アナスタージウス

初出:第286話

家族構成

父:トラオクヴァール
母:トラオクヴァールの第一夫人 (元ギレッセンマイアーの領主候補生)
妻:エグランティーヌ
 娘:アナスタージウスとエグランティーヌの娘
兄:ジギスヴァルト
異母弟:ヒルデブラント

父方の親戚
従姉妹:エグランティーヌ

容姿

髪の色:豪奢な金
000000000
瞳の色:グレイ
000000000
豪奢な金の髪にグレイの瞳の美人。

地位

階級:王族

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+5 *1
  • 加護の再取得:4の神々 *2
  • 加護の再取得後の属性:全属性(元からではない)

アナスタージウス視点の回

SS19話 アナスタージウスの頭が痛い報告時間
SS23話 アナスタージウス視点 奉納式の準備

作中での活躍

ローゼマインと最初に会った時は、聖女の評判で自分の気を引きたいのだと決め付け嫌味を言うも、これ以上はない程の嫌味と皮肉を返される。その後も蔑ろにする行動をとっていたが、自分に何の関心もないことを言動から気付く。
ローゼマインから入手したエグランティーヌの情報や忠告を受け入れて振り回された結果、エグランティーヌの心を射止めた。そのことで一応ローゼマインには感謝している。
エグランティーヌを得る代わりに、王位はジギスヴァルトに譲る。
動きを止めていた王族の魔術具を動かすことに尽力し、政変で拡大していた中央の直轄地を治めるようになる。
エグランティーヌの頼みもありエーレンフェストやローゼマインをある程度はサポートしようと動く。
王族としての教育を受けてきたが、エグランティーヌと結婚するまでの出来事もあって、指摘を受ければ他者の意見や考えを取り持つようになっている。
王族としての務めを果たすが、ダンケルフェルガーとエーレンフェストが引き起こす問題が大きすぎて、何度も貴族院に関わることになる。
エーレンフェストダンケルフェルガーの問題児担当になりつつある。 *3
エグランティーヌに対する独占欲が強く、何よりも優先し、姻戚からもエーヴィリーベに例えられることもあった。

13年冬の領地対抗戦において、ローゼマインとジルヴェスターからトルークやアーレンスバッハ関連において重要な情報を提供される。その場に居合わせたアウブ・ダンケルフェルガーの第一夫人に、有事の際の助力を願い出た。
14年春の領主会議の時に父の第三夫人のマグダレーナ、兄のジギスヴァルト、異母弟のヒルデブラント、妻のエグランティーヌと共に王族として地下書庫の翻訳作業にも参加した。
エグランティーヌが祠巡りを行った際に神からお告げがあり、妊娠が発覚した。洗礼式まで懐妊を広く知らしめる事は出来ず、エグランティーヌを守るため、ローゼマインに対してフェルディナンドを餌にした脅しにも取れる命令の形で祠巡りや地下書庫の最奥への探索をさせる。
ローゼマインが地下書庫で最奥に入れず傷だらけになった姿を見て、自制を失っていた事を悟り謝罪の意味を込めて癒しをかけた。
この一連のやりとりでは政治的にもローゼマインがグルトリスハイトを取得したほうがよいなどと主張していたが、本音はエグランティーヌの平穏のため。妻は政争を避けるためにツェントから離れたが、グルトリスハイトに近づいたため、守るために先走った結果だった。
そのためにローゼマインの意思や状況を考慮せず一方的に要求を突き付けたことから、エグランティーヌを含めて王族とは友好関係を結ぶことはできないと判断され、隔意を持たれるようになる。
なお、懐妊自体は王族の魔力不足の現状をさらに苦しくする上、王位争いを再燃させかねず、ジギスヴァルトには危険で配慮が足りないと評されている。
エーレンフェストとの間で行われた会合では、銀製品など既存の統治を揺るがす危険物を含む情報提供も「ただの姉弟喧嘩」として扱い、その後も王族が事態の把握へと動いたり進展をみせた様子もなく情報を活かすことはなかった。また、会合の際王族が起こした政変や王命でエーレンフェストを振り回した事を棚に上げた言動を行ったため、ジルヴェスターを激怒させている。
王族内のローゼマインの扱いに関する意見としてツェントになるローゼマインを必要な時以外は図書館に閉じ込めておくのが一番平和だと主張したが、態度が不敬だとしてトラオクヴァール王から長い間接触禁止の命令が出される。 *4
ローゼマインが関わると何が起こるかわからないため、事前にできる限りのことを把握するように告げている。
14年秋にエグランティーヌが第一子の女子を出産し父親となった。 *5

