「フリターク」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

フリターク」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-初出:第66話&footnote(洗礼式で行動していた青色神官の一人。洗礼式でのメダルへの血印でマインに丁寧な対応をしていた青色の可能性有)
-名前の初出:第216話
+初出:第216話
 
 **地位
 階級:貴族
 職種:[[青色神官>青色神官#青色神官]]
 
 **年齢関連
 -ローゼマインとの年齢差(季節不明):+24&footnote(ローゼマイン7歳時に31歳 公式の人物まとめ第三部)
 -ローゼマインとの冬の年齢差:+24or25(誕生季による)
 
 **作中での活躍
 08年秋に[[ローゼマイン]]に目を付けられ、[[フェルディナンド]]に推薦された青色神官&footnote(第216話)。
 [[カンフェル]]や側仕えと共にフェルディナンドの熱血指導を受け、涙目ながらも課題をこなしていく&footnote(第219話)。
 家は裕福ではなく、課題達成と同時に給料を払われていて、生活費向上のために頑張る。
 フェルディナンドという共通の敵に立ち向かうため、灰色の側近たちと主従の絆が深まっている。
 フェルディナンドがアーレンスバッハへ向かった後は、カンフェルと共にローゼマインや[[ハルトムート]]が留守の間も準備や執務などを任せられる青色神官という事で、何かと重宝されるようになる。
 実家がヴェローニカ派に繋がるものであったため、13年冬に粛清が行われた時には一時拘留される事になった。
 神殿業務に差し支えるため、ローゼマインらの要望もあり&footnote(第529話,第530話)戻ってくる事が出来た&footnote(第537話)。処罰された実家からの援助を失い、自力で稼がなくてはならない青色神官一号となった。
 これは外部から見ると『実家の地位が低いにも関わらず神殿長の推薦を受けて領主の異母弟の神官長が手ずから教育を行い、粛清対象側だったにも関わらず神殿長と後任の神官長が取り戻そうと動き、留守中の執務を任せられる程の重用と信頼を受けている』という事になり、[[コンラート]]からは憧れの存在として目標に挙げられている。&footnote(第564話 子供の魔術具 後編)
 14年春では、見習いになった旧ヴェローニカ派の子供たちを、祈念式に同行させて面倒を見た。 
 
 **コメント
 #blockquote{このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
 編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
 &color(red,){表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。}}
 #pcomment(noname,reply)