コルネリウス

初出:第175話

声 - 依田菜津

家族構成


父方の親戚
祖父:ボニファティウス
従弟:トラウゴット

母方の親戚
伯父:ギーベ・ハルデンツェル

容姿

髪の色:若葉のような明るい緑
000000000
瞳の色:黒
000000000
若葉のような明るい緑の髪に黒い瞳。
背が伸び始めたけれど幼さが残っている少年。

地位

階級:上級貴族
職種:騎士見習い→騎士・ローゼマインの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+4 *1
  • ローゼマインとの年齢差:+4(夏) *2
  • 誕生季:上記より春か夏と推測される *3
  • 洗礼時の属性(適性):光水火風 *4
  • 三年生時に取得した加護:適性属性の大神
  • 加護の再取得:武勇、疾風、退魔 *5
  • 533話以降の属性:光闇水火風

コルネリウス視点の回

書籍第八巻SS 妹の護衛騎士
SS40話 コルネリウス視点 後悔まみれの陰鬱な朝
書籍第十二巻購入特典SS 妹を守るために
第455話 閑話 忙しい冬の始まり
SS15話 私の同僚は変人だ

作中での活躍

カルステッドの息子で、ローゼマインの護衛騎士見習いになる。

第二・第三夫人の険悪な態度により女性不信になりかけていたことと、政変後に接する機会が増えた、神殿育ちの貴族の印象が悪かったことから、神殿育ちの第三夫人の子(ローゼマイン)を、エルヴィーラの娘として本館で受け入れるという説明に拒否感と不満を抱いた。
加えて、カルステッド・エックハルト・ランプレヒトが主に振り回されている様子を間近で見ていたことから、妹の護衛騎士になれと言われたことも非常に不本意で、ローゼマインが自分で自分の側近を選ぶまでという期間限定が付いたことで、かろうじて呑み込んだ状態だった。
実際にローゼマインに会うと、初日の緊張している様に同情し、決意表明に好感を抱き、自分がかけた言葉で嬉しそうに笑う様子にほだされた。
更に、年齢的に逃げて当然な量の課題に対しても勤勉に臨んでいる様や、家庭内の雰囲気が良くなったこと、美味しいお菓子が食卓にのぼるようになったことなどから、妹も良いものだと思うように変わった。
ローゼマインが本以外の楽しみを知らないということを可哀想だと思い、フェルディナンドにまかせておけないと奮い立ったが、ローゼマインの虚弱さに打ちのめされた。
ローゼマインの虚弱さを知り、ローゼマインが大変な目に合わないよう、またその結果周囲が罰せられないように、
力加減ができぞうにないボニファティウスやヴィルフリートに、ローゼマインの虚弱さを、心から理解させることはできないだろうかとフェルディナンドに相談したところ、
それを請け負ったフェルディナンドが、計画的に、ローゼマインがヴィルフリートに引きずられて出血と共に失神する事件を引き起こさせた *6
回避するための策を相談したら、回避すべき事態そのものを引き起こすという想定外かつ非常識な行いをされた為、元々あったフェルディナンドへの不信感 *7 を深めた *8
いずれにせよ、この段階では、「ローゼマインが自身で側近を選び、自分が辞められる日までローゼマインを無事に生かすことが自分の使命」と考えていた。 *9

ローゼマインと仲が良く、家の中では手を引いて連れたりする。急かして倒れさせたことがある。
以前はお母様のフェルディナンド様語りの聞き役を務めていたが、ローゼマインに嬉々としてその役割を回した。
イタリアンレストランでの会食に、面白そうなのに仲間はずれにするなと半ば無理矢理付いて来た。
護衛は交代で食事を取るため、早く食べることが要求されるが、ガッツリ食べた。
フェシュピールコンサートの打ち合わせでは、ローゼマインの護衛と言い切って、昼食のために神殿へ出入りしていた。

父や兄達が主や世情に振り回されている状況から、成績は上級貴族としての及第点を取っていれば良いと考え *10 、勉強はほどほどしかしていなかったが、
アンゲリカの成績を上げ隊に加入させられてからは、報酬のレシピのために熱心に勉強するようになった *11
更に、ローゼマインが毒を受けて眠りについた冬に、幼馴染のハルトムートが、ローゼマインに傾倒してドン引きするほどキャラが変わった上に、ローゼマインの側近入りを狙っていることを知り、ローゼマインをハルトムートという危険人物から守るべく、護衛騎士の継続と、ハルトムートを黙らせられる成績の取得を決意した *12