15年春貴族院防衛戦では、ツェントの護衛騎士であるはずの中央騎士団に裏切られ、外患誘致に加担されてしまう。ツェントであるトラオクヴァールも毒を盛られており、それを支持するかのような発言をしていた。
フェルディナンドから呼び出され、貴族院に赴く。その際に、録音されたトラオクヴァールの発言を聞いて顔色を失う。
王族が礎の防衛という義務を全く行わず、ランツェナーヴェにより王族含むユルゲンシュミット貴族が魔石の供給源として殺される危険性と王族がいなくともグルトリスハイトを授与できるという状況から、王族の進退が危ういことをローゼマインに指摘される。王族ひいてはエグランティーヌの今後について友人として助けないのかと抗議したが、自分達が今まで行った脅迫などを悪意なく引き合いに出され、反論を封じられた。
自ら戦いに参戦し、裏切ったラオブルートに怒りを向けて、戦いながら問い詰めた。トルークで操られた中央騎士団はアナスタージウスを攻撃することがなく、魔術具で一掃されるまでは有利な状況を作り出した。
貴族院での攻防の収束後、フェルディナンドと共に中央神殿へ赴き、イマヌエルを捕縛した。
王族とエーレンフェストとダンケルフェルガーの間で行われた話し合いでは、王族を解体することや、次代のツェントを妻であるエグランティーヌが行うことが決まる。
中央領地の解体に伴いアダルジーザの離宮に住居を移すよう言われると、顔面蒼白になった。自身がおぞましいと評したはずの離宮を、トラオクヴァールやジギスヴァルトによってローゼマインが使う離宮として整えていることを知っていた模様。
エグランティーヌがツェントになることによって受け持つ重責に反発し、重みから逃れるように唆そうとするが、フェルディナンドから共に背負うことが伴侶の役目だと叱咤を受ける。
グルトリスハイトの継承式が行われるまでの間、ハルトムートから神事の教育を受けた。
継承式の後、エグランティーヌや護衛騎士と共に国境門に幽閉されたジェルヴァージオの捕縛へ向かうが、抵抗されて護衛騎士の半数を失う。

経歴

12年春 エグランティーヌと婚約する。 *6
13年春 エグランティーヌと結婚する。 *7
14年春 ローゼマインへの接触禁止命令が出される。
14年秋 第一子の女子の父親となった。
15年春 外患誘致の事前情報を得ておきながら侵略され対策も練れず中央騎士団から造反されている王族として最奥の間に呼び出される *8
15年春 ツェント・エグランティーヌの王配となる。
15年春 エグランティーヌと共に、ジェルヴァージオの捕縛に向かい、成功するも護衛騎士の半数を失う。

作者コメント

2015年 10月25日 活動報告
アナスタージウスは順調に保護者枠に入っていますが、保護者レベルが低いです。側近が入れない書庫に王族命令でローゼマインを入れてしまったところがすでに失敗。ジギスヴァルトに「悪気はないのです」と弁解しつつ、資料を取り上げようと奮闘していました。
始まりの庭への道 あとがき
そして、呼びつけられた保険王子アナスタージウス。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 失態ばかりの王族の中でも、実は最悪の大失態男がこの人ではないだろうか。 彼がエグランティーヌを(時期をわきまえず)妊娠させたことで、エグランティーヌはグルトリスハイト取得を中断させられ、時機を逸したのだから。 - 2017-03-04 02:46:58
    • tada, - 2017-03-05 22:43:59
      • 失礼。失敗しました。あの時期にエグランティーヌがグルトリスハイトを取得していれば、ユルゲン的に良かったのに、という点は同意。ただ、ジギスヴァルトの王への執着が明るみになると、エグランティーヌがグルトリスハイト取得しちゃった時が怖いです。……グルトリ譲るために、ジギの魔力に染まれ、とか言われそうじゃない? - 2017-03-05 22:48:00
  • エグ(妻)最優先の色ボケという時点で上の立場には不向きでしょうね。能力以前の問題かな。そういう点では、ジギスヴァルトのほうがはるかにましだと思った。 - 2017-03-05 23:55:46
  • この人は妻(恋慕対象)がエグみたいな、出自や後ろ盾が強力で出身領地がぐいぐい政治干渉する人じゃなければ妻が政治に全く絡まないのでましになるという感想。銀英のアンネローゼが適任かな。 - 2017-04-19 21:00:04
  • 「ただの姉弟喧嘩」云々のあたりはアナスタの発言なの? - 2017-05-15 18:22:38
    • 明言はしてないがローゼマインが王族全体ではなく、アナの顔面にグルトリを投げつけたいと思っていることと作者の癖(明言しないが婉曲に事実をにおわせる事多し)からその可能性が高いかな。アナひとりでなく王族全体が同様の感想だったから王族に危機感がなかったのだと思うが。 - 2017-05-17 23:19:08