エグランティーヌ

初出:第297話*1
名前の初出:第305話

家族構成

父:故人。前王の第三王子
母:故人。先代アウブ・クラッセンブルクの娘
 姉:故人。没年は婚約の話がでる年頃*2
 兄:故人。没年は洗礼式を終えて少し経った年頃*3

夫:アナスタージウス
 娘:アナスタージウスとエグランティーヌの第一子

父方の親戚
祖父:前ユルゲンシュミット国王
叔父:トラオクヴァール
 従兄:ジギスヴァルト
 従兄弟:アナスタージウス
 従弟:ヒルデブラント

母方の親戚
祖父・養父:先代アウブ・クラッセンブルク
伯父(or 叔父)・義兄:アウブ・クラッセンブルク
 従兄:次期アウブ
 従弟:ヘンスフェン*4
 従妹:ジャンシアーヌ

容姿

髪の色:豪華に波打つ金の髪
000000000
瞳の色:明るいオレンジ色
000000000
豪華に波打つ金の髪に明るいオレンジ色の瞳。
光の女神にも例えられる美少女。

地位

階級:王族 → 領主一族 → 王族 → 王
職種:王女 → 領主候補生 → 貴族院領主候補生コース教師 → ツェントユルゲンシュミットの国王兼中央神殿長

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+5*5
  • 誕生季:冬*6
  • 洗礼時の属性(適性):全属性*7
  • 加護の再取得:2の神々

エグランティーヌ視点の回

書籍第十五巻SS 卒業式と祝福の光
書籍第十九巻 エピローグ

作中での活躍

フルネームは「エグランティーヌ・トータ・アドティ・クラッセンブルク」*8
第一王子との政争に決着がついた日の夕食後の食堂で、洗礼式前で同席できなかったエグランティーヌが就寝の挨拶をしている際に、
兄・姉・毒味をしていた給仕・母が次々と嘔吐して倒れ、そのまま亡くなった。*9
その上同日の夜に、グルトリスハイトを探す第一王子派により、エグランティーヌが暮らしていた離宮が襲撃された。
乳母を助けるべく必死でクラッセンブルクの援軍を招き入れたが、時既に遅く、襲撃者達だけではなく乳母や離宮に仕えていた中央貴族達など大勢の者が殺された。*10
幼さ故に何が起こったか知らされぬまま、クラッセンブルクに養女として引き取られ、政変が終わった際の祖父の報告で状況を把握した。
先代アウブ・クラッセンブルクに敵を討ったと誇られても、家族が倒れる姿が脳裏に浮かぶだけで嬉しさは覚えず、
政争は勝敗によらず死者が増えるだけで、絶対回避すべきであると、強く心に刻まれた。*11

貴族院の卒業式では奉納舞の光の女神役をした。
前王の第三王子の娘であり、王位継承争いの鍵の一つ。現在、最も王族の血が濃いとされる。
王位継承争いを恐れ、神殿へ入ることを考えるほど悩むもローゼマインの仲介により、アナスタージウスと結ばれる。「自分が原因となって争いが起こるのを望まない」と発言するなど権力欲を持たない一方で自分から主導的に争いを終わらせたり国難を救うといった意思に乏しい。
上位領地の横暴から守ったりアナスタージウスに助力を頼むなどエグランティーヌの望みをかなえるサポートをしたローゼマインには友達として好意を持つも、自分の言動や立場に対して無自覚なところがある。
貴族院での友人は、大領地はアドルフィーネくらいで中小領地のほうが多い。
第二夫人の子である男の領主候補生がいるが交流はほとんどない。
引退した王族傍系の先生に代わり、貴族院で領主候補生コースの教師になる。

