ガブリエーレ

初出:第302話

家族構成

夫:初代ギーベ・グレッシェル (先々代アウブ・エーレンフェストの弟)
息子:ガブリエーレの長男 (グレッシェルの跡継ぎ候補だったが早くに死去)
娘:ヴェローニカ
 孫娘:ゲオルギーネ
  曾孫娘:アルステーデ
   玄孫娘:ベネディクタ
  曾孫:ヴォルフラム
  曾孫娘:ディートリンデ
 孫娘:コンスタンツェ
  曾孫:リュディガー
 孫:ジルヴェスター
  曾孫:ヴィルフリート
  曾孫娘:シャルロッテ
  曾孫:メルヒオール
  曾孫娘:ジルヴェスターとコンスタンツェの第四子
息子:ベーゼヴァンス (神殿長)

父:アウブ・アーレンスバッハ(先代または先々代)

地位

階級:領主一族→上級貴族

作中での活躍

アーレンスバッハから嫁いできた姫君で、ヴェローニカ前神殿長の母親。
アーレンスバッハの領主候補生としては魔力が低かった。先々代の弟に領地対抗戦で優しくされて惚れ込んで、父親の権力にすがって、輿入れしてきた。
次期アウブと目されていた先々代の弟は *1 、既に第一夫人としてライゼガング伯爵の娘と結婚しており、夫人との間に1男1女があった(この子供たちは領主候補生として育てられていた *2 )。ガブリエーレの輿入れに際して、この第一夫人を第二夫人へと落すことになったため、騒動を懸念した当時の領主によって、夫は次期領主候補から外され、上級貴族へ落とされ領地を与えられ、初代ギーベ・グレッシェルとなった。
大領地の姫君で第一夫人として尊重はされていたが、夫は第二夫人となってしまった妻を愛していたため、義務的な関係だった。 *3
自分の派閥を作るため、アーレンスバッハから連れてきた自分の側近をエーレンフェストの貴族と婚姻させようとしたが、上級貴族は誰も彼もライゼガングと繋がりがあるため容易ではなかった。魔力が高めでライゼガングに反発心を抱く中級貴族を積極的に取り込み、勢力を築いていった。 *4
元々上級貴族であった側近の子孫は、中級貴族の割に属性の適性数が多く、上級並みの力を持つこととなり、ギーベ・ゲルラッハなどは、ライゼガングに頭を抑えられていることに対して色々と思うところがあった。 *5
エーレンフェストに馴染めなかったため、自分の子供を盛り立て守るために裏切らない臣下を必要として、自分の忠臣達とその子等に名捧げを強要した。
アーレンスバッハの文化を色々とエーレンフェストに持ち込んだ。
ずっとアーレンスバッハに帰りたがっていた。
三人目の子を為した後、産後の肥立ちが悪く、幼い子供を残して亡くなった。

経歴

前50~60年頃 エーレンフェストに輿入れし、初代ギーベ・グレッシェルの第一夫人になる *6
~前42 or 前43年 第一子を出産
 前43 or 前44年 ヴェローニカ(第二子)を出産 *7
~前28年 ベーゼヴァンス(第三子)を出産。産後の肥立ちが悪く死亡。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 自身の熱情のままに行動するという後世の迷惑の元凶となった人。本人は「恋に生きた悲劇の人」なつもりだったのだろう。貴族の格の上下を本質的な意味で理解してない、ローゼマインと別次元で同列だった人。 - 2017-01-08 00:32:53
  • ほんとに目的の為なら一直線で大領地の娘なのに「貴族であること」を理解してないのはローゼマインと共通点が多いな。異文化を持ち込むという点でも。惚れた人が悪かったというか、惚れるタイミングが悪かったというか・・・間が悪かったのです - 2017-08-30 16:06:37