フィリーネ

初出:第219話(名前の登場は第220話)

家族構成

父:シッカーク
継母:ヨナサーラ
弟:コンラート
異母弟:ヨナサーラの長男
大叔母:父方の祖母の妹。洗礼式で付き添いをした。

容姿

髪の色:蜂蜜色
000000000
瞳の色:若葉のような黄緑
000000000
蜂蜜色の髪に若葉のような黄緑の瞳。
おっとりとしていて、おとなしい子。

地位

階級:下級貴族
職種:文官見習いローゼマインの側近→青色巫女見習い兼任(14年夏から)14年冬から孤児院長

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:同学年 *1
  • 誕生季:冬 *2
  • 洗礼時の属性(適性):土 *3
  • 3年生時に得られた加護:土・英知 *4
  • 467話以降の属性:土風

フィリーネ視点の回

SS10話 わたくしの主はローゼマイン様です
第367話 閑話 城でのお留守番

作中での活躍

下級貴族の文官見習い。
絵本の読み聞かせになると一番前に座り、最後まで絵本を見ていた。 *5
母親のお話を絵本に残したくて、ローゼマインの目覚めを待っていた。
ローゼマインが眠りについている間の冬の子供部屋では、ヴィルフリートシャルロッテの手伝いをしていた。 *6
ローゼマインのために各地のお話を集めてくる約束をしている。 *7
貴族院に入ってからは、写本をしたり、他領の子に紹介料を取って写本の仕事を融通したりしている。
フェルディナンドやローゼマインに鍛えられた結果、激務にやりがいを感じるようになってしまった。
城ではやることが少ないため、落ち着かない。
ダームエルに好意を持っていて、側近達には周知されているが、ダームエルとローゼマインは気づいていない。 *8
ローゼマインと一緒に勉強をしていたため、高度な研究の会話についていけるが、自分では気づかず魔力の高い者を羨望の眼差しで見ている。

ローゼマインの中央行きを知り、自身と弟の身の振り方で焦燥し、側近として相応しくない行動に走った際に、ダームエルに諫められた。同時にダームエルとの婚約案をダームエル自身より提示されたが、ここで甘えては駄目だと選択肢から外した。
コンラートの望みを聞き、成人するまでエーレンフェストに残留した後、ローゼマインを追って中央へ行くことを決断する。
その際の振る舞いを褒めたローゼマインには、自立した女性になった暁に、自らダームエルにクラリッサ式の求婚をする予定と打ち明けた。 *9

経歴

11年冬 貴族院に入学し、ローゼマインの側近に就任する。
11年冬 両親と絶縁する。 *10
14年春 成人するまでエーレンフェストに残留することを表明する。 *11
    この結果、残留期間中、エルヴィーラの庇護を受けることが決定した。 *12
14年春 孤児院院長後任予定の青色巫女見習いとなる。 *13
14年夏 ローゼマインの紋章入り魔石を拝領する。 *14
15年春 孤児院院長に就任 *15
    エーレンフェスト攻防戦で孤児院の避難誘導を担当
16年冬 貴族院卒業
    孤児院院長を辞し、ローゼマインの側近としてアレキサンドリアに移籍予定。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 父親の名前がシッカーク(父親失格)で継母はヨナサーラ(さよなら継母)……なのかな。どうなんだろ。 - 2016-06-27 23:47:27
  • 367話フィリーネ「ダームエルは、わたくしが成人するまで、恋人も、結婚も、できなければ良いのです!」 183話ローゼマイン「フェルディナンド様には悪いと重々承知ですが、わたくしが成人するくらいまで独身でいてくれれば嬉しく存じます」 - 2016-10-10 19:17:30