14年春の領主会議の途中、本人曰く祠巡りをした時に祈りを捧げた神から懐妊している事と子供に障るので祈りを止めるように言われ、奉納した魔力を祝福として返される。
その後、エグランティーヌは洗礼式まで子供が居る事を表に知らせないという慣習もあってか情報提供はせずローゼマインにアナスタージウスと共に脅迫も交えてグルトリスハイトの取得を強要する。
「王族としての自覚が薄くローゼマインに甘えている」とヒルデブラントを評し、「地下書庫の解読と古語習得は王族の義務」とフェルディナンドに忠告されたにも関わらず、エグランティーヌだけの意思ではないが王族ですらない学生に頼ったり、アナスタージウスとの独断でグルトリスハイトを取得するようローゼマインを脅迫し、さらには「エーレンフェストの崩壊は些事」と言い切り訴えを無視するなど、政変後の王族に貢献し振り回されているローゼマインやエーレンフェストを蔑ろにする言動を行うようになったため友達付き合いは無理だとローゼマインに判断され、王族に対する不信と隔意を持たれる。本人やアナスタージウスとしては、一連の言動は友達付き合いに支障が無い行為と思っていた模様。
また魔力不足が深刻な上ジギスヴァルトの地盤が安定していないことを自身が訴えながら、女児なので運よく回避されたが更なる火種と窮地を呼び込みうる時期を考慮しない懐妊は、ジギスヴァルトに自分や妻の大きな負担となったことも併せて心中で批判されている。

14年冬の貴族院ではクラッセンブルクとの橋渡しを行い貴族院で行う奉納式の準備をするが、大人が基本は不干渉とされる貴族院での研究をエグランティーヌが仲介するという、実質王族肝いりという断るのが不可能な状況を作っている事や、王族入りなどの受難を課したエーレンフェストへの負担を考慮していないとローゼマインに指摘されると困惑するなどエーレンフェストの状況と自身の立場を考慮していなかった様子が見られた。
その後、ローゼマインが始まりの庭に飛ばされて失踪し、戻ってこなかった時にはグルトリスハイトの取得をするために祠巡りをすることを命じられる。
出産後で体に障る可能性がありクラッセンブルグとの関係からアナスタージウスは難色を示すが、グルトリスハイトの取得が最優先という方針からエグランティーヌはこれを受け入れる。


ランツェナーヴェとアーレンスバッハ首脳部が引き起こした貴族院防衛戦の後に、女神が降臨したローゼマインとの話し合いに王族の一員として参加。
上位の立場となったローゼマインとフェルディナンドに王族全体が「(王族の過去の行いや政変の大規模処刑による魔力不足・知識の断絶がそもそもの原因であることなど)自分たちの非すら分からず、自覚や能力が足りない」と批難され、二人の誘導もあって初めて「王族の不始末は王族が償う」とエグランティーヌ自らが発言し、白の塔での幽閉を回避するためにもグルトリスハイトを授かる次代の王になる事を決意する。
ローゼマインに名を捧げ、貴族院にて奉納舞を舞う儀式を行い、始まりの庭に赴く。
フェルディナンドが作成した魔術具のグルトリスハイトを授かり、ツェントの座に就いた。
「長い歴史の中で少しずつ歪んできたユルゲンシュミットとツェントの在り方を見つめ直し、中央神殿の神殿長として古の儀式を復活させ、女神の化身であるローゼマイン様とお約束した通りにユルゲンシュミットを導いていくことを、わたくし、エグランティーヌは今この場で光の女神と側に仕える眷属たる十二の女神に誓います」

ローゼマインに礎を染めてもらった直後、アナスタージウスと共に国境門に囚われたジェルヴァージオを捕縛しに行ったが、同行した護衛騎士の半数を失った。
その後、グルトリスハイトに関する記憶が多くあることを考慮して、エグランティーヌがジェルヴァージオの記憶を覗いた。

