リヒャルダ

初出:第182話 *1

声 - 中根久美子

家族構成


容姿

髪の色:淡い灰色
000000000
瞳の色:黒
000000000
淡い灰色の髪に黒い瞳。
白髪に見えるが、若い頃からこの色。

地位

階級:上級貴族
職種:側仕え・グレートヒェンの側仕え→ガブリエーレの側仕え→ヴェローニカの側仕え→カルステッドの教育係→ゲオルギーネの側仕え→ジルヴェスターの筆頭側仕えローゼマインの筆頭側仕えジルヴェスターの側仕え

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+53 *2
  • ローゼマインとの学年差:+53or54(誕生季による)

リヒャルダ視点の回

SS39話 リヒャルダ視点 新しい姫様

作中での活躍

ローゼマインの筆頭側仕え。その後、ジルヴェスターの側仕えへ異動した。
上級貴族の未亡人で、すでに孫もいる。
ローゼマインを姫様と呼び、フェルディナンドを「坊ちゃま」と呼ぶ。
神官長の呼び方はディートリンデとの婚約により、様付けになった。
カルステッドの教育係を務め、その後、ジルヴェスターの乳母をしていた。
フェルディナンドの養育にも関わった。
そのため、3人を叱り飛ばせる数少ない人物のため、ある意味最終兵器。
フェルディナンドのコンサートは彼女がいたからこそ、できたもの。
ジルヴェスターの乳母の仕事を終えた後は、側仕えとして仕えていた。
ジルヴェスター自らの頼みでローゼマインの側仕えとなった。
旧ヴェローニカ派の粛正の影響によって、夫婦で側近を共有しなければならないほど困っているジルヴェスターの側近に戻った。
ジルヴェスターの第一婦人であるフロレンツィアと第二婦人になるブリュンヒルデとの間に立つためでもある。
何かと突っ走る者ばかりのエーレンフェストの中で数少ないストッパー。
ローゼマイン、フェルディナンド、ジルヴェスター、ハルトムート、ユストクスとこれだけの突っ走るメンバーを時には叱り飛ばし、時にはコントロールしている苦労人。
「リヒャルダ無双されたら、勝てる人はいないと思う」

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ある意味最強の人 - 2017-10-18 00:09:01