マティアス

初出:第311話 *1 名前の初出:第367話

家族構成

父:グラオザム(ゲオルギーネに名を捧げている)
母:ロイエーア(ゲオルギーネに名を捧げている)
 兄:長兄(13年にゲオルギーネに名を捧げた)
 兄:次兄(13年にゲオルギーネに名を捧げた)

容姿

髪の色:濃い紫
000000000
瞳の色:青
000000000
濃い紫の髪に青の瞳。

地位

階級:中級貴族
職種:騎士見習い→騎士・ローゼマインの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+2 *2
  • 洗礼時の属性(適性):火風土 *3
  • 加護の再取得:武勇、退魔 *4
  • 534話以降の属性:全属性

マティアス視点の回

第456話 閑話 選択の時

作中での活躍

ゲルラッハ子爵の末息子で、上級に近い中級騎士見習い。
ラウレンツと共に旧ヴェローニカ派の子供達の中心にいる。
家族内で唯一ローゼマインと間近で接しており貴族院での活躍や方針から、領主一族の鑑と思っている。
アウレーリア達の星結びの儀式で旧ヴェローニカ派がローゼマイン達の強襲を計画した際、ローデリヒを通じて情報を流して未然に防がれた。
ターニスベファレン討伐時に名捧げに十分な品質の素材を得ていたが、親には隠す。
あまり期待をかけられずに育ったせいか、冷静に家族を見ている。名を捧げて、それに翻弄される者を知っているため、慎重。
旧ヴェローニカ派の子供達の命を助けるために、ゲオルギーネの集会での情報を流し、自身が仕えたい相手と心に決めたローゼマインに名を捧げた。
器用であちらこちらに指示を出しつつ、弓矢で援護したりする。
初心で、録音の魔術具に愛の言葉を吹き込むことになると、気の毒なくらいに動揺した。
貴族院の寮食で、ローゼマインの考案したスープや野菜煮込みを食べて、野菜のうまさに開眼した。
肉より野菜料理の方が好きだが、少しでも体格を良くしたくて頑張って肉を食べてる。 *5
4・5年生の表彰式で優秀生に選ばれた。
罪を犯したグラオザムの息子であることや、ローゼマインと共に中央へ向かう事を考えて、婚約相手を探さなかった。
卒業式のエスコートはオティーリエに引き受けてもらった。 *6

15年春に勃発したアーレンスバッハとの礎争奪戦では、ローゼマインと共にアーレンスバッハへ乗り込む。
ランツェナーヴェの銀の船の攻略に参戦し、エーヴィリーベの剣で凍らせた。
ローゼマインの体調が治ってからは、ゲオルギーネ一派を追ってエーレンフェストへと向かう。
故郷であるゲルラッハ領へ侵攻した旧ベルケシュトック騎士団やギーベ軍、そして暗躍するグラオザムに怒りを募らせた。 *7
ゲルラッハの夏の館をグラオザムに奪われ、後釜のゲルラッハの貴族達を壊滅させられたことから、自身の手で討つことを決意する。
館の防衛機能で血族と領主一族しか入れなくされたため、ローゼマインと共に夏の館へと潜入した。 *8
グラオザムと対峙するも、ボニファティウスとの戦闘を前提としていた高度な魔術具に圧倒される。 *9
ローゼマインから神々の祝福を受けて、グラオザムと対等に戦って消耗させた。

経歴

12年冬 4年生の表彰式で優秀生に選ばれる。
13年冬 ローゼマインに名を捧げ、側近に就任する。
13年冬 5年生の表彰式で優秀生に選ばれる。
14年冬 貴族院を卒業する。
15年春 ローゼマインのアーレンスバッハの礎取りディッターに同行する。
     アーレンスバッハの神殿に先行し清めを行う。
     ランツェナーヴェの船攻略戦で、エーヴィリーベの剣をシュタープで作り出し攻撃する。
     ゲルラッハ攻防戦に参加し、グラオザムと対峙する。

作者コメント

2015年 11月29日 活動報告
どうでもいい設定が結構あります。
マティアスは貴族院の寮食でローゼマインの考案したスープや野菜煮込みを食べて野菜のうまさに開眼した。肉より野菜料理の方が好きだけれど、少しでも体格を良くしたくて頑張ってお肉を食べているとか。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。