15年春、領主会議前にアレキサンドリアを視察した際には、一連の出来事により思うところがあったらしくローゼマインには自分の今までの行為を改めて謝罪した。

15年春の領主会議で、中央神殿長として星結びの儀式を行う。
ローゼマインを擁護し、会議中もローゼマインの意見を伺う。
出身地のクラッセンブルクと距離を置いた。



経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
~3年頃 家族を失い、先代アウブ・クラッセンブルクの養女となる。*12
03年冬 先代アウブ・クラッセンブルクの娘として洗礼式を終える。
11年冬 貴族院卒業
12年春 アナスタージウスと婚約する。*13
13年春 アナスタージウスと結婚する。*14
13年冬 貴族院の領主候補生コースの教師となる。
14年春 領主会議中、地下書庫の翻訳も並行する。
    大神の祠に入る。
14年秋 アナスタージウスとの間に第一子である娘を出産する。*15
15年春 貴族院防衛戦の戦後処理の一環として、中継ぎツェントとなる*16
15年春 アナスタージウスと共に、国境門に幽閉されていたジェルヴァージオを捕縛し、記憶を覗く。*17
    領主会議で中央神殿長として儀式を行う。
    ローゼマインを擁護し、会議中はローゼマインに意見を求める(相談する)。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • アーレンバッハ潰れたらベルケッシュトックも破綻してしまうからなあ (2018-11-03 00:56:13)
  • 火の神から返してもらった祝福で妊娠期間が1 (2018-11-07 22:54:38)
    • 失礼、書き込みミス。祝福で妊娠期間が1~2ヶ月短縮された模様。祠巡りのやり直しは大変だけど、赤ちゃんに魔力を注ぐ期間が短縮されたから奉納した魔力分以上の見返りがあったのかな。癒し系やステータス向上系の祝福以外はどんな効果があるのかよくわからなかったが、月単位で胎児の成長を促進できるなら、自分でお腹の赤ちゃんに祝福をかけながら育てるのも有効かも。 (2018-11-07 23:04:03)
      • あの火の神の祝福だから、女児なのに将来アンゲリカみたいな脳筋に育たないか心配。ロゼ魔さんが魔力の流し過ぎは流産しやすくなると聞いて、祝福なら大丈夫だろうと全属性の祝福を自分の胎児にかけまくり、魔力が見合う相手が一人もいないようなスーパー赤ちゃんがあっという間に生まれたりして。 (2018-11-07 23:17:33)
      • 一般的な妊娠期間をどの程度と想定しているの? SS19話(13年冬の始め)頃の行為で妊娠した場合、14年秋の終り出産(第586話)だと10か月以上の妊娠期間となるのだけど。 勿論、妊娠開始時期は厳密には未確定だけど、短いと確信できるような描写もないと思うが。 (2018-11-07 23:20:38)
        • アウレーリアの妊娠出産時の描写(第403話、第522話)で、冬の初旬懐妊で秋の終わりに出産と予想されていたことから、SS19話頃の懐妊の場合は、(フロレンツィアの第四子妊娠時と同じレベルで妊娠に気づくのが遅いという突っ込みはあるけれど)妊娠期間は一般的となると思う。 (2018-11-07 23:38:35)
        • 王命により毎週のように祠巡り→春に妊娠即祠で発覚→秋出産、だから9ヶ月未満と推測。妊娠の極初期であっても神には「女児」とまでお見通し。 (2018-11-07 23:44:11)
          • お腹の赤ちゃんの性別が知りたければ、加護がある大神の祠へ入ればいいのか。それ以前に大神の祠を妊娠判定薬にする罰当たりが出そう。 (2018-11-07 23:57:26)
            • 神には胎児の男女すら判別つくのに、ロゼ魔とフェルの見分けがつかなかったエアヴェルミーン様てば耄碌し過ぎだろう…… (2018-11-08 00:18:23)
          • 祠の存在が発覚したのが領主会議中。午前中にロゼマが説明→即行確認(第547話)→当日の午後に青い顔をしたエグランが相談伺い(第548話)→二日後にロゼマに強要(第549話)の流れ。  妊娠発覚などという超機密事項をロゼマに言う筈がないし、ばれないよう虚偽混じりの説明をして当然なので、「領主会議の最中にエグランティーヌの妊娠が発覚(第586話)」は、一番最初の祠参りの時だったとしても不思議ではないかと。 ……神々は結構個性豊かそうな上、判断基準が異なっていて気遣い不足な箇所も多々あるから、妊娠に気づいて祝福返しをする気の利いた神様に当たるまでに時間がかかったというオチもありうるけど(おい) (2018-11-08 00:36:45)
