※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J「蒼星石、帰りにお好み焼きやによって行かないか?」
蒼「うん、いいよジュン君」
ーお好み焼き屋ー
J「よっと(ひっくり返す」
蒼「うわージュン君上手だね」
J「なんだ、蒼星石は苦手なのか?僕がしてやるよ、よっと」
蒼「あ、うん。ありがとう」
ーいい感じに焼き上がってー
J・蒼「いただきます」


ベ「おっと、マヨネーズも忘れるなよ!」





蒼星「ごめんねJUM君。本の整理手伝ってもらっちゃって」
JUM「まあ一人でやるのは大変だろ?」
蒼星「ホント、助かるよ」
JUM「というかこう言う時こそあいつらにも手伝わせれば良いと思うが」
蒼星「アハハ、皆にはこういう地道な作業は向いてないと思うよ」
JUM「確かにな。余計散らかりそうだ……」
蒼星「あ、JUM君。その本いいかな?」
JUM「おう。重いから気をつけろ」
蒼星「うん……わ、ととっ」
JUM「お、おい!」
蒼星「わ、わ、お願いっ、どいて!」
JUM「うわぁ!!」
蒼星「いたた……」
JUM「いててて……」
蒼星「っ! あ、あの、JUM君……その、手が……」
JUM「……え? うわぁっ、ご、ごめん!」
蒼星「う、うん……だ、大丈夫」
JUM「忘れる! すぐ忘れるから!」
蒼星「あ、あの、その……忘れなくて、いいから……その、どうだった……?」
JUM「へ?」
蒼星「ボクの……胸……ちゃんと、あったかな……? こんなボクだけど、ちゃんと女の子で居られてるかな?」
JUM「蒼星石……」
蒼星「もっと、良く……確かめてよ」
JUM「いやっ! それはまずいって!」
蒼星「どうして? ボク、JUM君になら……」
蒼2「JUM君、遅れちゃって、ごめん!」
JUM「……え?」
蒼2「……あれ?」
蒼1「……ちっ!」
JUM「今、『ちっ』って! お前誰だ!」
蒼1「バレてしまっては仕方が無い……」
JUM「おわっ、顔が割れた!」
蒼2「君は、薔薇水晶!」
薔薇「無粋な邪魔が入ってしまったけど……今回は、まずまずの成功……ではサラバ!」
JUM「あ、待て、逃げるな!」
蒼星「えと……何があったの?」
JUM「いやっ、うん、なんでもないぞ! ……しかし、何だったんだ?」
蒼星「多分……悪気があってやってる訳じゃないと思うよ?」
JUM「今のを見てどうしてそんな事が言えるんだよ……」



薔薇「面白かった……次は、水銀燈でやってみよう……」



JUM「ねぇ、蒼星石。目をつぶって・・・」

蒼星石「なっ・・・、と、突然何だい?」

JUM「いいからつぶってみてよ・・・」

蒼星石「う、うん・・・これでいい?」

JUM「・・・お先真っ暗ー!・・・なんちゃって。蒼星石はからかい甲斐があるなぁ。」
   「このギャグ、雛苺に教えてもらったんだー。」



蒼星石「・・・雛苺。」

雛苺「うぃ?」

蒼星石「君かい?お先真っ暗になりたいって言うのは・・・」



蒼「ね、ねぇ。JUMくん。」
J「あ?どうした?。」
蒼「ちょっと・・いいかな。」
J「珍しいな。おまえから話しかけてくるなんて。」

紅「聞いた?」
翠「勿論聞いてるですぅ」
紅「これはついていくべきだとは思わない?」
翠「あたりまえです!ついていくに決まってるですぅ!」
紅「金絲雀、貴方もついてきなさい。」
金「え?なんでカナなのかしら?」
紅「いいからついてきなさい。」
金「ううぅ~・・わかったのかしらぁ・・・。」

J「で、どうした?こんなところまで。」
蒼「えっと・・・。」

翠「うぅ~!蒼星石は自分の意思表示が下手なのですぅ~!」
紅「でも私たちがここから何か言うことはできないわ。・・・尾行してるのがバレてしまうわ。」
翠「見ててじれったいですぅ~!!」

