むにゃ」
J(人を勝手に変態にすんな)
蒼『翠星石。起きて。起きてってば』(ユサユサ)
J(どっちが姉だよあいつ等は……)

J(水銀燈は……)
銀「……?」
J(あっ、こっち見た)
銀「(ニコリ)」
J(……中指立てながら笑いかけてきやがった……)
真「……?……??」
J(何か不調そうだな)
J(あっ。こっちに気付いた)
真「~♪」
J(『絶好調だわ』ってフリだな。だが真紅。こんな所で見栄張っても意味無いぞ)
薔「…………」
J(へぇ~、アイツはもう完璧っぽいな。微動だにしてない)
J(って解答用紙白いぞ!?何考えてんだ……?)
薔「…ハッ、……?……??」
J(あいつ、テスト開始する前からずっと寝てたのか……)

後日

先「桜田。お前、名前書き忘れてたから0点だぞ」
J「あ゛」
先「薔薇水晶はまたトップだ。お前らも見習えよ」
J「え゛」