リーゼレータ

初出:第284話

家族構成

父:先代アウブの側仕え*1→城の側仕え*2。アンゲリカの留年を回避させ卒業まで導いたローゼマインに感謝している。
母:フロレンツィアの側仕え。同上。
姉:アンゲリカ

容姿

髪の色:エメラルドグリーン
000000000
瞳の色:濃い緑
000000000
エメラルドグリーンの髪に、理知的な濃い緑の瞳。
髪は二つに分けて編み込み、できた三つ編みを後ろで更にまとめている。
色合いは違うけれど、顔立ちはアンゲリカによく似ている。

地位

階級:中級貴族
職種:側仕え見習い→側仕え・ローゼマインの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+3*3
  • 誕生季:秋と推測される*4
  • 卒業時に得られた加護:癒し*5
  • 加護取得後の属性:少なくとも水風*6

リーゼレータ視点の回

書籍第十三巻SS 有意義な土の日
SS22話 リーゼレータ視点 シュミルのぬいぐるみ

作中での活躍

中級貴族の側仕え見習い。アンゲリカの妹。
目端が利き、無駄口を叩くことはなく、くるくると動く。
笑顔を忘れず、控えめな仕事ぶりはリヒャルダのお気に入り。
アンゲリカを落第の危機から救ったローゼマインに感謝し、忠誠を誓っている。
仕事中とそれ以外がずいぶんと違う。仕事中はおとなしくて控えめだが、仕事が終わると途端にお喋りになる。
シュミルが大好きで実家でも飼っている。シュバルツとヴァイスの服の作成を頑張った。
トルステンと色合わせが済んでおり、両親の間で結婚話が進められている。*7

経歴

前02年 誕生
05年  洗礼式
08年冬 貴族院に入学
~09年 ローゼマインに側仕えとして仕える為の一年間の研修を修了*8
11年冬 ローゼマインの側近に就任する*9
     ローゼマイン式魔力圧縮法を知る為の契約魔術にサインをする。*10
12年春 ローゼマイン式魔力圧縮法の第四段階を伝授される。 *11
~13年冬 トルステンと色合わせを行い、婚約する。*12
13年冬 貴族院の卒業式で音楽を奉納する。*13
     貴族院を卒業する。
     貴族院で加護の再取得の儀式を受け、癒しの加護を得る。*14
     ローゼマインの側仕えに正式に配属される。
14年春 ローゼマインに請われ中央行きを了承する。*15
14年冬 ローゼマインの側仕えとして貴族院に同行する。*16
15年春 防衛会議にローゼマイン付の側仕えとして参加する。*17
     神殿を守る戦闘特化型シュミル3体の衣装を手掛ける。*18
     エーレンフェスト防衛にて図書館を担当する。*19
     アレキサンドリアに移籍する。
     ローゼマインの筆頭側仕えに就任する。
15年冬 ローゼマインの筆頭側仕えとして貴族院に同行する。*20

