ローゼマリー

初出:第166話

家族構成


地位

階級:中級貴族→上級貴族

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+20 *1
  • ローゼマインとの学年差:+20or21(誕生季による)
  • 享年20

作中での活躍

カルステッドの第三夫人。
マインの戸籍ロンダリングをする際に作られた設定として(実際にはローゼマリーに娘はいなかった)、ローゼマインを産んだ母親、生母とされる。ただしこれは非公式であり、洗礼式において発表される公式な母親は、あくまでエルヴィーラ)である。
ローゼマリーの娘という設定を作った際に、マインの名前がローゼマインに改められる。
ジョイソターク子爵という面倒な親戚がいた。
トルデリーデとローゼマリーの実家の確執によっておきた騒動の心労で、元々体が弱かったため高みに上った。(実家の確執が元で険悪な関係になったトルデリーデに嫌がらせを受ける→それを見たカルステッドがローゼマリーを庇う→夫が第三夫人を庇った以上、公平にするためにエルヴィーラトルデリーデ側に寄らざるを得なくなる→結果、ローゼマリーは第一夫人と第二夫人の両方を敵に回すことになってしまった) *2
「お母様曰く、お父様の騎士心を刺激するか弱い人だったって」

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。