            • 少なくとも初回は刻まれた文字が読めるサイズまで魔石を成長させることができていたので、この時は妊娠していなかったはず。恐らくロゼ魔への相談時にすねた夫の機嫌を取るため濃厚にヤッちゃったのが大当たりだったのでは。 (2018-11-08 23:06:48)
            • エグランティーヌが妊娠を自覚したのはロゼマが行方不明になった後の祠巡りの時ですよ。 (2019-02-20 02:00:33)
          • 552話、557話から、王族が祠巡りを開始したのは、領主会議で実施した奉納式(=領主会議の最終日(第556話))で十分な魔力を得た後で、実際に実施したのは、トラオクヴァールとジギスヴァルトの二人のみ――というように読める。  また586話には、エグランティーヌは、14年春の領主会議中に妊娠が発覚し、祠巡りを免除され、出産後のロゼマ失踪中に、ロゼマが15年春の領主会議になっても失踪から戻らなければ、祠巡りを命じると王に事前宣告された……という描写がある。 なので、エグランティーヌは、トラオクヴァールの命令による祠巡りはしていないと考えた方が良い気がする。 (2018-11-08 07:15:24)
            • グル典を熱望するトラオが全属性で最もグル典に近いエグに祠巡りを命じないはずはなく、ツェントになりたくないエグがしぶしぶ祠へ二度目に入った時妊娠が発覚したので、それ以後の祠巡りを免除されたと考えた方がしっくり来ます。無事に赤ちゃんが生まれたので、授乳期間を終えたら再び祠巡りを始めるよう宣告されたと。妊娠・授乳期間の遅れがあってもなおエグの方がグル典に近いとは、トラオもジギスも真面目に小祠巡ってなかったな? (2018-11-08 23:19:28)
              • アナが火の祠に入れなかったからこの二人も多分火の加護がなく、12の眷属神の小祠の内いくつか既に壊れてなかったのかも。なければ改めて作る所からだが、礎の場所に行けないから祠を作るためのエントヴィッケルンすらできないと。必要な小祠がなければ眷属神の記号を刻んだ指輪なりで祈りを捧げなければならないけど、魔石が得られないその方法は物凄く時間がかかりそう。 (2018-11-08 23:31:13)
                • 小祠は眷属神に祈りを捧げやすくするため個人が作ったとあるから、礎に関わる魔術たるエントヴィッケルンで作られたものではないのでは?いや、各領地の寮をアウブや領主候補生が作ったのなら、ツェント候補は貴族院でツェントから許可をもらって小規模なエントヴィッケルンはできるのか。(フェルがジルの許可で小神殿を作ったように。)でもこの「許可」を出すのにグル典が必要だと、結局建造物の類は誰も作れないことになるな。 (2018-11-08 23:48:23)
              • 様々な魔術具が魔力切れ寸前で、王族全員で魔力を注いで何とか維持している状態なので、祠巡りに魔力を使えない ⇒ ロゼマが魔術具に注ぐ魔力を(奉納式を使って)準備するから、そこで浮いた魔力を使って祠巡りをする ――という流れだからね。 貴重な魔力供給源であるエグランに、魔力が確保できていない奉納式前【=領主会議終了前】に祠巡りは命じないと思うよ。 タイミング的にナーエラッヒェは授乳期間で魔力供給のフル対応が厳しいし、アドルフィーネは結婚直後で慣れ等の問題でフル対応できるか怪しい。全属性のエグランは当時もっとも魔力供給に貢献していて、絶対外せない存在だった可能性が高い。 更に、【領主会議中に】妊娠発覚で、祠巡り免除だから、領主会議後(奉納式後)は実施していない。 ……なので、王命祠巡りはしないで終わったというのが一番自然かと思う。 (2018-11-09 07:51:01)
                • 当時は魔力切れ寸前の魔術具に、ユルゲンの礎の魔術具が含まれていると勘違いしていたから、余計に。<魔力切れ=ユルゲン崩壊と思っていて、数日だか数週間だか待てば、大量の魔力を得て、魔力切れのリスク無く祠巡りできるようになると分かってるのだから、フライングはしないしさせないと思う。 (2018-11-09 07:57:04)
