ギーベ・ライゼガング

初出:第337話

家族構成

祖父:前ライゼガング伯爵
父or母:ギーベ・ライゼガングの親
第一夫人:ロウィンワルト伯爵の娘
兄弟姉妹:レオノーレの父or母
姪:レオノーレ
異母弟:レーベレヒト
甥:ハルトムート
叔母or伯母:ボニファティウスの第一夫人 (前ライゼガング伯爵の娘)
従兄弟:カルステッド
叔母or伯母:初代ギーベ・グレッシェルの妻
従兄弟:二代目ギーベ・グレッシェル(ヴェローニカの異母弟)

容姿

カルステッドより少し年上に見える。
文官っぽい雰囲気。

地位

階級:上級貴族
職種:伯爵、ギーベ・ライゼガング

年齢関連

  • ローゼマイン(1年生冬)視点で、カルステッドより少し年上 *1

作中での活躍

土地持ちの貴族で、エーレンフェストの南側のライゼガング伯爵領を治めている。
エーレンフェストで最大の土地を持ち、アウブ・エーレンフェストの一族が領主になるずっと以前からライゼガングを守ってきてた一族。
先祖代々、魔力で土地を開墾し、農地を広げ、アウブが変わっても恭順と婚姻によって、ずっと広大な食糧庫を守ってきた。
前ライゼガング伯爵が亡くなったら、心の内はともかく、ヴェローニカに恭順を示すつもりだった。
現実を直視し、恭順を示し、これから先また上がっていけば良いと考えていた。
ヴェローニカが失脚し、同時期にローゼマインの洗礼式が行われて領主の養女になってからは、エーレンフェストが大きく変わった。
ローゼマインを中心にライゼガングを盛り上げたいと考え、野心を燃やす。
また、前ライゼガング伯爵がジルヴェスターヴィルフリートに憎しみを向けているため、不幸を回避するために次期領主に推していた。
ローゼマインとヴィルフリートの婚約が決まり、それによってヴィルフリートが次期領主に目された事を歯痒く思う。
ローゼマインの暴走癖とヴィルフリートから事情を聞いて、引き下がる。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。