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 目端が利く割には、ローゼマインが居ない時に魔紙や魔石だけしか送らなかったんだよな。いつも料理とか送ってるのは分かってるだろうに。 - 2016-09-07 22:53:10
    • ……作成済の魔紙や、準備済の魔石ならともかく、材料・料理人・レシピ・時間を止める魔術具をゼロから手配する必要がある=金貨単位の大金を動かさないといけないものを、独断で準備して渡せないでしょう。普通の中級貴族の個人予算額は大幅に超過しているだろうし、ローゼマイン個人資産の管理権限が与えられていたとしても、独断で勝手に動かせる額じゃない。むしろ、予定こそ聞いてはいたものの、直接の指示がでていない魔紙・魔石渡しだけでも、貴族慣習の観点から見ると常識外に融通利かせている方だと思う。 - 2016-09-07 23:09:33
      • そんなの領主一族の誰かに言えば済む話だろ。相談も無しに側仕えが動くことなんて絶対に無いんだし、独断にはならないだろ。 - 2016-09-08 13:40:22
      • 同じ貴族院に居る二人にすら相談しないなんて、王族の前でも言い争いをするローゼマインの側近らしくない行動。 - 2016-09-08 13:44:06
        • 子供部屋のご褒美お菓子ですら、フェルディナンド経由でローゼマイン個人資産を流用しないと準備できない上、フェルディナンドへの仕送りは過剰で貴族の常識から外れていると考えている人達に相談するの? もし相談したとしても必要ないの一言で終わるか、良くてもローゼマインが戻ってから改めて送れば良いと言って終わるかだと思うけど…… - 2016-09-08 22:07:40
          • そうだね、ローゼマインが戻ってからお金要求すれば良いよね。ローゼマインからが駄目ならアウブからで良いんだし。 - 2016-09-08 23:11:22
            • ……いや、あの、何が何でも貴族院で渡さないといけないというものでもないのに、数百万円から数千万円相当の大金を、本人の許可なく動かすの? エーレンフェスト貴族的には常識外の贈り物 + 贈ろうとしている相手には他に婚約者がいる + ヴィルとの婚約解消はオープンになっていない + 下手に動くと男女関係の悪い風聞がつくようなお年頃 + 一度悪い評判がつくと取り返しがつかないのが貴族社会 という主の外聞が悪くなること必須という悪条件が重なっている中で?? - 2016-09-09 01:24:07
              • ついでに言えば、エックハルト達ですら、貴族の身分社会的に、主であるフェルディナンドの待遇改善を領主に訴えることは考えられないと言っているのに、彼らより更にフェルディナンドとの距離が遠いリーゼレータが領主にフェルディナンドの為の料理の準備依頼なんてできないと思う。部下が常識外のことをしたら主の責任になるから、ローゼマインが叱責されるのが必須だし。……これがローゼマインの待遇改善要求なら、エックハルト達と違ってしっかりと訴えそうだけど(苦笑) - 2016-09-09 01:31:37
              • 主が周りの賛同を得て毎回やってることを、主が居ないからと言って相談もせずに止めるのは独断だし、毎回やってるから動かして良い金額も分かってる。あと相談と要請は違う。「いつもやってるけど、今回はやらなくていいのか?」って聞くのが常識外とかアホか。 - 2016-09-09 13:57:24
              • 「意図を察して命じられる前に動けて一流」と言っていたリヒャルダに育てられてたのになぁ。まるで意識改革前のブリュンヒルデだな。 - 2016-09-09 14:02:08
                • 記述がないから妄想になるけどSSから考えて側近には必要以上にフェルディナンド達の接触は禁止されてたはずだけど - 2016-09-09 23:55:52
    • 加護の再習得のお話から必要以上な援助をおこなっていると周辺が考えていた上で養父様から送ると言っていたので余計主不在の側近には何もできない状態だったと思われます - 2016-09-09 23:57:58
      • そうだね。その頃から領主一族は誰も賛同していない……どころか良くないこととして制止している。領主会議が終了し、内々に婚約を解消した後は、賛同はしないけど、自己責任で行う必要最低限の範囲内なら、目を瞑ろうというスタンスだったかと。そもそも貴族院での料理他渡しは、移動した年の一回こっきりしかしてないから恒例行事とも言えないし…… - 2016-09-10 00:52:21