  • 綺麗で優しくて良い人~!って思ってたら嫁いでから段々なんだか嫌な感じになってきて戸惑った。元は実物よりかは義務感が強くて性格のいいマリーアントワネットなイメージになっちゃった。婚家に疑問や不満を持っちゃいけないと、役にたたなきゃいけないと思ってたんだろうなぁ。実は婚家の柱は薬物中毒で鬱で正常な判断もできないし外国に国民を売ってでももう全てから逃げたい病みきった状態ってことも知らずに。フェルが、国境門に挟まれたおじさんの回収に行かせたのは大正解だったと思う。目の前で惨劇を見て自分も当事者になってはじめて、ロゼマや周りの人達に押し付けてきていたことを少しは身をもって知れたんじゃないかな。ヴィルと同じで、知ることで、覚悟を持つこと、今後行動することで素敵な人にもなりうると思う。良い人、悪い人で割り切れないこのキャラ達の深みとか、ほんとリアルだと思う。ぜんぜん深くない人もいるけどそれもまたリアル(笑) (2018-12-21 09:59:57)
    • 別に婚家がどうこうじゃなくて、中小領地よりは大領地、大領地よりは中央・ユルゲンシュミット全体の事情が優先、と言う大領地や王族の常識通りに行動しているだけじゃないかな。エーレンから見たら多大な貢献をしているのに、一切鑑みないで中央の都合をゴリ押ししているだけだし、そもそも本来的には自分達がやらなければならないことなのに、出来ないならそんな能なしな王族は不要って話にしかならないけれど。 (2018-12-21 21:32:55)
      • 大領地出身ゆえの常識に沿った形での驕りというのが根本にあるのは間違いないと思うな。けど、電飾奉納舞見て王家に欲しい人材だとて友人に婚約解消させてまで嫁入りさせることを検討するほどの驕った行為、結婚前であればしただろうかというのは気になるところ。仮にロゼマ入学時点でエグ&アナが最終学年でなくて婚約問題に結論を出すまで原作よりも時間的余裕があった場合に、エグがなんとかロゼマを当て馬として活用しようとしたかどうかをちょっと思考実験してみたけど、明確な結論へは辿り着けなかったよ (2018-12-22 02:40:20)
        • それは考えるだけ無駄。結婚前のエグはグル典関連のことに関与してないし、そもそも政変前は中央、政変後は大領地と、魔力に困窮している状況に直面した経験がないだろうから、中央がどんな状況なのかを把握するのは結婚後だろうし。 (2018-12-22 02:59:25)
          • ん? どっちの立場の意見? 結婚するまで問題が把握できず、それ故に結婚後に色々変わったというのであれば、婚家が影響しているってことになるよね? (考えるだけ無駄云々という指摘自体については、実際作中にエビデンスが欠けているので同意) (2018-12-22 03:10:59)
            • 婚家に従順であらねばならぬみたいなことを言ってたから、それは違うんじゃないかって言っただけで、影響がなかったって言ってるわけじゃないよ。状況によって見えてくるものが変わっただけで、考え方は元々の大領地の思考なんじゃないかって話。 (2018-12-22 04:34:39)
              • なるほど。斜め読みしてたので「婚家に疑問や不満を持っちゃいけない」の部分は正直読み飛ばしてた (2018-12-22 06:05:05)
        • ああ、すみません、「婚家に疑問や不満を」ってのは私の勝手な推察です。義務感や責任感が強くて慈愛の心を持っている人だと勝手に思っているので。ただ、その範囲があまりに極少で、世間知らずで、知らないがゆえの横暴、残酷さを持つ人だと感じてます。差別意識も驕りもあり、良くも悪くもお姫様な人だったのかと。一方で流血を避けて(実は王族の命しか見えていなかったけど)神殿に入ろうとしてたり、最後に神殿長になったり、本人なりの覚悟は相当なものだと思います。ロゼマがエーレンの神殿を清めただけで、神殿って高級売春宿でもあるのだから。差別意識の強いお姫様にしては侮蔑の対象である場に飛び込もうとするなんて、生半可な覚悟ではなかったはず。初期にロゼマを庇ったり、心の通じそうな余地はある人だと思う。まだまだ人間的には成長途中で、聖女にも最悪の悪玉にも、またどっちつかずの中途半端な人にもなりうる人だと勝手に思っています。あと、話は逸れますが王とフェルの約束って、もしかしたらフェルが嫌な婚約をしてアーレンヘ行く代わりに、ロゼマを中央神殿へは行かせずにエーレンに留めるってことだったのでは?と推察してます。中央神殿になんかやられたら、薬も使われてあっという間にアダルジーザの姫のような扱いをされそう。イマヌエルあたりはそれを望んでそう。まだロゼマが小さくて、恋愛感情とは違っても、フェルにとっては保護欲と愛情の塊だったんじゃないかなと思ってます。どうかな?少しはいい線いってるかな? (2018-12-22 10:55:58)
