「リアディナ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

リアディナ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-初出:書籍版第四部V「分かれ道」
+(初出:第366話&footnote(アウレーリアの母親が故人であることから、境界線上の結婚式でローゼマインがアウレーリアの母親だと思った、エルヴィーラの年頃の女性が、リアディナの可能性あり)) 名前の初出:書籍版第四部V「分かれ道」
 
 **家族構成
 夫:故人。政変で亡くした。
 
 **地位
 階級:貴族
 職種:側仕え・[[アウレーリアの側仕え>側近#アウレーリアの側仕え]]
 
 **作中での活躍
 [[アウレーリア]]の嫁入りの際に、アーレンスバッハから一緒にやってきたアウレーリアの側仕え。
 
 政変で夫を亡くした際に、第二夫人だった為婚家に居続けることも実家に戻ることもできず困っていたところを、アウレーリアの母親に側仕えとして保護された。
 アウレーリアの母親が亡くなった後、アウレーリア付になった為、アウレーリアのことは幼い頃から知っている。
 
 **コメント
 #blockquote{このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
 編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
 &color(red,){表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。}}
 #pcomment(noname,reply)