※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『あなたと奏でるプレリュード』

プツン。
「また弦が切れてしまったのかしらー」
そうぼやいた金糸雀はもそもそと弦を外す。
「はあー。ため息は重いかしらー」
先日のコンクール。肝心なところで金糸雀の弦が切れてしまったため、あえなく予選敗退となった。
決まりかけていた音大への推薦もなくなった。
「もう・・・ヴァイオリンはやめようかしら・・・」
弦を張る手が止まる。
音楽室には金糸雀一人。部活は休みのため、誰もいない。
いたところで、うしろめたさが残っている。しかし、未練がましく練習をしている自分におかしさが
あることに気づいた。
「・・・カナは飛んだおバカさんかしら」
ヴァイオリンを眺めていると、誰かが音楽室に入ってきた。
「お・・・。委員長か。なにやってんだ?」
「桜田くん。べ、別に自主練かしら」
「ふーん。そか」

ジュンは音楽室の隅にのこのこと歩いていく。
「桜田くんはこんなところになんの用かしら?」
「ん?ああ、さっき音楽のラクス先生にゴミ箱の袋代えとけって言われてさ。代えにきたわけよ。別に
暇だからいいけどさ」
「そ、そうなのかしら」
「んッ・・・よし」
ゴミ袋を片結びで縛るとジュンは金糸雀に近づく。
「委員長」
「な、なにかしらー?」
「他の皆はわからないと思うけど、眼鏡外して、髪下ろしたら、きっとかわいいと思うよ」
金糸雀の顔が赤くなった。
「なにを言ってるのかしらー!」
「はは。怒った怒った。委員長いっつもムスってしてるからさ。表情変わっただけでも僕は満足さ。じゃあね」
空いてる手でヒラヒラと手を振ったジュンは帰っていった。

「ほんと、なにいってるのかしら」
自宅の脱衣所で金糸雀はポツリとつぶやいた。
眼鏡を外し、髪をほどく。
それだけでイメージが変わった。
いつもと少し違う自分。
己だけが知ってる自分。
「カナだって、本当は・・・」
男の子と仲良く話したい。でも臆病な自分はバリアを作ってしまう。
話かけられても素っ気無い返事。
ジュンにだって、そうだった。

しかし、今日。
その気持ちが揺らいだ気がした。

きっかけは ほんの些細なことでも。

予鈴が鳴り始めた。
皆、ポツポツと教室に集まってくる。
「一羽・・・二羽・・・三羽・・・あ、一羽飛んだ」
ジュンは外の電線に止まってる雀をぼけっと眺めていた。
教室が、どよめいた。
ざわざわ。
「おい、あんな子いたか?」
「しらねえ。かわいくないか」
ざわざわ
ジュンが顔を向けるとその当事者が隣の席に座っていた。
「おはようかしら。桜田くん」
「委員長!?」
ジュンが一番驚いた。

昼休み。
この日、金糸雀はちょっとした策を持っていた。
(ハチミツ入り厚焼き卵。これで桜田くんのハートをゲットかしら)
金糸雀は授業終了のチャイムが鳴ったすぐ後にジュンに卵焼を見せようとしていた。
が。
「おーい桜田。メシ食いにいこうぜ」
「べジータか。ああいいよ。今日はカレーにしようぜ」
今日はカレー。
今日はカレー。
金糸雀は少し涙を浮かべながら、卵焼きの入ったタッパーに蓋をした。

放課後。
金糸雀は勇気を出してジュンに一緒に帰ろうと話かけようとしていた。
(昼休みは不覚だったかしら。でもべジータくんは部活でいないし、チャンスは今かしら)
が。
「ジュンお兄ちゃーん!今日は雛にドドリア堂の苺大福おごってくれる約束なのー」
雛苺がひょっこりと顔を出した。
彼女は明るく、スタイルもいいため、校内ではかなりなアイドルだった。
学園のアイドル。
ムチムチボイン。
妹。
金糸雀は少し涙を浮かべながら、帰宅した。

