ランプレヒト

初出:第175話

声 - 鳴海和希

家族構成


父方の親戚
祖父:ボニファティウス
従弟:トラウゴット

母方の親戚
伯父:ギーベ・ハルデンツェル

容姿

髪の色:赤茶
000000000
瞳の色:明るい茶色
000000000
お父様譲りの赤茶の髪に明るい茶色の瞳。
エックハルトに比べると頭一つ分くらい背が低い。
大人の平均くらいの身長。まだ成長期。
肉付きも父や兄に比べると薄く見えるが、かっちりとしている。

地位

階級:上級貴族
職種:騎士・ヴィルフリートの側近

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+10 *1
  • ローゼマインとの年齢差:+9(夏) *2
  • 誕生季:上記より秋か冬と推測される

ランプレヒト視点の回

書籍第十巻購入特典SS 私の進む先
書籍第十巻SS 冬のお披露目と子供部屋

作中での活躍

ヴィルフリートの護衛騎士。ダームエルとは同期。
ヴィルフリートが度々抜け出したり隠れるため、振り回されている。
洗礼式でローゼマインが倒れ、血に染まったため、トラウマを負う。
ローゼマインにとっては日常茶飯事で気にしなかったが、死にかけの目に遭わされても許された事で、寛大で慈悲深いと感動した。
カルステッドコルネリウスにローゼマインの料理の自慢をされたため、理由をつけて神殿に訪れ、料理を食べに来た。
お菓子を前にしたらコルネリウスと全く同じ表情をし、料理はものすごい勢いで食べた。
ヴィルフリートの勉強待ちの際は、勉強から抜け出すヴィルフリートと一日中本を読みたいローゼマインを、絶対に分かり合えない二人だと頭を抱えた。
ヴィルフリートの更生計画に巻き込まれ、フェルディナンドからその間にローゼマインが担当していた仕事を積み上げられた。
叱咤されるヴィルフリートを庇うが、愚か者に育てたのが周囲の者だと自覚させられ、崩れ落ちる。
トラウマになるほど脅されて、主と共に勉強していくことになった。
ヴィルフリートの洗礼式の後、アレクシスハルトムートイグナーツトラウゴットをヴィルフリートの側近になるように勧誘した。
貴族院在学中にアウレーリアと恋仲になる。魔力が低かったためアウレーリアの父親に難色を示されていたが、ローゼマイン式魔力圧縮法で魔力が伸びたことで認められる。
しかしアーレンスバッハとエーレンフェストの情勢が悪く、父親と領主から即座に却下され、別れの手紙を送った。
後に政略が絡むがアウレーリアと結婚することができた。
アウレーリアとの結婚後は、実家であるカルステッドの屋敷の離れを新居として暮らしている *3 。エックハルト、コルネリウスが家を出たため、事実上カルステッド家の跡取り状態である。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
前09年 誕生
前02年 洗礼式を迎える
06年冬 貴族院を卒業する
06年冬~07年冬頃 ヴィルフリートの護衛騎士になる *4
12年夏 アウレーリアと結婚する *5
13年冬 ジークレヒト生まれる。同時期の粛清の関係で家族以外には誕生したことは隠されている。 *6

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 571話 「いつも一番近くにいたランプレヒト兄様の位置が遠い。名捧げをしたバルトルトの位置がずいぶん近くになっている。名を捧げられると信頼感が違うのだろうか。」以降、ランプレヒトへの言及なし。バルトルト含めてどうなったのか知りたい。 - 2017-03-09 23:54:37