護衛騎士見習いになってから成長し、背が伸びてかっちりした体つきになってきたが、顔はまだ幼い部分もある。
襲撃を受けて、今度こそ守ると魔力の増幅や訓練を頑張ったことと、ボニファティウスが領主一族の護衛騎士を鍛え直したことから、ローゼマインがユレーヴェに眠っていた二年でかなり強くなった。

ローゼマインとエルヴィーラによって、自身が恋愛物語の題材にされないように頭を悩ませていた。
後にレオノーレと婚約する。
ローゼマインの護衛騎士では一番魔力が高い。
苦手なものがなく何でもできるが、何に関しても特化している者には負ける。
エックハルトがアーレンスバッハへ向かった際、エックハルトの館を譲られた。
狼っぽい騎獣を使う。狼はカルステッド家の紋章に描かれているものと同じ。
5・6年生の表彰式で優秀生に選ばれた。

レオノーレを選んだ理由の一つとして、ローゼマインに傾倒しすぎていないと上げている一方で、
外見だけならば文句の付けどころがない可愛い妹とか、
ローゼマインのことを自分が色々と言うことは構わないが、他人から否定されたり貶されたりするのは腹が立つとか、
ローゼマインの本への情熱を笑顔で肯定してくれるのは、嬉しくて、何とも言えない安心感があるとか、さらりと考えている。 *13

護衛騎士を辞任するどころか、中央への同行を当然と考えているあたり、シスコンぶりは限界突破中。

経歴

08年夏 ローゼマインの護衛騎士に就任する。
08年冬 アンゲリカの成績を上げ隊活動を開始する。
09年秋 ローゼマイン式魔力圧縮法を知る為の契約魔術にサインをする。
11年冬 貴族院で優秀者として表彰される。
12年冬 レオノーレと婚約。貴族院で優秀者として表彰される。貴族院を卒業する。卒業式では剣舞を奉納した。
13年冬 エーレンフェスト神殿で加護の再取得の儀式を行い、属性を増やす。
14年春 領主会議中の星結びの儀式と奉納の儀式で、青色神官(に扮した護衛)を担う。
14年冬 貴族院で奉納の儀式の青色神官(に扮した護衛)を担う。
15年春 ローゼマインのアーレンスバッハの礎取りディッターに同行する。
     アーレンスバッハの神殿で銀の武器及び防具の調査を行う。
     ランツェナーヴェの船攻略戦で、エーヴィリーベの剣をシュタープで作り出し攻撃する。
     ゲルラッハ攻防戦に参加する。
     アレキサンドリアに移籍する。

作者コメント

2016年 12月07日 書籍感想受付
コルネリウスはしっかりとトラウマ持ちになりましたからね。フェルディナンドの監視下で行えば大丈夫だと思ったら、顔面擦りおろしで大変な流血沙汰になりましたからね。
この時からフェルディナンドはすごい人だけれど、結果を出すためには過程を軽視する傾向があると、ちょっと不信感を持っています。合理的だけど、本当に大丈夫か? って感じで。
2017年 09月18日 活動報告返答
>ハルトムートの変化への反応
 まぁ、普通は引きますよね。
 キャラ違いすぎてドン引きですよ。
 変になった男が妹の側近を狙っているなんて騎士として守らなければ!って奮起します。誰もがきっと。
>コルネリウスとトラウゴットの強さ比較(護衛騎士就任前)
 弱くはないですが、年齢を考えると従兄弟の方が強くなるかも?と思われるくらいでした。
>コルネリウスとハルトムートの仲
 別にめちゃくちゃ仲が悪いわけでもないんですよ。当たり障りのない距離感だった関係がローゼマインの登場によって維持できなくなって、新しい関係が始まったところです。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 比較対象がフェルディナンドに仕えたエックハルトとか信者ハルトムート・クラリッサだから傾倒しすぎてないとか思ってるんだろうけど、実態はローゼマイン大好き夫婦だよね - (2017-08-29 02:53:01)