J「なんだよ・・・(うーん・・・こうしてみると蒼星石も女の子だな・・・。」
蒼「えーっと・・・。」

翠「うーーーーーまーだーでーすーかー?!」
紅「落ちつきなさい翠星石。蒼星石が初めて自分の意思を伝えようとしてるのよ。」
翠「ですけど・・・。」
金「カナもきっと言えないのかしらぁ」
紅「貴方のことは聞いていないの。静かになさい。」
金「はーいなのかしらー。。。」

蒼「僕が作ったチョコなんだけど・・受け取ってもらえる?」
J「え、あ、ああ。勿論。(蒼星石の手作りか・・・楽しみだな。)」
蒼「はい。・・・そ、それと・・・」
J「さんきゅ。ん?」

紅「さっさと言いなさい蒼星石・・・。見てるこちらまでドキドキするじゃない・・・。」
翠「がんばるですぅ!」
金「JUMはカナのものなのかしらぁ・・・。」
紅「ここまできて見苦しいわ。金絲雀。」
金「カナは自分の意思できたわけじゃないのかしらぁあぁ。」

蒼「や、やっぱりいいや。・・・じゃあね。また明日。」
J「え?あ・・・おいっ ・・・はぁ・・・あいつもやっぱり・・・。」

監督「はいカットー! やっぱり現役女子高生は演技も本当に見えるね。」
蒼「いえいえ・・・そんなことはないですよ・・。ここの制服本当に使うとは思いませんでした。」
監督「それはメイクさんのアイデアだから俺は実は知らないんだ。そういうセンスはあるね。」
紅「私の喋る言葉が多かった気がするのだけど。」
作家「僕も書きながら思ったんだけどね。まぁいいやと思ったよ。」
翠「今文字数数えたら一番少ないのは蒼星石ですぅ。」
金「カナも思ったより喋ってたのかしらぁ。」
紅「私は圧倒ね。」
蒼「僕はどうでもよかったけど・・・」
J「蒼星石の・・・演技だとわかってても・・スゴイドキっとした・・・。」
蒼「ん?JUNくん何かいった?」
J「い、いや、なんでも。(はぁ・・驚いた。」
監督「んじゃ今日の撮影はここまでだ。また明日よろしく。」

全員「はーい。」





JUM「なぁ、蒼星石。」

蒼星石「なんだい?」

JUM「・・・キスってどんな味かな?」

蒼星石「えっ・・・ぼっ、僕がそんなこと知ってるわけ無いじゃないか・・・」

JUM「それじゃぁ今度、食べに行こうよ?」

蒼星石「・・・え?あっ。」



鱚(きす):スズキ目キス科
沿岸の砂泥底にすみ、波の静かな湾部に多い。
産卵期は夏~秋美味で上品な白身のお魚です。






蒼星石「いたっ・・・転んじゃったよ」
ジュン「擦り剥いたのか?まぁ、舐めときゃ治るか。とりあえずハンカチな」
蒼星石「ありがとう・・・」



ジ「痛っ…唇割れちゃったな」
蒼「舐めとけば治るよ…ちゅっ…」
ジ「んん!……お、お前、男同士で!」
蒼「…あのね、僕、本当は女の子なんだ。君は友達のつもりだったかもしれないけど…僕は…」
ジ「そ、蒼星石…?」
蒼「僕じゃダメかな…。ずっと…友達のまま、かな…」
ジ「……」
蒼「僕は、女性として見れない…?」
ジ「…そんな事ない。僕だってお前が、蒼星石が好きだ…たった今好きになった」
蒼「ジュンくん…それは、僕が…」
ジ「そうだ、お前が女だって判ったからってのもあるよ。一目惚れかもしれない。
  でも僕は、それ以上に蒼星石だから…蒼星石ならと思ったから…」
蒼「…ありがとう、ジュンくん。うれしいよ。……僕で、いいんだよね?」
ジ「お、お前じゃなきゃ、ダメなんだよ」
蒼「フフ…大好きだよ、ジュンくん♪」