        • フェルディナンド側は当たり前だと思ってるくらい恒例だったけどな。なにしろ、アーレンスバッハへ行ってから領主会議までに3つ箱が戻ってくるくらいだしな、1年だと何回になるんだろうな?成長してからも、料理を送るって言った時に「エーレンフェストから」って即決だったから、説得力も無いな。 - 2016-09-10 06:23:10
          • 当事者間はね。問題は周辺なんだよ。本人いない上に領主が送ると明言してるのに勝手に一側近が送るのは普通出来ないよ - 2016-09-10 07:06:18
          • ……だから「貴族院での」って限定している。「本人不在の貴族院で」渡すことに拘る理由にならないって意味。戻ってから本人の指示と本人による周囲説得の元で馬車渡しすれば良い。……個人的には、領主一族に伺いを立ててはいないだろうと思うけど、そもそも、送っていないことは相談したり打診したりしていないと断言する根拠にはならない。相談した結果、却下された可能性もある。 - 2016-09-10 07:28:18
            • 対外的には不在ではなく臥せってるとなってるし、ローゼマインが居なくても通常通りに動くことにしてる。いつもやってることをやらないから、余計に「高みに向かった」と言われるだけなのに?アーレンスバッハ側からしたらいつも届いてる料理が無いから、「ローゼマインは高みに向かった」と声高に言えるようになるだけだぞ。 - 2016-09-10 15:42:14
              • 「領地対抗戦ではいつも必ず料理渡しがある」とフェル達以外は誰も思ってなくて、実際ゼルギウスも思ってないから(SS34)、別にアーレンスバッハ側の高みの判断根拠にならない。 (2018-11-14 17:25:53)
            • まぁ、言った結果がアレなんだけど。 - 2016-09-10 15:51:50
              • 時をとめる魔術具はかなりの魔力を使う設定のはずだから領主に相談せずに準備するのはまあ無理。だから、高みに云々となった一因かなとも思ってる - 2016-09-10 19:42:58
          • 個人的に把握してる分だと、料理って最初の移動時(13年秋の終わり)に持たせる・13冬の領地対抗戦で持たせる・14春に注意され手紙類をやめる(542話)・14春の領主会議直後に事前の内容確認付きで手紙許可(560話)、手紙で料理送付予告(561話)・14夏の葬儀にジル経由で届ける(567話)・14秋にそろそろ無くなる頃だなと手紙で送付予告(573話)・14秋の終わりに届ける(578話/SS32話)・14冬に失踪、帰還後にジルに相談助言でエーレンフェスト名義にして届ける(592話)。 (2018-11-14 17:16:14)
          • で、戻しは夏の葬儀後なので、最初の直接持たせ2回分の食器類と思われ、お土産類を足して馬車3台分(572話)→1年だと何回っていうのとは無関係。13冬~14冬の領地対抗戦までだと年3回…これ恒例?送付時期もランダムと言えばランダムで周囲が予測は可能と言えば可能か?って程度。それでも直接会う機会があるなら渡すってロゼマとフェル達の中ではそうだろうけど、前例1回の事例を「いつもやってる」と言わないから「独断で止めていいのか」と相談しないと思う。 (2018-11-14 17:18:16)
        • しかも理由がゲオルギーネに気付かれるからで、成長したからじゃないからな。 - 2016-09-10 06:35:23
          • こっちは帰還してからでしょ?本人が帰ってきてる状態なのと作戦の一環でもあるから状況がかわってる。さらに言えばバッハ行くには馬車だからたぶん途中で無くなる - 2016-09-10 07:09:35
            • 状況が変わったから送るよ。ってローゼマインの帰還を知らせてるだけだろ。 - 2016-09-10 15:58:18
    • 勝手に資産運用って後見人(実父or養父)の許可があっても横領じゃないかな?(冬の子供部屋は覚書(の指示書、予定)があったけど)程々に続いてるGIRONだけどここじゃあ答えなんて出ないし作者に問い合わせれば? - 2016-10-28 01:06:02
