ノーラ

初出:第198話

家族構成

弟:トール

容姿

髪の色:薄紫に近い青
000000000
瞳の色:青
000000000
薄紫に近い青みを帯びた髪に青い瞳。
綺麗な顔立ちをしている。

地位

階級:平民
職種:ハッセ孤児灰色巫女

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差:+7(秋) *1
  • ローゼマインとの冬の年齢差:+7or8(誕生季による)

作中での活躍

トールの姉。
三年前に流行り病で両親と死別して孤児になった。
綺麗な顔立ちをしているため色々な男たちに色々な狙われて、緊張の毎日に疲労を蓄積させていた。
成人と同時に貴族のカントーナへ売られる予定だった。
小神殿の孤児院へと移り、小神殿が襲撃されても相手が吹き飛ばされたことで、安心して体を休めた。
冬籠りでエーレンフェスト神殿に行ったときは、最年長のため小神殿の面子では一番環境の変化に適応できていなかった。
自分より小さい子供達に教えられてばかりの境遇に自信をなくしていたが、編み物を皆に教えることで役に立ってる実感を得て居場所ができた。
出産を手伝ったことがあり、リリーの出産はハッセの女性と共に行った。

経歴

05年 流行り病で両親が死亡し、ハッセの孤児院に入る
08年秋 小神殿の孤児院に灰色巫女見習いとして買い取られる
09年頃 成人し、灰色巫女となる

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。