ユストクス

初出:第197話

家族構成


容姿

髪の色:灰色
000000000
瞳の色:茶色
000000000
髪や瞳もそれほど目立つような色ではなくて、顔立ちも普通。
埋没しやすい、特徴のない人。
背はやや小柄だが、目立つほどの小柄ではなく、靴で誤魔化せる程度。
体型はいくらでも誤魔化せる。

地位

階級:上級貴族
職種:側仕え兼文官・フェルディナンドの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+25 *1
  • ローゼマインとの学年差:+25or26だが、+26の可能性が高い *2
  • 誕生季:学年差が+26の場合、秋か冬
  • 属性:フェルディナンドに名を捧げているため、全属性になっている可能性がある *3

ユストクス視点の回

書籍第九巻SS ユストクスの下町潜入大作戦
第460話 閑話 アーレンスバッハ生活の始まり
SS17話 ユストクス視点 古ぼけた木札と新しい手紙

作中での活躍

リヒャルダの息子。以前は妻がいたようだが現在は独身。
ローゼマインの収穫祭に同行した徴税官。ただし本職は側仕えで文官は「趣味」 *4
側仕えとして貴族院を卒業しているが、文官コースも受講し、複数コースの受講が可能であることをフェルディナンドに教えた *5
情報と素材を収集するが趣味の変人で、集めるだけで満足する。
単独で素材集めをするため自衛能力も高めで、フェルディナンドエックハルトから戦闘要員扱いされるレベルの戦闘能力を有する *6 。フェルディナンドがイタリアンレストランに向かう際には、護衛騎士代わりも務めている *7
情報を集めるために様々な階層の者に擬態し、口調、動き方、態度、生活習慣を真似て情報を得ている。
女装して貴婦人のお茶会に忍び込んだこともある。
マインの情報集めのために下町にも入り込んで、全くと言って良いほど情報が集まらない事に挑戦し甲斐を感じていた。
ゲオルギーネと同期だったが、玉石混淆の情報を「情報精度が悪くて役に立たない」と言われて仕える気が失せる。
ジルヴェスターのために情報を集めていたが、情報をうまく使うフェルディナンドに忠誠を誓う。
ローゼマインがフェルディナンドの側に現れてから、情報収集に日々充実している。
フェルディナンドに名を捧げていて、ローゼマインが名捧げをためらう要因の一つとなった。
フェルディナンドが還俗してからは、ローゼマインが城で仕事をさせなくなったので、城の情報収集担当になる。
ローゼマインが毒で倒れてからは、フェルディナンドに代わって、ローゼマイン工房等の印刷業担当を兼任。
その経験から、平民とうまく付き合うことを教えるために、印刷業に携わる文官見習いの教育担当にもなる。
マインの真実を知る数少ない人物の一人で、ローゼマイン関連で呼び出されることも多い。
姉でトラウゴットの母のグードルーンに変装し、貴族院に忍び込んだことがある。
騎獣バッヘルムを模したもの。

経歴

03年頃 神殿入りしたフェルディナンドに置いていかれる
09年夏 フェルディナンドが貴族社会に還俗した為、側近としておおっぴらに神殿に出入りする
13年冬 フェルディナンドについてアーレンスバッハへと移動する
14年春 アーレンスバッハの祈念式について行き素材採集を行う
14年冬 領地対抗戦にてエーレンフェストの情報を得ようと動くが上手くいかない 
15年春 瀕死のフェルディナンドの救出に尽力し、アーレンスバッハの反逆者捕縛に容赦なく取り組む

作者コメント

2016年 12月07日 活動報告返答
ユストクスは最初のラフに少し注文を付けて、もしゃっとした髪型にしてもらい、私のイメージに近付けてもらいました。
モブ顔でどこにでも潜り込めそうで、リヒャルダに目元が似ていて個人的に結構気に入っています。美形では潜り込むのが難しいですからね。
年上感と変人感が滲み出るという表現がよく合っていると思います。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 玉石混合ではなく玉石混交、または玉石混淆。 - 2016-06-09 05:40:07
    • 修正しました。 - 2016-09-30 11:59:57
  • 文官であり側仕えでもあり戦闘要員でもある万能上級貴族 - 2017-09-19 02:54:05
    • 万能な上級貴族の上に変わり物好きの結果的にトラブルを起こす。フェル様とエックハルト様が認識の上に言っています。 - 2017-09-19 15:45:04