※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『大人の事情』

薔薇学園の三年生、めぐとみっちゃんは、非常に困っていた。
二人が抱えている悩みは、後輩のことだった。大好きな後輩に
好きな人が出来たと言われ、とても困っていたのだ。もちろん、応援
するつもりは、微塵もない。それは昨日のことだった。
水「めぐぅ、悩みがあるんだけど、聞いてくれる?」
めぐ「どうしたの?なんだか珍しく、真剣そうね」
水「実はね、私…好きな人が出来ちゃったの」
めぐ「……へぇ。それは誰なの?」
水「同じクラスなんだけど、桜田ジュンって子よ。とても良い人なの」
めぐ「ふぅ~ん。そいつ殺して良い?」
水「え?なんか言ったぁ?」

一方、別の場所では…
金「みっちゃん、カナね、恋をしてしまったかしらぁ」
み「ダメよぉ!カナに恋はまだ早いわよぉ!」
金「あの、最後まで聞いて欲しいかしら…。桜田ジュンって人でね」
み「桜田ジュン君?もしかして、のりの弟?」
金「そうかしらぁ。それでね、手伝って欲しいかしらぁ」
み「嫌よぉ!カナに恋人が出来るなんて、許さないんだから」
そう言って、金糸雀に抱きつくみっちゃん。
金「うぎゃあああ!みっちゃん、マサチューセッチュー!」
み「カナは誰にも渡さないんだからぁ!例え、のりの弟でもやだぁ!」

という訳で、二人はとても悩んでいた。最終的な結論に辿りついた
時には、二人の目は鬼のような目になっていた。
めぐ「……みっちゃん、やるしかないわね」
み「そうね。私のカナをたぶらかす奴は、友達の弟でも容赦しない」

次の日、ジュンは嫌な予感がして、しょうがなかった。すごい殺意
に包まれているような感覚。今日は学校に行かない方が良いかも…。
ジュン「朝から憂鬱だなぁ…。なんだか、誰かに狙われてる気がする」
巴「何それ?桜田君は、神経質なのよ。プラス思考で生きましょうよ」
ジュン「はぁ…」
巴「ほら、学校に着いたよ?いつまでそんな顔してるの?」
その時、巴とは違う声がした。
めぐ「桜田ジュン君ね?ちょっと体育館裏に来てくれる?」
巴「あっ、めぐ先輩、おはようございます」
めぐ「おはよう、巴ちゃん。ジュン君?聞いてるの?」
ジュン「き、聞こえてます。体育館裏に行けば良いんですよね?」
めぐ「うん。ちょっと用事があってね」
ジュン「でも、体育館裏なんかで、一体何をするんですか?」
めぐ「……ジュン君、黙ってついて来たら良いのよ?」
嫌な予感がした。巴を見ると、手を合わせてご愁傷様と呟いていた。
僕はこの人を怒らせるようなことをしたか、必死に思い出そうとしていた。
先輩からの呼び出しは、女だろうが、男だろうが、ろくなことがない。
しかも、体育館裏で待っていたのは、金糸雀と仲の良いみっちゃん先輩。
それと、水銀燈と仲の良いめぐ先輩。嫌な予感が、加速していた。
ジュン「あの…僕に何か用があるんですか?」
み「うん。あのね、ジュン君が私の金糸雀の純潔を奪おうとしてるから」
めぐ「私の水銀燈に手を出そうとしてるから、いじめてあげるね?」
ジュン「ふ、二人とも何か誤解してます!僕は二人に何もしてませんよ?」
み「五回もカナにキスしたですって!?」
ジュン「いや、五回じゃなくて、誤解です!」
めぐ「とりあえず、縛ってあげるわね」
ジュン「ちょ……先輩やめてくださあああああああい!」

手足の自由を奪われてしまった。どこからロープなんて持ってきたんだ?
この二人…特に、めぐ先輩にだけは目をつけられたくなかった。
ジュン「あの…先輩、僕は別にあの二人に何もしようと…」
めぐ「ぺっ!そんな手には乗らないわよ?」
めぐ先輩は、僕の顔に唾を吐いた。その後、顔を踏みつけられた。
めぐ「どうしたの?水銀燈と付き合いたいなら、これぐらい耐えなさいよ」
ジュン「あの……先輩、パンツがさっきから見えてるんですけど」
めぐ「え!?こ、このガキぃ、私まで汚そうとするなんてぇ」
ジュン「いやいや、先輩がスカートのまま顔を踏むから!」
み「ジュン君ってのりと違って、聞き分けがない子ね」
ジュン「まあ、姉ちゃんは僕の奴隷みたいなもんだから…」
み「はぁ!?近親相姦までしてるの?ますますカナには近づいて欲しくないわ」
ジュン「そ、それも誤解ですって」
その時、めぐ先輩が僕のズボンのチャックを開けた。慣れない手つきで
僕のあれを取り出した。

ジュン「めぐ先輩!?な、何をしてるんですか?」
めぐ「うん?今からね、去勢してあげるわね」
ジュン「きょ、去勢!?いくらなんでもそれは勘弁してください」
めぐ「だ~め。私の水銀燈に手を出した罰よ」
ジュン「だから、何もしてませんよぉ!わかんない人だな」
そう言った瞬間、思い切りチャックを上げられた。あれが挟まれて、激痛が走る。
めぐ「あははは、痛いでしょ?のた打ち回っちゃって可愛い♪」
み「めぐ、あんたって、本当にサドね…」
このまま、僕はどうなるのだろうか……?

一方、二年生の教室では、ジュンがいないことを不審に思う二人がいた。
水「おかしいわねぇ~。朝見かけたんだけどぉ」
金「トイレにでもいるんじゃないかしらぁ?」
巴「二人とも、桜田君のこと探してるの?二人なら、体育館裏にいるよ?」
水「体育館裏?行って見ようか、金糸雀」
金「あいあいさぁー、かしらぁ!」
体育館裏では、まだ二人の拷問が続いていた。いや、ある種のプレイか?
み「ねぇ、この前ヤフオクで手に入れたんだけど、これ試そうか?」
めぐ「みっちゃん、それなんなの?ていうか、何故買ったの?」
み「これね、エ○マグ○って言って、(自主規制)するものよ」
ジュン「な、なんちゅーもん持ってるんすか!」
めぐ「ふ~ん。どうなるか反応が見たくなってきちゃったわ」
み「じゃあジュン君、おしり出して」

そこに、水銀燈と、金糸雀がやってきた。
水「め、めぐ!?何をしてるのよぉ!?」
金「みっちゃん!?ジュンをいじめちゃダメかしらぁ!」
めぐ「ああ、良いところだったのに…。みっちゃん、逃げましょうか」
み「そ、そうね。逃げましょう」
二人は、電光石火の速さで、その場から去っていった。
水「まったく、めぐったらイカレテルわぁ……」
金「ジュン、大丈夫だったかしらぁ?」
ジュン「だ、大丈夫だよ?(来るのが、早いよ、二人とも)」
新しい喜びに、目覚めたジュンなのでした。
…完。