「やっぱりだめかしら。カナ、挫けそうかしら」
自宅の脱衣所で金糸雀はポツリとつぶやいた。
髪の毛をしばり、眼鏡をかける。それとため息一つ。

翌日、金糸雀は終始無言のままだった。
髪の毛をしばり、眼鏡をかけ、いつもの格好だった。
他の部員がいる時間を避け、図書室で時間を潰し、音楽室へ向かう。

いつもの日課だった。
そしてヴァイオリンを手に取る。
今日は弦を切らないように。
奏でる音楽は哀しい曲だった。
途中でやめ、大きく息をする。
胸のモヤモヤが取れない。
少しそのままでいた。
ガラッ!
「あッ!いたいた。委員長」
「なんのようかしら?」
金糸雀は素っ気無く答える。
自分の抱いていた淡い思いは勘違いだと、そう踏ん切りがついていた。
「・・・なんで、元に戻しちゃったんだい?」
「気まぐれ・・・かしら」
金糸雀はジュンの目を見ない。
「どうしてだよ?だって、昨日は委員長が変われたって思って気分がよかったのに・・・」
「それは・・・」
言いかけて金糸雀は言葉を飲み込む。
言わなくちゃ。
せっかく変わろうと思ったんだ。
「あなたに・・・振り向いて・・・欲しかった・・・かしら・・・」
「え?」
「あなたのことが好きかしら」

言葉が小さかった。しかし、ジュンに聞こえるには十分だった。
音が無い時間が流れる。
二人は目を見つめあい、お互いの心を読もうとする。
ジュンが口を開いた。
「委員長。僕はバカだから、言葉では表せないけど・・・」
そういったジュンは優しく金糸雀を抱きしめた。
「あ、ありがとうかしら・・・」
金糸雀は嬉しかった。
変わることができて。
自分を好きだという人ができて。
「か、カナもバカだから・・・」
ジュンの腕をやさしく解いた金糸雀はヴァイオリンを手に取る。

優しい音楽が紡がれていく。
あたたかさで胸がいっぱいになるような。
とてもいいにおいがする音楽が。

(カナはジュンと一緒にいたい。そして伝えていきたい。

             あなたと奏でるプレリュードを・・・)

『あなたと奏でるプレリュード』 ~完~


『雛の下克上【金糸雀編】』
はぁはぁ…前回は百合色に染まる所だったの~。
二人の部屋の花瓶が粉々になったけど、おじじのポリ〇リップSでくっつけたから多分バレないのよ~。
およ?あれはみっちゃんなの。
み「ヒナちゃん!!丁度良かった!!これカナに渡して欲しいの!カナったらお弁当忘れちゃって…」
雛「うん♪いいの~♪」
思わぬ所でチャンス到来!!!
み「全く困った子。でも抜けてるカナもかわいいのよぉ♪」
うわ~…バカの飼い主はやっぱりバカなの~…。
~昼休み~
真紅「あら?金糸雀、昼食は?」
金「だ…ダイエットかしら…?」
水銀燈「育ち盛りが無理するもんじゃ無いわぁ。」
金「うぅ…情けは人の為ならずかしらぁ。」
ヨダレ垂らしてげっそりしてるの~。
ヒナが作り直した特製弁当をそろそろあげるの~。
雛「カナ!今朝ね、みっちゃんから預かったの~。(ニヤリ)」
金「ヒナぁ~!!ヒナが天使に見えるかしらぁ~!!(抱きっ!)」
真「微笑ましいのだわ。」
水「……(絶対裏があるわぁ。)」

