オティーリエ

初出:第183話*1

家族構成

夫:レーベレヒト
息子:第一子。フェルディナンドと貴族院在学期間がかぶっている*2。14年春時点で結婚して独立済*3
息子:第二子*4。14年春時点で結婚して独立済*5
息子:ハルトムート(末息子*6)

容姿

瞳の色:橙の瞳
000000000
ハルトムートとよく似ている*7

地位

階級:上級貴族
職種:側仕え・ローゼマインの側近

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+28*8
  • ローゼマインとの学年差:+28or29(誕生季による)

作中での活躍

上級貴族の奥様。
子供が全員貴族院に入る年になったこと*9、仲の良いエルヴィーラに側仕えになって欲しいと頼まれたこと*10
養子縁組の裏をレーベレヒトが知りたがっていること*11、領主一族の側近に入ることでライゼガング系貴族の勢いを取り戻す一助とすること*12
等の理由で、ローゼマインの教育係兼側仕えとなった。
洗礼前の息子を連れて、家に何度も遊びに行く程*13エルヴィーラと仲良し。

「優しいお母さんって感じ。ホッとする」

末息子のハルトムートが進言してきた「ヴィルフリートを追い落とす為の案」を却下する際に告げた、
「皆を引き上げつつ、ローゼマイン様を聖女として盛り立てる方が効果的」*14という発言が、後に、ハルトムートによる聖女伝説加速活動として結実した。

息子夫婦であるハルトムートとクラリッサについては、匙を投げているところがある。
「その二人はどこまでもついて行くでしょう。あまりにも暴走した時のために名を受けておくのも一つの手段かもしれませんね」

側近不足になったジルヴェスターにローゼマインがリヒャルダを返した後は、ローゼマインの筆頭側仕えになった。
その後、中央へ行くローゼマインについていく側仕えの教育と引継ぎを行った。

経歴

前27(or 前28)年 誕生
前20(or 前21)年 洗礼式
前17(or 前18)年冬 貴族院入学
前12(or 前13)年冬 貴族院卒業
前11年頃 レーベレヒトと結婚
~前08年 第一子を出産*15
~前05年 第二子を出産*16
前03年冬 ハルトムートを出産
11年夏 ローゼマインの側仕えに就任*17
13年冬 ローゼマインの筆頭側仕えに就任*18
14年春 クラリッサの城勤務の監視兼務の同行者となる。*19
     ハルトムートの名捧げに立ち会う。*20
14年秋 ローゼマインの側近として、グレッシェルの広域ヴァッシェンを行う。*21
15年春 ローゼマインの移籍に伴い、側仕えを辞任する。*22

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ブリ - 2017-01-04 20:11:02