※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

説明

リブ=オーグラント?の時代、
刀工デューラーの弟子、ハンスが残した師の技術覚書。
様々な鍛工技術が記されている。


フェリクス暦 8世紀

フェリクス暦8世紀初頭、各地で発見された○○や○○等の聖具?
デューラーの名が彫られていた。
当時、長い間これら聖具?の製造を再現できる者はおらず、
聖具?に用いられた鍛工技術が記された書」として
噂でのみ存在を語られていたこの書は、聖具の書?と呼ばれていた。


フェリクス暦 12世紀

フェリクス暦12世紀
ハンスの子孫フリドが、自宅の本棚より発見したことにより存在が公となった。
フリドの発見は謎も多く、(自宅で「偶然」発見したという事実そのものが謎)
また、既にすべての聖具?も朽ち果てていたため
書の真偽を確かめる術は無かったが、
その技術の高さと完成品の質は確かな物であったようである。


フェリクス暦 12世紀以降

以降、この鍛工技術はデューラー技法?と呼ばれ一般に広く普及し、
聖具?を模した複製品等が多く作られる事となった。