      • ダームエルの由来すら秘密(ファンブックに掲載予定)にしてるのに、問い合わせて何が返ってくるというのか。フリュートレーネの夜が来てゲドゥルリーヒが助け出されるのを待つのみ。 - 2016-10-28 17:25:23
    • 今更だが、ローゼマインなら贈る物をあえて用意しなかったことで、どういう状況なのかを伝えたんだじゃないかな (2018-11-14 12:03:20)
      • 実際伝わったしね。まぁ手紙もいちいち隠し部屋なの見てる主の私的な色が濃いこのやり取りの中、秋の終わりに届けたばかりの物(SS32)みたいに新レシピを試すとか、中身も本人が思うようにしたいだろうし、元レスみたいな本人失踪中に本人飛ばしで用意する気遣いより、本人帰還後で良いって判断するのって気遣いとして普通だと思う…ので、個人的には伝える目的が無くてもそうなってた&伝える目的もあったかも、って感じだな (2018-11-14 17:10:40)
  • 領地の移動でトルステン氏との関係はどうなったんだろう? - 2017-07-24 04:47:42
    • ローゼマイン的には手放したくないだろうし、かといってエーレンフェストから婿入りさせるのは制限かかってるし、かなり詰んでるね - (2017-08-29 09:47:39)
      • 2017/09/02の活動報告での発言からして、トルステンではなく別人と婚約したっぽい - 2017-09-05 07:22:46
        • まあ、素直に読めば、トルステンとは婚姻解消しているよね<トルステン絡みの問題が解決することが同行条件のリーゼレータがローゼマインについて移動済で、トルステンはヴィルの側近で、エーレンフェストは5年間婚姻を婿入りと嫁入りに限る位貴族流出避けている=ロゼマ・フェルの側近以外は流出忌避しているのだから。 - 2017-09-05 07:35:07
          • ブリギッテの婚約解消が傷になって、アンゲリカの婚約解消が傷になっていないところからして、領地移動や主の都合による婚約解消は傷にならないというのが貴族の感覚なんだろうね。 - 2017-09-05 08:59:52
            • そういうこともあるかもしれないけれど、それ以前の問題で、ブリギッテは(内実はどもかく)相手から批判されるような婚約破棄で、リーゼレータはエルヴィーラが介在した円満解消だろうから、外聞はだいぶ違うと思う。 - 2017-09-05 19:42:28
  • アウブの筆頭側仕えで以前と違い上位領地との折衝もしていることからも、上級貴族になっている、もしくは実質上級貴族なのだろう。婚約者は上級貴族と推定される。ゼルギウスかな? - 2017-10-11 03:27:03
    • 一代の功績だけだと婚姻以外で昇格はできないみたいなので、婚約者は上級貴族というのはありそうだね - 2018-02-16 19:47:19
      • アレクサンドリア関連だとライムント?て思ったけど中級の上魔力少な目だしゼルギウスが一番ありそうだよね。結婚していなければ (2018-03-20 21:29:43)
        • 神殿に入ってないのに、30歳前後(?)の童貞だと思われているゼルギウス…。 (2018-03-20 22:58:12)
          • 第二夫人や第三夫人の手もあるから、未婚である必要性も、童貞である必要性も、実はあまりなかったりするけどね。第二夫人や第三夫人になる場合の一番の障壁はロゼマかもしれないが(笑) (2018-03-22 07:56:47)
            • アウブの筆頭側仕えが第二第三とかありえないだろうしな。 (2018-03-22 22:51:31)
              • ロゼマの反対理由は、アウブの筆頭側仕えが云々ではなく、リーゼレータを日陰者にしたくない、誰より幸せでないと!的なものじゃないかな。ロゼマ以外は、中級が筆頭であるよりは遥かにマシという感じで、アウブの筆頭側仕えが上級貴族の第二夫人でも許容としそうな気もする. (2018-03-22 23:41:05)
                • その程度の理由で上級にしたいのなら、近い年齢のヤツがいるだろ。 (2018-03-23 05:42:55)
                  • ? ロゼマの理由(推定)は、第二夫人になることを反対する理由で、上級貴族になることを押す理由ではないけど。というか、ロゼマはリーゼレータが幸せなら、上級だろうが中級だろうが気にしない気がする。<その程度の理由 (2018-03-23 23:36:27)
