小説でぃくしょなりー 二律背反 用語集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この用語集はどちらかというと、作者の覚え書きに近いかもしれないし、そうでないかもしれません。
一つだけ言える事は、ネタバレが容赦なく転がっているという事です。
別に読んでいない内に見ても良いですけど、それを他の人に喋るとかアレな事はしないようにしてください。



アニマ
本来は、精神学に於いて“男性の中に存在する女性的な部分”を指す言葉。二律背反では、世界樹の精神を構成する女性的な部分を指す。世界樹の精神には本来的には、性別という概念が無いのでアニマアニムスが共存している。

アニムス
本来は、精神学に於いて“女性の中に存在する男性的な部分”を指す言葉。二律背反では、アニマの対義語として、世界樹の精神を構成する男性的な部分を指す。



降樹の儀
望界の丘で、クロナガル王国の血を引く者が世界樹の精神を身に宿し、その意を広めるための儀式。



世界樹
宇宙に根を生やす大樹。幹はエーゼやリゼットの住む惑星の10倍もあり、その中心には強烈な熱と光を発する“太陽”がある。
枝の部分は端から端まで、3億光年ある。内部は惑星の様に大気が充満しており、“ユグドラシル”という都市が形成されている。(ユグドラシル自体には生命の存在は無い。)
また、世界樹は精神を持つ生命体と言われ、アニムとアニムスの両端があってはじめて、“世界樹”という精神を有すると言われている。
誕生したのは凡そ30億年ほど前。現在は成長が停滞気味だが、誕生してから10億年の間は驚異的なスピードで成長していった。









望界の丘
非常に標高の高い場所にある、古代の遺跡がある丘。降樹の儀を行う場所として有名。











ロイヤル・セイバー
クロナガル王国の王族を守護する精鋭部隊。