ふふふ…おいしく召し上がるのよぉ~♪
金「ヒナ?どうしたのかしら?」
雛「な、なんでもないの~。雛もいただきま~すなの~♪」
やべっ!ニヤけが止まらんなの~!!
金「(パカッ)うんわぁ~!美味しそうかしらぁ~!!(パクッ)」
『バキッ!ゴリッ!!』
雛「ぶははははは!!!」
金「硬い…かしら?味もない…かしら?」
雛「ごめんなの~!間違ったの!それは課題の『展示用レプリカ』だったの。本物はコッチ。」
真・水(絶対わざとだわ)
金「歯が痛いかしら…」
雛「でも、途中で落としちゃったの…だから、ヒナが作り直したの。ごめんねなの~。」
金「ううん!仕方ないかしら。ヒナが作ってくれたのも美味しそうかしら。(パクッ)」
喰いやがったの~♪味は極ウマ仕様なの~。材料費は0円だけど。
金「ンマァ━━━(´∀`)━━━ィ!!」
雛「よかったの~♪」
ふふふ…地獄に堕ちるのはこれからなの~♪
~昼食後~
金「美味しかったかしら~。ヒナ、ありがとうかしら!で、材料は何かしら?」
己から地獄に堕ちようとは、金糸雀!!貴様こそ『サムライ』なりぃ!!
雛「えっとぉ、ウサギ肉の角煮とぉ、ザリガニのツクネとぉ、小鳥(カナリア)の唐揚げなの~。デザートはタピオカ風蛙の卵なの~♪」
真・水「やっぱりね…」
『ガタンっ!ブクブクブクブク……』
金「共食い………………(ガクっ…)」
動かない。ただの屍のようなの。
梅岡「お~い。飼育小屋のウサギとカナリアが逃げたそうだ!見つけたら捕まえてくれ~。」
真(無理よ。梅岡…)
水(あの子達は…)
雛「カナお腹いっぱいで寝ちゃったの~♪」
薔薇『トコトコ……』
ぅゆ?薔薇しぃ~?カナに近づいて……?
薔薇『キュッキュキュッ』
オデコに【肉】……やるじゃないなの~!
薔薇「……(びしぃっ!/サムズアップ!!)」
雛「………GJ!!(びしぃっ!)」
薔薇しぃ~を家来にしといてよかったの~♪
これで全員制覇なの~!!雛の天下なのよ~!!

薔薇「…(ごほうび貰おう♪)」
~金糸雀編・終了~


それはいつもの放課後だった。僕たちは家の方向が同じということもあり、いつも一緒に下校していた。
そしていつものT字路。僕の家は右で、あいつは左。いつもならここで『さよなら』と一言交わして別れている。そして今日もそうなるはずだった・・・

J 「じゃあまた明日な」
金「待ってJUM!」
J 「ん?なんだ?」
金「あのね…今日ね…みっちゃんが出張でいないの。それでね、ひとりじゃ寂しいから…今晩…カナと一緒にいてくれるかしら…?(////)」
J 「え?」
金「駄目かしら?」
J 「いや・・・いいよ」
金「ほんと?じゃあご飯作って待ってるから!」
J 「う、うん。じゃあ後でな」

僕たちは付き合い始めて2ヶ月ちょい。金糸雀がうちに遊びに来たり、僕が金糸雀の家に遊びに行ったりすることはあったけど、二人きりで、ということは今までなかった。

J 「金糸雀のやつ…誰もいないって言ってたし…僕を誘っているってことだよな?」
J 「でもあいつまだまだ子どもだからな・・・本気で一人が寂しいなんて言ってるのかも…」
などと憶測をめぐらすJUM。結局答えの出ぬまま家へと帰り着いてしまった。
J 「そうだ、姉ちゃんになんて言おう。まさか金糸雀の家に泊まるなんて言えないし…」

J 「ただいま」
の「おかえりなさいJUM君。」
J 「あ、あのさ、姉ちゃん。その…」
の「あのねJUM君、悪いんだけど、今日お姉ちゃんラクロス部の友達とカラオケ行く約束しちゃって…晩御飯は出前でもとってくれる?ゴメンね」
J 「え?ああ、僕も今日用事あるから…別にいいよ」
の「あら?彼女と約束でもしてるの?」
J 「べ、別にそんなんじゃねーよ!!」
の「あらあら、恥ずかしがらなくてもいいのよぅ。JUM君たら彼女が出来たのにちっとも外泊したりしないからついうまくいってないんじゃないかって…」
J 「うるさい!!さっさと行け!」
の「(クス)はいはい行ってきま~す」
J 「ったくねーちゃんの奴…」
J 「別に何かあるわけじゃないぞ?ただあいつが寂しいって言ってるから行ってやるだけで…何も期待なんて…してないんだからな!」

などと独り言を言いながら歩くJUM。気付くともう金糸雀の家の前・・・


J 「着いちゃったな…とりあえずチャイム鳴らすか」

(ピンポ~ン)

