フリッツ

初出(書籍版):第二部「神殿の巫女見習いIV」 神殿長の側仕えになるために*1
初出:第217話*2

容姿

髪の色:焦げ茶
000000000
瞳の色:濃い茶色
000000000
焦げ茶の髪に濃い茶色の瞳で、とても落ち着いた穏やかな容貌。

地位


年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+18*3
  • ローゼマインとの冬の年齢差:+18or19(誕生季による)

作中での活躍

ローゼマイン工房の管理を主にする側仕え。
シキコーザの側仕えで我慢強さには定評がある。
ルッツギルの仲裁もこなす、工房における縁の下の力持ち的存在。
聖女伝説が浸透していて、ローゼマインの前ではややぎこちない。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
04~05年頃 シキコーザの還俗に伴い、側仕えを解任される。*4
08年秋 ローゼマイン(神殿長)の側仕えになる。*5

作者コメント

2016年 06月09日 活動報告返答
マイン賛辞を続ける灰色神官達に和んでくださってありがとうございます。
内輪でしか語られなかったマインのすごさを聞いてくれる人が初めて現れたので、彼等もノリノリでした。(笑)

2017年 09月07日 活動報告 2017/09/18 感想返し
 縁の下の力持ちです。
 面倒見が良くて、孤児院では人気があるのですよ。

>シキコーザの去就が辛かったのか?
 そうですね。フリッツは側仕えの生活から孤児院の生活に戻ったことで、完全に生活が変わりましたから。
 どれだけ我儘で大変な主であっても、側仕えである時は生活が保障されていたのです。孤児院では生活が不安定になりましたからね。
 また、次に側仕えでなくなるということはローゼマインが孤児院長でなくなるということです。その後の変化については楽観視できません。

>ローゼマインがアレキサンドリアに行くときにフリッツは残るのか?
 残ります。
 エーレンフェストの孤児院を支える者も必要ですから。
 ベンノだけではなく、プランタン商会との繋がりができているので、エーレンフェストに残るプランタン商会とはずっとお付き合いが続きます。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。