リヒト

初出:第211話

リヒトの一覧

リヒトの名前で呼ばれている人物は作中で二人存在する。
  1. エーレンフェスト門番(初登場:第14話)
  2. ハッセの町長(本稿の人物)

容姿

30代の半ばから後半に感じられる。
上と下に気を使っている中間管理職の雰囲気が漂っている。

地位

階級:平民
職種:町長補佐→町長

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+30*1
  • ローゼマインとの冬の年齢差:+30or31(誕生季による)

作中での活躍

ハッセの町長の親戚で、雑務を手伝っている側仕えのような役目をしていた。
前神殿長の機嫌を取っていれば良い時代が終わり、胃の痛い日々が始まった。

マルクが流した、小神殿襲撃に関する噂を受けて、収穫祭に訪れたローゼマインに接触する機会をうかがった。
その結果、妙な目をした不審人物とエックハルトに認定された為、ローゼマンと話すことはできなかったが、
ローゼマインの指示を受けたフランより、はっきりとした言い回しでの説明を受け、ハッセが置かれた深刻な状況を理解した。*2

冬の間に話し合いを重ね、町長派を孤立させ、新神殿長派の取りまとめとなり、祈念式に訪れたローゼマインらに対応した。
反逆の芽を摘むために、フェルディナンドが出した選別の扉を、最初にくぐり抜けることで、自身の身の潔白と、扉の安全性を皆に示した。
更に、ハッセの民全員が選別の扉をくぐることを積極的に受け入れ、皆に行動を促した。*3

処刑されたハッセの町長と同様に、貴族的な言い回しを理解していなかった為、ローゼマインに無作法な手紙を送ってしまったが、
悪意なく言葉通りの解釈をしていることが明確に分かる対応をしていたことと、ローゼマインによる事前の根回しにより、罰されずに済んだ。
更に、対策としてローゼマインから貴族語講師としての灰色神官の派遣を提案され、深い感謝と共に受け入れた。*4

ローゼマインから灰色神官・巫女のあり方を教えられた*5ことや、冬の館で灰色神官達と共に過ごしたこともあり、
小神殿の者達と親しく交流しており、灰色巫女であるリリーの出産に助力した*6

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • WEB版14話で門のところで立っていた兵士もリヒトと呼ばれている。おそらく別人? (2018-05-20 21:38:22)
    • 05年の冬にエーレンフェストの(平の)門番だった人が、08年秋にハッセの町長補佐に大昇格できるとは思えないから、別人かと。一応、リストを追加しておきました。 (2018-05-22 22:48:10)