※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇「銀ちゃん♪」
抱きっ
水銀「もう、学校じゃ駄目って言ってるじゃなぁい♪」

翠星「・・・駄目って言ってるくせにのりのりですぅ、薔薇水晶は昨日水銀鐙のうちに泊まったそうですけど絶対なんかあったですぅ」
真紅「そうね、でも私はあなたと蒼星石の関係のほうがずっと興味あるわ。」
翠「な、な、な、何言ってやがるですか!わわわ私と蒼星石はその・・・あの・・・ただの仲のいい双子ですぅ・・・」
蒼「そんな・・・僕は本気だったのに・・・」
翠「!?ちょ、ちょっと待つです蒼星石~!」
真紅「ここからが本当の地獄なのだわ」


っていうのを電車で一生懸命考えてたら隣の厨房に覗かれてた
ベジ「ここからが本当の地獄だぜ・・・」






皆でお風呂編

J「ふー、やっぱり風呂が広いと落ち着くな~」
笹「そうだね」
べ「・・・・」
J「おい、ベジータ湯船にタオル漬けるなよマナー違反だぞ」
べ「・・・・」
笹「ここには僕たちしかいないんだし恥ずかしがらなくても」
べ「べ、別に恥ずかしがっているわけではない」
J「ならタオルはずせよ」
べ「ば、馬鹿野郎タオルを引っ張るな・・・あ」パラ
J「あ」
笹「あ」
J「その、悪かった返すよ・・・」
べ「ええい、哀れみの目で俺をみるなJUM」
笹「僕たちまだ成長期だしさこれからだよ」
べ「勝ち誇った笑みを浮かべるな」
べ「・・・っく、ここからが本当に地獄だ」






女湯

翠「…」
蒼「翠星石、どうしたの…?」
翠「姉よりでかいとはけしからんですぅ!こうしてやるです!」
蒼「ちょっと…翠星石…やめっ…」
真「まったく…何を下品なことを…。」
水「あら真紅…そんな事を言ってるけど…本当は悔しいのでしょ…?ほら…触ってみる…?」
真「お…お黙りなさい!貴方だって、蒼星石よりないじゃないの!」
水「ムキになっちゃって…子供ねぇ…だから大きくならないのよ…。」
真「い…いいじゃない!一番下じゃないだけマシじゃない!!」
薔「…雛苺…おっきぃ…。」
雛「薔薇水晶、何を見てるの~?」




梅「これから百人一首大会を始めるぞー、まず笹塚ー。お前は廊下に立ってろー」
紅「いきなり過ぎるわ、こんな事・・・」
銀「あらぁ、楽しそうねぇ」
雛「じゃあ雛が読むの~」

暫くして
雛「ありあけの~、つれなくめえし~なの~」
蒼「はいっ!」
パシッ
J「蒼星石がダントツだな・・・」
翠「蒼星石!ちょっとは手加減するですぅ!」
蒼「ダメだよ、翠星石。ちゃんと真面目にやらないと・・・」
薔「文字・・・・読めない・・・」
雛「次いくなの~。あきのたの~かりほのいほの~なの~」
J・蒼「っ!」
パシッ
J・蒼「あっ・・・・」
2人の手は重なり合う・・
蒼「JUN君・・・(手が暖かい・・・)」
J「蒼星石・・・(うはwwww手柔ラカスwwww」
翠「ちょっと!蒼星石!いつまでも手を触らせてるんじゃないですぅ!チビ人間も手を離すですぅ!」

銀「あらあら、あそこはずいぶんとアツアツねぇ」
金「楽してずるしてトップかしらぁ」
紅「ちょっと、読み手!ちゃんと読みなさい!」
ベ「ここからが本当の地獄だ・・・!哀れとも~ry」

