レスティラウト

初出:第307話

家族構成

父:アウブ・ダンケルフェルガー
母:アウブ・ダンケルフェルガーの第一夫人
 妹:ハンネローレ
 異母弟:ラオフェレーグ 第二夫人の子 *1
 異母妹:ルングターゼ  第二夫人の子 *2
第一夫人:アインリーベ


父方の親戚
祖父:ダンケルフェルガー領主一族として健在 *3
祖母:ダンケルフェルガー領主一族として健在 *4
伯父:ダンケルフェルガー領主一族として在籍 *5
 従弟:ケントリプス
 従弟:ラザンタルク
叔父:少なくとも一人ダンケルフェルガー領主一族として在籍 *6
叔母:マグダレーナ
 従弟:ヒルデブラント

容姿

髪の色:銀
000000000
瞳の色:赤
000000000

地位

階級:領主一族
職種:領主候補生

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+3 *7
  • 洗礼時の属性(適性):闇は持っていない *8
  • 3年生時に得られた加護:適性の大神に加えて、武勇 *9

作中での活躍

銀髪に赤い瞳。
意外とシスコン。本人は自覚なし。ダンケルフェルガーには珍しくディッターには意欲的ではない。
頼りない妹なので、自分が面倒を見てやらねば、と思っているがその妹からは兄が問題を起こした際は絶対に自分も叱られてしまい自分の話を聞こうとしないといったように実際は迷惑をかけているようで頼りにはされていない。
何に関しても難癖を付ける癖があるとされ、エーレンフェストが下位であるためか、エーレンフェスト特にローゼマインには面と向かって悪態をついたり、自身が率先して奪おうとしたシュバルツとヴァイスを巡るディッターにローゼマインが参加表明したことから自身もルーフェンに参加を強制された挙句敗北したことによる逆恨みなどもあって公然と嫌っている。
芸術の才能があり、昔から絵を描いたり、ちょっとした細工を作ったりするの好き。
気に入った物は一度自分で作ってみようとする性格。
ダンケルフェルガーの上級文官見習いをエスコート予定。
ローゼマインを偽物聖女として嫌っていたが、歴史本にはまりデザインを褒められ母に何度もローゼマインの価値について説明されたことでようやく態度を軟化させ、奉納舞を見て絵に描き残したいほど心奪われ共同研究にてその能力を目の当たりにしたことでのちに求婚する。
嫁取りディッターの不始末により、母によって電飾奉納舞含む力作の絵の数々をエーレンフェストに送られることが決定する。 *10
6年生の表彰式で領主候補生最優秀に。 *11
14年春の領主会議での星結びの儀式を見て、その美しさに絵を描かずにはいられなくなった。 *12
15年春 アーレンスバッハの礎ディッター(仮題:エーレンフェストとアーレンスバッハの礎取りディッター)に赴くため国境門の転移陣で移動してきたローゼマインの成長した姿に息を呑んで驚愕に満ちた視線を向ける。 *13
グルトリスハイトを持ったローゼマインに気安い態度を取らないように心掛けたら慇懃が過ぎてしまい「いつものようにお話ししてくださいませ。距離を取られたようで少し寂しいです」と言われる。 *14
ディッターの恥を雪ぐべくダンケルフェルガーの指揮官の一人として参加するハンネローレを心配し、こっそり「今回の勝算はあるのであろうな?」と尋ねた。
貴族院防衛戦では次期アウブとして自領の礎の防衛に専念していたが、継承の儀式についてアウブ夫妻から「エグランティーヌとローゼマインの奉納舞がある」と知ってアッサリと叔父に留守を頼む。目の色を変えて参列する事に執着した為、から筆記具を講堂へ持ち込まないという約束を取り付けられ、当日の朝には何度も持ち物検査された *15

画伯エピソード 結末
12年冬 髪飾りの注文の絵を描く 納品された髪飾りに満足する。
職人の技術力を褒める(=欲しがった)が
ローゼマインの専属だった為お断りされる *16
13年冬 ローゼマインの奉納舞を見たあと自分の紙どころか
の紙まで使って描ききってしまう
手持ちの羊皮紙が無かったため嫁取りディッターの契約書を
エーレンフェスト紙で交わした事をに詰問される。
罰として、描いた絵を全て取り上げられてしまった。 *17
ダンケルフェルガーの歴史書 翻訳本の挿し絵を気に入る
挿し絵画家を褒め、ローゼマインの絵の有無を尋ねる *18
ディッター物語の挿し絵を描く為
ものすごい勢いで残りの講義を終わらせる
14年春 領主会議にて本物の星結びの儀式を目の当たりにし
絵起こしに没頭する
15年春 継承の儀式に参列する為「筆記具を講堂へ持ち込まない」という
約束をし、持ち物検査を受ける *19
儀式終了後はいち早く寮に戻り自室に篭る *20

経歴

07年冬 貴族院入学
11年冬 ローゼマインにディッターで負ける
12年冬 ローゼマインの現代語訳ダンケルフェルガー歴史書に興味を持つ
13年冬 ローゼマインに求婚を断られる。六年生の領主候補生の最優秀者として表彰され貴族院を卒業する
14年春 領主会議にて本物の星結びの儀式を目の当たりにする
15年春 貴族院防衛戦では王族から要請があればアウブが行くことが決まったので、次期アウブとして自領の礎を守るために残る
    継承の儀式に参列する。領主会議の星結びにてアインリーベと結婚する


作者コメント

2015年 11月03日 活動報告
レスティラウトもダンケルフェルガーの領主候補生ですからね。芸術肌でルーフェン辺りからはダンケルフェルガーらしくないように思えても、他領から見れば立派なディッター好きです。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。