千歳飴


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

江戸時代に長生きするようにと長い袋に「千歳飴」と書かれたのが始まりらしい。
びあ酵母の幼少のころは不二家の長い形状のものが主流であったと認識しているが、現在では普通のちっこいキャンディが長い袋に入っている。
縁起ものなのでけっこう高価のようだ。

※ 不二家の長い千歳飴には何種類か味の違うものがあったと記憶しているが今でもあるのだろうか。
確か、白(ミルク)と赤(イチゴかな)と茶色(チョコかな)だったような気がする。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。