金「は~い。今あけますかしら」
ガチャっという音とともにエプロン姿の金糸雀が現れる。
いつもと違う姿になぜかドキッとしてしまうJUM。
金「あ、JUM。いらっしゃい。?どうかしたの?」
J 「い、いやなんでもない。おじゃまします…って誰もいないんだったな」
金「とりあえず、あがって。今お料理中だったかしら!」
J 「お?何を作ってるんだ?」
金「オムライスにクリームシチューかしら」
J 「そうか。僕が何か手伝うことないか?」
金「JUMはお客様なんだからリビングで待ってて欲しいかしら」
J 「それじゃ悪いよ…なんでもいいからさ?」
金「だめ!今日はカナ一人で作ったご飯をJUMに食べて欲しいのかしら(////)」
J 「(////)じゃ、じゃあ待ってるよ」

そういや金糸雀の手料理食べたことなかったな。お母さんは料理上手みたいだけど、あいつはなんか抜けてるとこあるからな・・・砂糖と塩とか間違えてたらどうしよう・・・

金「できたかしら!さあ召し上がれ!」
J 「おっ!意外とうまそうじゃんか。」
金「意外ってどういう意味かしら!」
J 「い、いや、なんでもないよ。いただきます(モグモグ)」
金「どう…かしら?」
J 「うん!おいしいよ」
金「ほんと?」
J 「ああ。金糸雀がこんなに料理上手だったなんて知らなかったよ!」
金「…よかったら、毎日作ってあげてもいいのよ?(////)」
J 「え?」
金「か、勘違いしないでかしら!ただ、JUMにお昼のお弁当作ってあげるって言いたかっただけかしら!」
J 「いや…僕は何も言ってないけど…」
金「!(////) カナもいただきますするかしら!」

J 「ごちそうさまでした」
金「ごちそうさまかしら。さあて、片付けないと」
J 「あ、片づけくらい手伝うよ」
金「気を使わなくてもいいかしら。カナが片付けるわ」
J 「ご馳走になるだけじゃ悪いだろ?それに二人でやったほうが早く終わるって」
金「うーん、じゃあ、カナが洗った食器を拭いてくれる?」
J 「おっけー」

(ガチャガチャ・・・ツルッ ガッシャーン!)

金「あ、痛!お皿割っちゃったかしら…」
J 「それより指切ってるじゃないか!」
金「これくらいかすり傷かしら。」
J 「もう少し気をつけろよ(ペロ)」
金「!!!JUM!!!(////)」
J 「なめて絆創膏はっときゃ大丈夫だな。薬箱は?」
金「…そこの棚の奥かしら」
J 「(ゴソゴソ)これか。手出して」
金「はい。ありがとうJUM(///)」
J 「あとは僕が洗っとくからもう休んどけよ」
金「うん…ありがとJUM」

J 「終わったぞー」
金「ありがとうかしら!テレビでも見る?」
J 「そうだな。何があってるかな」
金「とりあえずつけてみるかしら」

(ピッ・・・)

『○○さん私あなたのことが・・・』
『××さん。僕も君のことが・・・』
↑ベッタベタな恋愛ドラマ

(ピッ・・・)

金「あ、あんま面白そうなのはやってないみたいかしら(/////)」
J 「そ、そうみたいだな(/////)」
金「ゲ、ゲームでもしましょうかしら!」
J 「そ、そうだな!」

(そして2時間後・・・)

J 「そろそろゲームも飽きてきたな…」
金「あ、じゃあ…そろそろお風呂入れるかしら?」
J 「あ…うん。そうだな」
金「じゃあちょっと行って来るね」

(そして・・・)

金「お風呂沸いたかしら~!JUM先に入って」
J 「さすがに風呂まで先に入っちゃ悪いよ」
金「いいの!先に入ってかしら!」
J 「そうか?じゃあお言葉に甘えて・・・」


J 「ふぅ~」
―――――――――――――
金「お湯加減はどうかしら?」
―――――――――――――
J 「ああ、ちょうどいいよ」
―――――――――――――
金「・・・・・・じゃあ、カナも入るわね?」
―――――――――――――
J 「え!?ちょ、待っt」