                    • 「ロゼマ以外は~」のところな。 (2018-03-23 23:51:10)
                      • 「ロゼマ以外は~」のところは、上級の第一夫人ではなく上級の第二・第三夫人となることを許容する(推定)理由。 上級にしたい(推定)理由は、アウブの筆頭側仕えが中級なのはありえないという類のもの。 (2018-05-25 07:02:28)
                  • 個人的には、第一夫人でも第二夫人でも、上級でも中級でもありえると思ってる。 / 以前の婚約者選定基準を考えると、今回もフェル(主の婚約者)の側仕えを相手に選びそうなのと、フェルの側仕えにリーゼレータに近い年頃かつフェルが信頼するレベルの貴族がいなさそうなので、それなりに年上が候補にあがりやすい気がしたり、第二夫人なら子作りそんなに頑張らなくても良いよね? と結婚して(貴族院の地下書庫に同行できる)上級貴族の肩書を手に入れつつ、結婚退職せずにロゼマの側仕えを続ける、慣例破りに出る手もありかなと思ったりはしているが。<特に姉のアンゲリカは慣例破りを敢行しそう。 (2018-03-23 23:38:45)
                    • アーレンスバッハの貴族が信頼できるかシュツェーリアの盾を使って判断してたし、アーレンスバッハに来てから少しずつ味方に付けていったのに何言ってるんだ。 (2018-03-23 23:58:02)
                      • フェルが心から信頼するレベルに限定しなければ、それでも良いと思う。 シュツェーリアの盾を使った判断等は、側近となることを許容して最低限の信用をする、あるいは、内外に納得させるレベルの基準であって、フェルが心から信頼するレベルではないかと。……逆に、あの人間不信が、その程度の短期間で他人を【信頼】できるとは思わない。 (2018-05-25 07:09:19)
          • ついでに言えば、ユストクスのようにバツイチのケースも、ランツェナーヴェ戦で亡くしてしまったケースもあり得るが…… (2018-03-22 07:58:49)
    • 作者さんが「リーゼレータの仕事に対する姿勢を考えると自然と分かります」みたいなことTwitterで言ってたから、少なくともフェルディナンドの側近が相手でしょう。アウブの筆頭側仕えが中級では困るので(図書館の地下にも同行できない)多分相手は上級。とするとユストクスかゼルギウス。年齢的にはゼルギウスのが有力だけど、年齢的に奥さんと子供がいそうだけど…。ゼルギウスが奥さんをランツナァーベ戦で亡くしてるor離婚してドレヴァンに置いてきたなら、第一夫人。でも中級が上級に嫁ぐんだから第二夫人かも。 (2018-05-25 01:14:33)
      • それだとSSで書くネタになりますね。 名前が出ていないモブキャラ相手なら、小ネタすぎると言えませんか? (2018-05-25 05:45:52)
        • 答えを言わないレベルには重く、SSで単独で書くには互いのやりとりが短いので、リーゼレータの最初の婚約の時のように、別の話(今後書かれる、エーレン関係者の番外編)にさらりとまぜるか……という類なのではないかな。 本編完結後の(=書籍化の書き下ろし短編にはしにくい)話だし、当事者の感情や人間関係で山谷がなければ、側近キャラ同士の婚姻でも単独のSSに起こさない可能性はあると思う。 (2018-05-25 07:21:11)
      • 配偶者の影が見えないシュトラール、という線もあると思う。やもめであれば第一夫人になれそうだ。 (2018-10-30 22:36:51)
  • 姉を支える為にエックハルトの第二夫人。とかだったら面白い。まー流石にないだろうけど (2018-09-06 04:26:49)
    • ……アンゲリカが第二夫人だけど(第334話) <一応、突っ込んでみた(爆) (2018-09-08 00:32:23)
      • いっそリーゼレータが第一、アンゲリカが第二でもw (2018-10-30 21:56:07)
  • 祝勝宴で迷惑かけた事をダームエルに指摘された後も、ローゼマインがリーゼレータに御礼も労いも言ってないのがちょっと気になる (2018-11-19 16:31:13)
    • 自分も気にはなったけど、文章的な記述がない所で謝っているのではないかと。「記述がない」と「やってない」は別だし、そこで謝れない人なら新領地までついてきてくれないよ。 (2018-11-19 18:23:44)