イルクナー子爵

初出:第222話

家族構成

父:先代ギーベ・イルクナー(故人)
母:先代ギーベ・イルクナー夫人
妻:イルクナー子爵夫人
 息子:イルクナー子爵の息子
妹:ブリギッテ

容姿

髪の色:赤
000000000
瞳の色:緑
000000000
赤毛に緑の瞳で、顔立ちはブリギッテと似ている。
ブリギッテをもう少し凛々しくした感じ。
田舎にいる素朴な雰囲気も持っているように見える。

地位

階級:中級貴族
職種:子爵、ギーベ・イルクナー

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+16 *1
  • ローゼマインとの学年差:+16or17(誕生季による)

イルクナー子爵視点の回

第274話 閑話 二つの結婚話

作中での活躍

土地持ちの貴族で、イルクナー子爵領を持つ。
イルクナーの気性なのか、実直で交渉事に弱く、商売が下手。
父が亡くなり、成人したばかりだったがギーベを引き継ぐ。
ブリギッテの婚約者に命を狙われた。
ブリギッテが婚約破棄しても嫌がらせがあり、共にイルクナーを支えて代官となれる下級貴族がほとんどいなく、自ら土地を飛び回っている状態だった。
ブリギッテがローゼマインの護衛騎士になってからは嫌がらせが激減する。
そのままローゼマイン庇護下に入ることを決め、後ろ盾を得て、他の貴族達に先駆けて製紙業を行う。
イルクナーに足りないものを次々とつきつけられ、貴族としての姿勢を改めていくことになった。
契約魔術で予め紙の値段の取り決めることで、値下げされずにすんなりと交渉が終わったことから、売買と商人に関する認識が少し変わる。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
05年~06年 父親の死去に伴い、イルクナーを継ぐ。 *2
08年秋 ブリギッテがローゼマインの護衛騎士となったことを契機に、ローゼマインの庇護下に入る。 *3
09年秋 プランタン商会の商人、灰色神官たちを受け入れ製紙業を興す。 *4

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。