          • コメ欄はまとめの内容を充実させるために設けられていて、感想文や膨らんだ妄想を書く場所でもありません。この話はこれ以上続けても実りがなさそうだから終わりにしましょう。 (2018-12-22 17:45:33)
            • 感想や推論は書いちゃいけなかったんですね!すみませんでした。 (2018-12-23 10:08:53)
              • 推論は構いませんが、現状推論を立てるだけの情報が足りていなくて、想像の域を超えていないと思います。感想も多少であれば許容範囲でしょうけど、それで話が盛り上がってしまうのは問題かと。 (2018-12-23 16:07:51)
  • なんやかんやであの王族の中では一番王としては妥当とは思う。こういっちゃなんだが今後の王選びに変革が起きた以上入り嫁が選ばれる方が良いよ。旧王族は問題起きすぎた (2019-01-13 02:18:44)
  • 一生懸命各所に個人的見解or感想を書いている人がいるけど、ここってそういう場所でしたっけ。事実の補完が目的と思っていました。 (2019-01-13 08:23:08)
    • 内容の拡充のためだけど、勘違いしてる人が多いんだよね。何度言っても雑談を始める人が後を絶たない。質問が書かれている場合も、回答すれば追記や間違いの訂正をしてくれるのかと思えば、そこから雑談が始まるだけだったりするし。 (2019-01-14 00:38:04)
  • 「本人やアナスタージウスとしては、一連の言動は友達付き合いに支障が無い行為と思っていた模様」て記載されてますが、アナスタージウスは自覚あったと思いますよ。彼は愛する妻の為にローゼマインを切り捨てる選択をしただけです。それはそれまでの彼の矜持と別に齟齬は無いと思います。 (2019-02-20 01:49:47)
    • エーレンフェストを蔑ろにしてローゼマインを脅迫し、自身おぞましいと思う場所に地雷さんの住居を定められおそらく監禁準備していたのを看過した上で臆面なく「友達としてエグランティーヌの助けになれ」と言ってましたが。自覚あったなら正直すごい神経してるし、「大切な人を脅迫するのが王族の交渉術でしょ」と返されてぐうの音も出なかったから自覚なしなのではないかと。 (2019-02-21 08:34:09)
      • そもそも友人なのはロゼマとエグだけで王子は違うので、アナ王子は自分の行動で隔意を抱かれても、ロゼマとエグの友人関係への影響はない(反感は全部自分に向く)と思ってた可能性はあるかも。一緒にやらかしてるんだから、そんなわけないのにね。 (2019-02-22 18:18:33)
  • 現在のフルネームはエグランティーヌ・ツェント・ユルゲンシュミットになるのかな?それとも以下トータ・アドティ・クラッセンブルクと続いて長くなるのだろうか? (2019-03-04 20:18:24)
  • みんな”妊娠発覚”って言ってるから、本当に望まれない妊娠だったんだよね (2019-03-17 01:42:30)
    • 妊娠そのものが望まれてなかったというよりは色んな意味で「最悪のタイミング」だった (2019-03-17 07:37:14)
  • 隠していた悪事・陰謀などが明るみに出ること] (2019-03-17 23:17:19)
    • 失敬。つまり計画妊娠だったのかなと。「アウブ・クラッセンブルクから自分を引き立ててくれる者への心配りを忘れてはならないと教えられて育ちました」って言ってるし、タイミング的に「アドルフィーネより先に子供を得る事」ってクラッセンブルクからの要求が結婚条件にあってもおかしくない。ナーエラッヒェが妊娠中で魔力不足なのに妊娠するリスクを冒す意味がない。 (2019-03-17 23:38:31)
  • 「卒業式の入場の際、神からと思われる祝福を浴びる(ただし実際はローゼマインによる偶発的なもの)」的な表現を追加しませんか? (2019-06-20 09:09:00)