笹塚「うかりける~ひとをはつせの やまおろしよ~はげしかれとは~」

水銀燈,真紅「はい!」

水銀燈「私のほうが少し早かったよぉねぇ。」

真紅「・・・くっ」

雛苺「お遊びはここまでなのー。次から本気で行くのー」



笹塚「ももしきや~」

雛苺「はいっ!なの。ももしきや古き軒端のしのぶにも猶あまりある昔なりけり。なのー」

水銀燈「まだ上の句も言い終わってないのにぃ・・・」

真紅「まさか、この子・・・百人一首を全部暗記しているの!?」

雛苺「それだけじゃないのー」

笹塚「む・・・」

雛苺「はいっ!なの。村雨の露もまだひぬまきの葉に霧たちのぼる秋のゆふぐれ」

水銀燈「え!?まだ一文字しか読まれてないのにぃ!」

雛苺「・・・ウフフ」



雛「うぅー、水銀燈と薔薇水晶が退学になっちゃったなのー」
真紅「あらそう。それは大変ね」
雛「真紅は寂しくないの?」
真紅「別に?ジャンクになってしまったわけではないし、生きてればまた会えるわ。」
雛「そういうものなのー」


真紅「援交してるのが明るみになっただけですもの。自業自得というものだわ。」


孔明「買ってるのは私とスネーク先生と校長なので問題はありません。」

ムスカ「自宅謹慎、5日!」
理事長「お前ら・・・全員廊下に立ってろ・・・。」

雛「うにゅ~・・・罪が軽くなったの~どうしてなの~??」
真「あら、でもよかったじゃない・・・これでまた退屈せずにすむわ・・・」




孔明「校長、そろそろ真紅と雛苺も食べごろですね・・・。」
ムスカ「よし、諭吉をちらつかせて誘ってみるかね・・・。」

水銀燈「退学処分から一転、無罪放免で大復活したわぁ!!!!!」

真紅「あら、雛苺。今なにか言った?」
雛苺「ひなはおねむなのー・・・」
蒼星石「風の音じゃないかい?今日は風が強いし」
翠星石「ちょっと寒いので、閉めてくるですー」

水銀燈「真紅ぅぅぅぅぅぅぅ・・・シィカァトゥデスカァ?」
雛苺「わー!ペリーだ!ペリーがいるの!」
真紅「雛苺!相手にしちゃだめよ!」

蒼星石「やれやれ。季節の変わり目にはそういう事もあるって事さ。」
翠星石「気のせいです」

水銀燈「・・・ ぶぐっ!」
ベジータ「コラ、どけ空気!」


HG「校長ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ、私も買う気はありませんか、フォォォォォオオオオオオ!!!!」
ムスカ「お前は退学じゃあああああ!!!!!!」

                   告

             本校は1月11日付けを持って
            以下の教員を校則第四条に則り
            退職処分に処したことを報告する


                
             保健室担当レイザーラモンHG


            校則第四条 本校の秩序及び風紀を
            著しく乱したものは、退職処分とする

                平成18年1月11日
          薔薇学園校長 ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ





雛「プールなのぉ!早くみんな入るのぉ」
真「私は良いわ・・・。めんどくさい・・」
翠「セクハラ教師がいるのに水着にはなれないです!」
蒼「水着着ないと授業にならないよ・・・」


水「・・・・水着・・・忘れちゃったわぁ・・・誰か貸してよぉ」
薔薇「プール・・・・・・ビラキ・・・・・」
金「溺れるかしらぁ~・・・ぶくぶく」






JUM「結局、構って欲しいだけだったんだろ?」
薔薇水晶「もう、水銀燈のお守りはイヤ・・・」
雛苺「だいきらーい!」
翠星石「離れてせいせいしたです」
蒼星石「あいつ、最低だからね」
真紅「あなた程の役立たずは初めてだわ。生きてて恥ずかしくないの?」
林田「水銀燈?誰だ?」
神山「君は、他のクラスの女の子の名前も知らないのかい?」
梅岡「水銀燈立ってろー」


悪夢にうなされる水銀燈