アウレーリア

初出:第366話
名前の初出:第365話
話題の初出:第183話(ランプレヒトが貴族院で思いを交わした他領の娘)

家族構成

父:アウブ・アーレンスバッハの弟
母:アウブ・アーレンスバッハの弟の第三夫人 (フレーベルターク出身の上級貴族)。故人*1
 妹:マルティナ


父方の親戚
曾祖父:先々代アウブ・アーレンスバッハ
 祖父:先代アウブ・アーレンスバッハ
  伯父:ギーゼルフリート
   従姉妹:アルステーデ
   従兄弟:ヴォルフラム(故人)
   従妹:ディートリンデ
 大叔母または大叔母:ガブリエーレ

容姿

髪の色:金
000000000
瞳の色:深緑
000000000
癖のない金髪、少々きつく吊り上がっているものの深い緑の目
ガブリエーレに良く似た面持ちをしている*2
女性にしては背がやや高い。

地位

階級:上級貴族
職種:騎士・アルステーデの側近*3→騎士*4

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+7*5
  • ローゼマインとの年齢差:+8(夏)*6
  • ローゼマインとの冬の年齢差:+8or9(上記より、誕生季が春夏なら+8、秋冬なら+9。通常は冬時点の年齢差=学年差)
この背景色は公式の人物設定第四部の情報。15歳の時に卒業できなかった理由があるのか、公式まとめの計算ミスかは不明)

アウレーリア視点の回

書籍第十七巻SS 分かれ道

作中での活躍

アウブ・アーレンスバッハの姪だが、城への出入りはあまり無く、直接の面識は少ない。
父親を同じとする子供達の中では扱いが良くなかった。また、母親がフレーベルターク出身の上級貴族で、政変後は肩身が狭くなっていた。
アーレンスバッハでは、政変勝ち組のドレヴァンヒェル出身である第一夫人派よりは属しやすいとして、ゲオルギーネの派閥に与していたが、有力な情報を得ることは出来ていなかった。
きつい顔立ちで目付きが悪く、一見騎士向きの顔立ちをしているが、性格は引っ込み思案で臆病なところがある。
他人と接して情報を得るのが苦手。
文官か側仕えになりたかったのだが、貴族院におけるアルステーデの護衛騎士が不足しているという理由で、騎士になるように父親に命じられた*7
ローゼマインは「おっとりで穏やか」と評しているが、ディートリンデはこの評価に疑問な様子である。*8

ベティーナと同時にアーレンスバッハから来て、ローゼマインから祝福を受けてランプレヒトと結婚した。
この結婚には政略が絡み、ゲオルギーネからは情報収集を命じられていたが、指示のあった貴族には接触せず、手紙でも全く情報を送らなかった。そのため、妹のマルティナからはどこにいても役に立たないと評されている。*9
逆にエーレンフェストには、大まかではあるが、アーレンスバッハの領主候補生が不足している背景に関する情報をもたらした。*10

自分の素顔がガブリエーレに似ていることから、嫁ぎ先(ライゼガング)の一族の長老達に歓迎されないと思い、自室以外では常にヴェールを被り、実家から連れてきた側仕えとランプレヒトにのみ顔を見せる生活をしていた。*11
染色コンペでローゼマインからヴェール用の布を贈られ、あまり身に付けることがなかった可愛らしい意匠に喜んだ。*12
染色コンペの後に、頑なにヴェールを被っている様が、エーレンフェストに馴染もうとしないガブリエーレと同じに見られていたと知り、誤解である旨を伝えると共に、事情を説明しエルヴィーラに顔を見せた。
その結果、エーレンフェストの布に刺繍をしたヴェールを被ることでエルヴィーラの派閥に入れるという約束を得ると共に、エルヴィーラとの関係が改善し、本館との交流が増え、周囲の使用人達の態度も軟化した。*13
フロレンツィア派の上級貴族の奥様方と同じ染め物を使ったヴェールだったため、一目で派閥が分かり、馴染もうとしているように見えるようになった。*14
周囲の目は少し和らいだが、顔を隠していることで余計に注目を集めて、染め物の宣伝になっている。
エーレンフェストとアーレンスバッハの関係が改善されるまではヴェールを取らない意向とのこと。*15

