「ヘンスフェン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ヘンスフェン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 初出:第378話、名前の初出:書籍版第四部V「エピローグ」
 
 **家族構成
 父:[[アウブ・クラッセンブルク]]
 母:アウブ・クラッセンブルクの第二夫人
 
  異母兄:次期アウブ・クラッセンブルク(父と第一夫人の間の子)&footnote(第313話 エグランティーヌとのお茶会、書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」)
- 異母姉:[[エグランティーヌ]]
  異母妹:[[ジャンシアーヌ]]
 
 父方の親戚
 祖父:[[先代アウブ・クラッセンブルク]]
  伯母または叔母:エグランティーヌの母。故人&footnote(書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」)
   従姉:エグランティーヌの姉。故人&footnote(書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」)
   従兄:エグランティーヌの兄。故人&footnote(書籍版第四部III書下ろし「卒業式と祝福の光」)
   従姉:[[エグランティーヌ]]
 //**容姿
 
 **地位
 階級:領主一族
 職種:[[領主候補生]]
 
 **年齢関連
 ローゼマインとの学年差:+4&footnote(第378話 親睦会(二年生)で在籍し、第463話 親睦会(三年)で候補生不在)
 
 **作中での活躍
 クラッセンブルクの領主候補生。
 アウブ・クラッセンブルクの第二夫人の息子。
 12年冬の貴族院の親睦会で[[ヒルデブランド]]に挨拶した。
 
 **コメント
 #blockquote{このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
 編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
 &color(red,){表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。}}
 #pcomment(noname,reply)