ギーベ・ハルデンツェル

初出:第326話

概説

エーレンフェストの北端の地・ハルデンツェル伯爵領を治めるギーベ。当代の個人名はクラウディオ
アイゼンライヒがエーレンフェストに改められた際にギーベに任じられた一族であり、それ以前のハルデンツェルには疎い。

ギーベ・ハルデンツェルの一覧

  1. 前ギーベ・ハルデンツェル (クラウディオエルヴィーラの父で、ヴェローニカの異母姉の夫)
  2. クラウディオ (現ハルデンツェル伯爵。エルヴィーラの兄)

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 作中に先代が登場するシーンなんかなくないか? (2018-09-18 00:40:57)
    • ないよ? だから作中で登場する云々は書いていない。その一方で、ふぁんぶっく2の家系図で、現ギーベの父親が前ギーベと記されているから、明示されている存在として記載しておいた。……このページ自体、クラウディオができて個人説明頁が移行した後の頁の活用頁だしね。折角だから情報充実の意味合いもある。 (2018-09-18 06:17:15)
      • 登場してない人物を記載する必要があるのかってことと、登場したかのように見えて紛らわしいってことが言いたいんだけど。未登場人物を1行書いただけじゃ情報の充実もクソもないし。はっきり言って無駄な情報にしか見えない。 (2018-09-18 18:26:46)
        • 敢えて言うなら、第322話「ギーベ・ハルデンツェルの子であるため、普段はそれほどあからさまではなかったけれど、女性ばかりのお茶会に誘われると、何とも言えない嫌がらせが多かった」「先代が高みに上られてからは、お兄様が治めるハルデンツェルへの対応が厳しくなりました。」、第325話「ギーベ・ハルデンツェルの娘として育ったお母様」という記載があるので、先代ギーベ・イルクナーレベルの作中登場はしている。勿論、本人は登場していないけど。<紛らわしい (2018-09-18 20:04:43)
          • ここに書いたけど、同様に先代ギーベ・イルクナーなんかの記載も不要だと思ってるよ? 登場すらしていない人物の「そう言う人がいました」だけの情報に何の意味があるの? 人物のページに「登場人物のまとめ」って書いてある以上、個々の人物のページだって登場した人だけに留めるべきだと思う。 (2018-09-18 21:02:04)