(ガラッ・・・)

金「お背中流しますかしら!」
J 「見てない!僕は何も見てないぞ!」
金「目なんかつぶらなくたっていいかしら。バスタオルくらい巻いてるかしら!」
J 「そ、そうか?」
金「それに・・・JUMになら全部見せたっていいのよ?」
J 「(////)お、おい」
金「それより背中流してあげるからこっちに来てかしら」
J 「あ、ああ」

(ゴシゴシ・・・)

J 「・・・なあ、何かあったのか?」
金「え?どういう意味かしら?」
J 「いや、今日のお前なんかいつもと違って積極的だなって思ったから・・・」
金「・・・・・・ねえ・・・JUM?」
J 「ん?どうした?」
金「JUMは・・・カナのこと・・・・・・好き?」
J 「え?当たり前だろ。何をいまさら・・・」
金「カナね・・・不安なの。JUMがいつかカナから離れて行っちゃうんじゃないかって・・・」
J 「どういう意味だ?」
金「だって、JUMの周りにはいつもみんながいるもの。いつか誰かにJUMを取られちゃうんじゃないかって・・・」
J 「お、おい。そんなことないって。僕が好きなのは金糸雀だけだよ」
金「ホントかしら?」
J 「ああ、もちろん!だからそんな心配するなよ」
金「もう子供扱いしたりしない?」
J 「しないしない!」
金「・・・・・・じゃあ・・・」
J 「じゃあ?」
金「・・・カナを・・・・・・抱いてくれる・・・?」
J 「え?ちょ、それ・・・」
金「・・・だめかしら?」
J 「・・・・・・わかった。お前がそれで僕を信じてくれるなら」
金「JUMありがとう・・・(////)」

(そして風呂から上がり・・・)


J 「本当に・・・いいのか?」
金「うん。お願い・・・」
J 「それじゃあ・・・」
金「あっ!まって」
J 「ん?どうした?」
金「やっぱり恥ずかしいから・・・電気消してくれるかしら?」
J 「ああ、わかったよ」

(パチッ・・・)

J 「それじゃ・・・」
金「うん・・・来てJUM・・・」

そしてJUMは金糸雀のパジャマのボタンをはずし始めた・・・



その時!

『 た っ だ い ま ~ ♪ 』

金「!!!!!!!!みみみみみっちゃん!?」
J 「え!今日出張って言ってなかったか!?」
金「そ、そのはずだったかしら!」

(ガチャ・・・)

み「カナ~♪ ただいま~! あらJUM君いらっしゃ~い!」
J 「あっ…どうも。」
み「あら~?お邪魔だったみたいね♪」
J 「いえ、べ、別にそんなことは・・・」
金「そ、そんなことよりどうしてもう帰ってきたのかしら!?」
み「それがね、取引先の会社が風説の流布?とかいうので強制捜査されちゃってぇ。契約もパーになっちゃのよ!」
み「それでムシャクシャしてお酒飲んで帰ってきたってわけ!まあ契約の前にわかってよかったといえばよかったんだけどね~!アハハハハハハハハハ!!!」

J 「だ、大丈夫ですか?足元が相当ふらついてますけど。」
み「あら?心配してくれてるの?かわいい~(ギュ)」
J 「ちょ、放してくださいよ(うわ!スッゲー酒臭い)」
み「い~じゃない!未来の息子とのスキンシップよ~♪」
金「みっちゃん酔っ払いすぎかしら!」

結局この日は酔ったみっちゃんにからまれ、二人は何もすることが出来ませんでした♪

(そして次の日・・・)

み「カナ~。昨日はほんっとゴメンね?」
金「知らない!かしら!せっかくカナが勇気を出してJUMを誘ったのに!」
み「ほら!また来週も出張の予定だし、その時またJUM君よんだら?ね?」
金「どうせまた昨日と同じことになるんじゃないかしら!」
み「大丈夫だって!今度の取引先は野球チームも持ってるIT企業なんだから。だからお願い機嫌直して~!」
金「もう!ほんとに知らないから!」

~Fin~