時を止める魔術具を使ってアーレンスバッハの料理を持ってこようと準備していたが、いつの間にか魚にすり替えられた上に、、料理人の同行は許可されていなかったため、調理できずに持て余していた。*16
染色コンペで話題に上がった際に、ローゼマインが新しい料理を考案すると発言し、魔術具に保存された魚を欲した為、エルヴィーラフェルディナンドを経由してローゼマインに渡した。
エーレフェスト城の料理人によってアーレンスバッハの伝統料理が再現された結果、妊娠して故郷の味を求めていたアウレーリアは旨味の抜けたツァンベルズッペを懐かしく食べる事ができた。*17
魚はその後、余った物を解体したローゼマインらに、貴重なレーギッシュの鱗の虹色魔石をもたらす結果となった。*18

エーレンフェストの引きこもり生活を満喫し、エルヴィーラが厳選した相手との社交に連れ回される以外は、ランプレヒトの実家の離れで過ごす日々だったが、アーレンスバッハにいた頃よりずっと自由を感じている。*19
ジークレヒトの出産と同時期に粛清が行われた事で、安全の為に離れから本館に移った。*20

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
09年冬 貴族院を卒業、ランプレヒトにエスコートされる
     結婚は父親には認められるが、エーレンフェスト側から却下され、ランプレヒトから別れの手紙をもらう*21
12年春 領主会議にて結婚の許可が下りる*22
12年夏 ランプレヒトと結婚*23
12年冬 初旬頃、懐妊*24
13年冬 ジークレヒトを出産*25

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 魚は料理人を害するために持たされたのかな、よくわからない - 2017-12-04 11:52:35
    • 第442話より。[1] 発言通り、料理人を同行させる許可がおりないと思わなかった。[2] アウレーリアに魚料理を味合わせるという名目で、エーレンフェストの情報を収集した(筈の)アウレーリアと接触する、または、スパイを送り込むつもりだった。……という辺りではないかと。 - 2017-12-04 19:17:01
      • そこまでの意図はなくて、昔は毎年食材購入してたみたいだからエーレンフェストでも料理人くらいいるだとと思われたに一票 - 2017-12-04 23:10:36
        • そういう理由なら第442話で「同行を許されないとは思わなかった」発言をせずに正直に言ったかな?とは思う (あの面子がエーレンを貶すことになるかもしれないからと、発言を自粛するとは思えないし)   後は、素朴な疑問だけど、貴族階級の料理人は普通に存在するのだろうか? 貴族の料理人がいない場合、平民料理人には調理不可の食材が多かったけど。フェルは素材採集手段として身につけた方法で処理していたけど、料理人の立場でああいう処理をする貴族もいるのだろうか?? 楽師は側仕えを兼任する貴族階級が普通にいるとのことだけど、料理人はどうだろう。活動場所が地階中心で貴族向きではないけれど……(悩) - 2017-12-05 07:18:12
          • ああでも、もし今まではいなくても、アレキサンドリアでは、食材処理(料理人の一歩前)を兼任する騎士なる職業が生まれそうだね(笑) ロゼマの広げた魚料理に対応すべく。 - 2017-12-05 07:21:44
    • 書籍第4部ⅴのSSで、嫌がらせにより持参予定の料理とすり替えられたことが判明しましたね! (2018-12-11 09:38:45)
  • 「染色コンペでローゼマインからヴェールの布を送られた。」は「贈られた」だと思う。 - 2018-02-27 11:39:25
  • エーレンフェストの情報を得るため送られてきたが、一度も情報を送る事もなく、ゲオルギーネに接触するよう言われた貴族とも繋がりを持たず、マルティナからは捕らえられていると思われていた。(521話) - 2018-03-16 11:48:00
  • エーレンでの引きこもり生活をアーレンよりも自由と感じるほど、元の生活ってどんなんだったんだろう… (2018-09-08 13:46:54)
  • フェルディナンド (2019-02-12 20:48:59)
  • 挨拶もせずにローゼマインの後ろから「そのように幼くで大丈夫ですのですの」と声をかけておいて、その後殆ど表に出てこない。よく分からないキャラの一人。 (2019-05-23 07:29:21)
    • ローゼマインが挨拶に参加しなかった(参加させなかった)だけだぞ。 (2019-05-23 18:02:25)